HELLSING 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 平野耕太

テレビアニメ放送期間 2001年10月11日~2002年1月17日

テレビアニメ放送時間 水曜日 26時30分~27時00分

放送局 フジテレビ系列

話数 全13話

[csshop service=”rakuten” keyword=”HELLSING” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

平野耕太による日本の漫画作品。

少年画報社の『ヤングキングアワーズ』誌に27号から2008年11月号まで連載されていた。

主に20世紀末のイギリスを舞台とし、大英帝国の王立国教騎士団、通称「ヘルシング機関」と、これに所属するインテグラ、アーカード、セラスの3人を主軸に展開する吸血鬼と吸血鬼ハンターとの戦いを描いたバトルアクション漫画である。

「平野節」と呼ばれる作者独特の過激な台詞回しが大きな特徴。

また、1944年のワルシャワを描いた外伝『THE DAWN』がある。

題名の「ヘルシング」はブラム・ストーカーの恐怖小説『吸血鬼ドラキュラ』の登場人物ヴァン・ヘルシング教授に由来し、ヘルシング教授の子孫が主人公の1人インテグラとされる。ただし、ヘルシング教授の名前の綴りは“Helsing”である。

作者本人の過去の作品からの登場人物の流用が多く、また、ナチスの残党やイスカリオテ機関などの設定の原型も同様に見られる。

2001年にゴンゾ・ディジメーションによってテレビアニメ化され、その後は2005年にサテライトによってOVA化される。

原作に対してかなりの改変が見られ、特に後半はほとんどオリジナルのストーリーに差し替えられている。

設定においても、日本国外に輸出・配給されることへの配慮から、ナチスなどの描写が排除されたため、例えば少佐率いる組織(ミレニアム)が出ることなく終わる。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

20世紀末、英国では不可解な吸血鬼事件が頻発し、王立国教騎士団・通称「ヘルシング機関」がその対処にあたっていたが、ヘルシング本部が強襲されるなど多大な被害を受ける。

一方、犬猿の仲であるヴァチカン及びその直属「イスカリオテ機関」と紆余曲折を経て協力関係を持ち、事件の黒幕が南米に逃れたナチス残党による組織「ミレニアム」だと知る。

ブラジルでの戦闘を経て、「ミレニアム」の正体が先の大戦末期にヘルシング機関が潰した「少佐」と呼ばれる男の部隊であると分かる。

少佐は英国王室の会議で宣戦布告を行い、その場にいながら少佐から無視されたイスカリオテ機関は、英国とミレニアムを共に潰そうと画策する。

そして、ミレニアムは1,000人の吸血鬼部隊を率いて再び英国本土を強襲、これに乗じたヴァチカン教皇庁の第九次空中機動十字軍3,000人も加わり、ヘルシング機関を合わせた三つ巴の大戦争が始まる。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

アーカード  声 – 中田譲治

インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング  声 – 榊原良子(幼少時:水橋かおり)

セラス・ヴィクトリア  声 – 折笠富美子

ウォルター・C(クム)・ドルネーズ  声 – 清川元夢(青年時:浪川大輔・少年時:ぱく ろみ)

ピップ・ベルナドット  声 – 平田広明(少年時代:五十嵐裕美)

アーサー・ヘルシング  声 – 大塚周夫(青年時:浪川大輔)

ヒュー・アイランズ卿  声 – 水野龍司

シェルビー・M・ペンウッド卿  声 – 北川勝博

ロブ・ウォルシュ中将  声 – 大友龍三郎

エンリコ・マクスウェル  声 – 田中秀幸

アレクサンド・アンデルセン  声 – 野沢那智

ヴァレンタイン兄弟  声 – 兄:子安武人 / 弟:中井和哉

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 ロゴスなきワールド
【作詞】 石井妥師
【作曲】 石井妥師
【編曲】 石井妥師
【歌】 石井妥師

【エンディング】

【曲名】 Shine
【作詞】 Richie Kotzen / RICHIE ZITO
【作曲】 Richie Kotzen
【歌】 Mr.Big

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

HELLSING 無料動画で楽しみましょう♪

HELLSING(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【HELLSING(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!