GUNSLINGER GIRL 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

Warning: rmdir(/tmp/tubepress-system-cache-610cca8f59b30fc70e7b79ff2f4c5aa5/tubepress-5.1.5/api-calls): Directory not empty in /home/jimajiro/animejima.xyz/public_html/wp-content/plugins/tubepress/vendor/tedivm/stash/src/Stash/Utilities.php on line 170

原作 相田裕

テレビアニメ放送期間 2003年10月8日~2004年2月18日

テレビアニメ放送時間 水曜日 27時48分~28時18分

放送局 フジテレビ系列

話数 全13話

[csshop service=”rakuten” keyword=”GUNSLINGER GIRL” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

アスキー・メディアワークスの雑誌『月刊コミック電撃大王』に連載された、相田裕の漫画。

イタリアを舞台に、「身体を改造した少女の殺し屋」を運用する対テロ機関「社会福祉公社」と、犯罪やテロによってイタリアを恐怖に陥れるテロリスト集団「五共和国派」との戦いを軸にしたガンアクション漫画。

その舞台に合わせて、劇中にはヨーロッパ製の銃(SIG、ファブリックナショナルなど)や車両が多数登場する。

ヨーロッパ某国の公益法人「社会福祉公社」で“国のための仕事”という名目の下に集められ、肉体改造を施された少女たちが暗殺などの仕事に従事する様を描く。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」 

物語の舞台は架空の現代イタリアを中心としたヨーロッパ。

イタリアは国内に地域間対立や思想対立を抱え、テロや暗殺などの暴力が絶えなかった。

イタリア政府・首相府は、表向きには障害者への様々な支援を行う組織として公益法人「社会福祉公社」を設立する。

しかしその実態は、身体に障害を持った少女たちを集め、身体の改造と洗脳を行い、反政府組織に対する暗殺をはじめとした超法規的活動を行わせる闇の面を持った組織だった。

少女たちは、「義体」と呼ばれる人工の肉体と引き換えに、時に危険すら顧みられることなく銃を手に戦う運命を背負わされた。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

ヘンリエッタ  声 – 南里侑香

リコ  声 – 三橋加奈子

トリエラ  声 – 仙台エリ

クラエス  声 – 小清水亜美

アンジェリカ  声 – 寺門仁美

エルザ・デ・シーカ  声 – 能登麻美子

ジョゼッフォ・クローチェ  声 – 木内秀信

ジャン・クローチェ  声 – 宮本充

ヴィクトル・ヒルシャー  声 – 江原正士

マルコー・トーニ  声 – 井上倫宏

クラウディオ・ラバロ  声 – 堀内賢雄

クリスティアーノ・サヴォナローラ  声 – 龍田直樹

フランカ  声 – 横山智佐

フランコ  声 – 園岡新太郎

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 THE LIGHT BEFORE WE LAND
【作曲】 デルガドス

【エンディング】

【曲名】 DOPO IL SOGNO 夢のあとに
【作詞】 うえのけいこ
【作曲】 佐橋俊彦
【編曲】 佐橋俊彦、三村奈々恵
【歌】 op.(オーパス)

【挿入歌(第7話)】

【曲名】 Woke From Dreaming
【作曲】 デルガドス

GUNSLINGER GIRL 無料動画で楽しみましょう♪

GUNSLINGER GIRL(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【GUNSLINGER GIRL(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!