リングにかけろ 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 車田正美

第一作 2004年10月6日~2004年12月13日

日米決戦編 2006年4月6日~2006年6月22日

影道編 2010年4月2日~2010年6月17日

世界大会編 2011年4月10日~2011年6月12日

テレビアニメ放送時間 水曜日 26時42分~27時12分 など

放送局 テレビ朝日系列 など

第一作 全12話

日米決戦編 全12話

影道編  全6話

世界大会編  全6話

[csshop service=”rakuten” keyword=”リングにかけろ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

車田正美による日本の漫画作品。

開始当初は貧しい家庭に育った気弱な少年の高嶺竜児が、プロボクサーだった亡父の遺志を継いで世界チャンピオンを目指すべく、姉の菊の教えを受けて成長していくスポ根漫画で、試合の内容も現実的なものだったが、途中から路線を変更。

実際のボクシングとはかけ離れた技を持ったボクサー同士が超人的な戦いを繰り広げる内容へと変貌した。

連載終了から20年以上経った2004年に『リングにかけろ1』として放送された。

冒頭においては原作最終巻で繰り広げられた竜児VS剣崎の世界タイトルマッチの一部と、その決着を教会で待つウェディングドレス姿の菊の姿を描き、実質的なストーリーは序盤にさかのぼり都大会の決勝戦からとなる。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

元世界ランカーの父の遺志を継ぎ、主人公の少年・高嶺竜児は、女性ながら天才的なボクシングセンスを持つ姉・菊の猛特訓を受けてボクサーとしての道を突き進んでいく。

資産家の息子にて不世出の天才ボクサー・剣崎順。

ピアニストとしての顔も持ち、女性のような容貌を持った華麗なテクニシャン河井武士。

神技的ディフェンスと、瞬間に3発のブローを繰り出すローリングサンダーを体得した関西チャンピオンの志那虎一城。

千葉のケンカ番長の異名を持ち、菊に惚れている香取石松。

竜児は、強力なライバルたちとの死闘を繰り広げ、ボクサーとして成長していく。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

高嶺 竜児  声 – 森田成一

高嶺 菊  声 – 田中理恵

剣崎 順  声 – 置鮎龍太郎

香取 石松  声 – 草尾毅

志那虎 一城  声 – 石川英郎

河井 武士  声 – 神谷浩史

ブラック・シャフト  声 – 子安武人

影道 殉  声 – 櫻井孝宏

ドン・ジュリアーノ  声 – 黒田崇矢

ナポレオン・バロア  声 – 森川智之

スコルピオン  声 – 緑川光

アポロン  声 – 三木眞一郎

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 明日への闘志
【作詞】 松尾康治
【作曲】 Kacky
【編曲】 Kacky
【歌】 Marina del ray

【エンディング(第一作)】

【曲名】 TAKE MY SOUL FOREVER
【作詞】 YOFFY
【作曲】 YOFFY
【編曲】 YOFFY、KOISHI
【歌】 サイキックラバー

【エンディング(日米決戦編)】

【曲名】 Shining like gold ~思い出の欠片(かけら)~
【作詞】 車田正美、松尾康治
【作曲】 Kacly
【編曲】 大石憲一郎
【歌】 Marina del ray

【エンディング(影道編)】

【曲名】 明日への飛翔~flap your wings~
【作詞】 車田正美
【作曲】 Kacky
【編曲】 大石憲一郎
【歌】 Marina del ray

【エンディング(世界大会編)】

【曲名】 虹の彼方
【作詞】 車田正美、松尾康治
【作曲】 Kacly
【編曲】 大石憲一郎
【歌】 Marina del ray

リングにかけろ 無料動画で楽しみましょう♪

リングにかけろ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【リングにかけろ(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!