美鳥の日々 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 井上和郎

テレビアニメ放送期間 2004年4月3日~2004年6月26日

テレビアニメ放送時間 土曜日 24時30分~25時00分 など

放送局 独立UHF局

話数 全13話

美鳥の日々(3)【電子書籍】[ 井上和郎 ]

美鳥の日々(3)【電子書籍】[ 井上和郎 ]
454 円 (税込) 送料込
<p>▼第22話/悩殺のアタック▼第23話/男の道▼第24話/肉体の神秘▼第25話/追う女▼第26話/僕を男に!▼第27話/沢村の好み▼第28話/今夜はボンバイエ▼第29話/愛の教育実習▼第30話/2人の追試▼第31話/魂の意志▼第32話/本当の幸せ▼不連続妄想オマケまんが「美鳥の日々」以..

美鳥の日々(8)【電子書籍】[ 井上和郎 ]

美鳥の日々(8)【電子書籍】[ 井上和郎 ]
454 円 (税込) 送料込
<p>▼第75話/正正堂堂▼第76話/夢の第一歩▼第77話/天才少女▼第78話/最後の手段▼第79話/最高の女の子▼第80話/あいまいな態度▼第81話/告白▼第82話/本心▼第83話/もう一度▼第84話/日記▼最終話/新しい日々●主な登場人物/沢村正治(通称・セイジ。桜田門高校の2年生。..

美鳥の日々(2)【電子書籍】[ 井上和郎 ]

美鳥の日々(2)【電子書籍】[ 井上和郎 ]
454 円 (税込) 送料込
<p>▼第11話/さよなら美鳥(前編)▼第12話/さよなら美鳥(後編)▼第13話/オトリ作戦▼第14話/知らない一面▼第15話/ポマード小僧▼第16話/妻の役目▼第17話/情熱の視線▼第18話/悪夢ふたたび▼第19話/本当の母親▼第20話/王様のキス▼第21話/伝わらぬ想い●主な登場人物..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

井上和郎による日本のラブコメ漫画作品、及びこれを原作とするテレビアニメ。

小学館の少年漫画雑誌『週刊少年サンデー』で2002年42号(9月25日発売)から2004年34号(7月21日発売)までの間、連載されたラブコメ漫画。

正治が美鳥との暮らしの中で遭遇する出来事をコメディ調で描くというのが基本的な筋である。

また、美鳥と正治の関係についても、コメディのためか遅々としたものではあるものの次第に深まっていくように描かれている。

通常のラブコメではメインヒロインが他のサブヒロイン達と主人公を巡って対立する役割を与えられるが、メインヒロインの美鳥が正治の右手という他人には隠しとおすべき存在であるため、表立って貴子やルーシィとの主人公争奪戦に参加させることができないため、ラブコメであるにも関わらず三角関係等が発生せず、サブヒロインの貴子やルーシィらは専ら空回りの目立つドタバタ要員として描かれることとなった。

アニメ版は、小学館及び『週刊少年サンデー』初の新作UHFアニメであり、1クール(3か月間)番組として製作されたため、短い枠に合わせて原作から適宜エピソードを拾って物語を構成するというコラージュのような作品となっていることが特徴である。

ただし、拾った各々のエピソードは台詞回しに至るまでかなり忠実に再現されており、原作の色を反映させるという点ではかなり忠実なものとなっている。

また、それぞれの回は特定のキャラクターを中心にするべくエピソードがかき集められて構成されることが多くなっており、このためドタバタコメディ色が原作と比べて一層強くなっている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

喧嘩に明け暮れる荒んだ日々を送る高校生の沢村正治は、その強さと凶暴さから「悪魔の右手」を持つ「狂犬」とあだ名され、周りから恐れられていた。

彼自身は彼女がいるバラ色の高校生活を送ることを夢見ているのだが、その悪評ゆえに女性は皆恐れをなして逃げてしまうため、まともに女性と話すこともできず悶々とした日々を送っていた。

そんなある日正治の右手が突然女の子に変わってしまう。

その彼女は春日野美鳥という正治に片思いをしていた女の子だった。

内気な彼女は正治と付き合いたいという思いを長い間遂げられないまま過ごしており、そんな自分から逃げるように魂だけ正治の右手に乗り移ってきたのである。

右手の美鳥は、正治への想いを隠すことなく表現するといった、本当の自分とは正反対の明るく積極的な女の子だった。

また、この美鳥に最初こそ困惑していた正治も、彼女との生活に安らぎを感じるようになり、次第に彼女を必要不可欠な存在として捉えることになる。

その一方で、正治達は「右手が恋人」という状態で学園生活を送ることになり、そのため色々なトラブルを引き起こしたり巻き込まれたりしてしまう。

また、正治は喧嘩早いものの男気のある性格であるため、他の女性達からも次第に好かれるようになっていくが、これも美鳥を含む彼女達と正治とのトラブルの元になっていく。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

春日野 美鳥  声 – 中原麻衣

沢村 正治  声 – 谷山紀章、幼年期:斎藤千和

綾瀬 貴子  声 – 高木礼子

真行寺 耕太  声 – 釘宮理恵

高見沢 修一  声 – 上田祐司

沢村 凛  声 – 湯屋敦子、幼年期:高橋美佳子

月島 栞  声 – 田村ゆかり

宮原 オサム  声 – 野島裕史

春日野 遥  声 – 大原さやか

執事  声 – 土屋利秀

塚本 牧絵  声 – 大本眞基子

岩崎 紅子  声 – 桑谷夏子

滝口 由真  声 – 小林沙苗

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 センチメンタル
【作詞】 rino
【作曲】 rino
【編曲】 鈴木雅也
【歌】 CooRie

【エンディング】

【曲名】 もう少し…もう少し…
【作詞】 アツミサオリ
【作曲】 アツミサオリ
【編曲】 アツミサオリ
【歌】 アツミサオリ

【挿入歌(第7話)】

【曲名】 小さな手紙
【作詞】 rino
【作曲】 rino
【編曲】 大久保薫
【歌】 CooRie

【挿入歌(第8話)】

【曲名】 一雫
【作詞】 rino
【作曲】 rino
【編曲】 大久保薫
【歌】 中原麻衣

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

美鳥の日々 無料動画で楽しみましょう♪

美鳥の日々(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【美鳥の日々(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!