原作 ほったゆみ

テレビアニメ放送期間 2001年10月10日~2003年3月26日

テレビアニメ放送時間 水曜日 19時27分~19時55分

放送局 テレビ東京系列

話数 全75話+スペシャル+特別編

TVアニメーション「ヒカルの碁」コンピレーションアルバム ヒカルの碁 主題歌全集 ベスト オブ ヒカルの碁 [ (オムニバス) ]

TVアニメーション「ヒカルの碁」コンピレーションアルバム ヒカルの碁 主題歌全集 ベスト オブ ヒカルの碁 [ (オムニバス) ]
2,845 円 (税込) 送料込
評価 4.33
(オムニバス)BKSCPN_【ベスト盤旧作】 テレビアニメーションヒカルノゴコンピレーションアルバムヒカルノゴシュダイカゼンシュウベストオブヒカルノゴ 発売日:2003年03月05日 予約締切日:2003年02月26日 JAN:4988064145980 AVCAー14598 エイベックス・ピクチャーズ(株) ..

【中古】 【コミックセット】ヒカルの碁(全23巻)セット/小畑健 【中古】afb

【中古】 【コミックセット】ヒカルの碁(全23巻)セット/小畑健 【中古】afb
2,944 円 (税込)
評価 4
小畑健販売会社/発売会社:集英社TVアニメ化された人気作で「碁漫画」開拓した異色作。主人公ヒカルは、ごく普通の小学校6年生。祖父の家の蔵にあった古い碁盤を見つけたヒカルは、その碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為(ふじわらのさい)の霊に取り憑かれる。..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による囲碁を題材にした日本の少年漫画。

日本棋院所属の女流棋士・梅沢由香里が監修を務めた。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、1999年2・3合併号から2003年33号にかけて連載された。

平凡な小学生の少年が天才囲碁棋士の霊に取り憑かれたことで囲碁の世界に巻き込まれ、「神の一手」を目指す姿を描く作品。

以前までは年配の愛好家が主だった囲碁を小学生・中学生を中心に浸透させ、囲碁ブームを引き起こした。

テレビ東京系列にて2001年10月10日から2003年3月26日まで全75話が放送された。

原作コミックスの1巻から17巻および18巻の番外編の一部を基に、原作をほぼ忠実に再現している。

本編の後に「梅沢由香里の『GOGO囲碁』」という実写(VTR収録)のミニコーナーが用意されている。

原作の監修を担当する梅沢由香里が2人の少年少女(子役)に囲碁の簡単なルールを解説して実践させるハウツーもので、EDと次回予告の間に放送された。

ビデオソフトでは放送通り収録されているが、再放送では割愛されている場合がある。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

主人公・進藤ヒカルは、運動好きで頭を使うことが嫌いなごく普通の小学校6年生。

たまたまに祖父の家の倉を物色していた際、古い碁盤に血痕を見つけたヒカルは、その碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為の霊に取り憑かれる。

囲碁のルールも、佐為がかつて憑いていた棋聖・本因坊秀策の強さも知らないヒカルは、「神の一手を極める」という彼の壮大な目標に付き合わされ、彼にせがまれるままに碁を打つことになる。

以降、佐為はヒカル以外には姿も見えず会話もできず、物を動かすことすら出来ない存在であることを前提に物語は進む。

囲碁が打ちたいという佐為の要望に応えるためにめぐっていたとある碁会所で同年代の少年塔矢アキラと出会う。

アキラは現在の囲碁界のトップ中のトップである塔矢行洋の一人息子であり、すでにプロ級の腕前を持ち将来の名人と目される少年であった。

そんな相手とは露知らず、佐為の指示通りに石を打って対局した結果ヒカルはアキラに勝利する。

同年代に自分と伍する相手がいるとは思っていなかったアキラはこの敗戦を切っ掛けにヒカルを自分の倒すべき高い目標として追いかけることになる。

一方、訳のわからぬままに勝利を収めたヒカルはアキラの囲碁にかける熱い思いを見て、自分自身がもっと囲碁に対しての理解を深めたいと思うようになる。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

進藤ヒカル  声 – 川上とも子

藤原佐為  声 – 千葉進歩

塔矢アキラ  声 – 小林沙苗

塔矢行洋  声 – 津田英三

緒方精次  声 – 藤原啓治

和谷義高  声 – 高木礼子

伊角慎一郎  声 – 鈴村健一

越智康介  声 – 松岡洋子

桑原仁  声 – 納谷六朗

倉田厚  声 – 岩田光央

洪秀英(ホン スヨン)  声 – 伊東みやこ

藤崎あかり  声 – かかずゆみ

筒井公宏  声 – 津村まこと

加賀鉄男  声 – 伊藤健太郎

三谷祐輝  声 – 浅川悠

金子正子  声 – ゆきじ

奈瀬明日美  声 – 榎本温子

福井雄太  声 – 水田わさび

市河晴美  声 – 雪乃五月

天野  声 – 石波義人

古瀬村  声 – 川村拓央

進藤平八  声 – 中博史

進藤美津子  声 – 日野由利加

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング(第一局 – 第三十局、北斗杯への道)】

【曲名】 Get Over
【作詞】 松室麻衣
【作曲】 BOUNCEBACK
【編曲】 矢崎俊輔・中尾昌史
【歌】 dream

【オープニング(第三十一局 – 第六十局)】

【曲名】 I’ll be the one
【作詞】 HΛLNA
【作曲】 佐藤あつし
【編曲】 HΛL
【歌】 HΛL

【オープニング(第六十一局 – 第七十五局)】

【曲名】 FANTASY
【作詞】 片瀬那奈
【作曲】 長岡成貢
【編曲】 長岡成貢
【歌】 片瀬那奈

【エンディング(第一局 – 第十二局)】

【曲名】 ボクらの冒険
【作詞】 Keiji
【作曲】 Keiji、朝三“Sammy”憲一
【編曲】 Kids Alive、朝三“Sammy”憲一
【歌】 Kids Alive

【エンディング(第十三局 – 第三十局)】

【曲名】 ヒトミノチカラ
【作詞】 森浩美
【作曲】 高見沢俊彦
【編曲】 上野圭市
【歌】 観月ありさ

【エンディング(第三十一局 – 第四十六局)】

【曲名】 SINCERELY ~ever dream~
【作詞】 松室麻衣
【作曲】 菊池一仁
【編曲】 HΛL
【歌】 dream

【エンディング(第四十七局 – 第六十三局)】

【曲名】 Days
【作詞】 shela
【作曲】 原一博
【編曲】 原一博
【歌】 shela

【エンディング(第六十四局 – 第七十四局)】

【曲名】 MUSIC IS MY THING
【作詞】 海老根祐子
【作曲】 John Sauli・Fonny De Wudi
【編曲】 冬野竜彦
【歌】 dream

【エンディング(第七十五局)】

【曲名】 Get Over(Special Mix)
【作詞】 松室麻衣
【作曲】 BOUNCEBACK
【編曲】 松藤由利+wonderwall
【歌】 dream

【エンディング(北斗杯への道)】

【曲名】 Everlasting Snow
【作詞】 dream+BOUNCEBACK
【作曲】 BOUNCEBACK
【編曲】 ats-
【歌】 dream

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

ヒカルの碁 無料動画で楽しみましょう♪

口コミ高評価!おせち年越し特集です♪

ヒカルの碁(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ヒカルの碁(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!