原作 手塚治虫

テレビアニメ放送期間 2000年4月4日~2000年9月19日

テレビアニメ放送時間 火曜日 24時50分~25時20分

放送局 日本テレビ系列

話数 全25話

楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

手塚治虫による日本の長編漫画作品、およびそれを原作とした舞台、テレビアニメ、テレビドラマ作品。

『ビッグコミック』(小学館)1981年4月25日号から1986年12月25日号まで掲載された。

幕末期の日本を舞台に、当時の開国、西洋文明と西洋人の流入からやがて続く倒幕、そして戊辰戦争という時代の流れの上で、対照的だが友情で結ばれた男の人生を綿密に推敲されたストーリーで描いている。

手塚作品の中でも『アドルフに告ぐ』と並んで緻密に作られており、絵のタッチも劇画的である。

主人公は二人存在し一人は真っ直ぐな心を持ち主、悪く言えば頑固者である武士の万二郎。

もう一人は融通が効き人付き合いが良い性格、悪く言えば女好きで遊び好きでお調子者の蘭方医・良庵である。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

タイトルの「陽だまりの樹」は、水戸学の弁証家である藤田東湖が劇中で主人公の伊武谷万二郎へ語る当時の日本の姿である。

19世紀後半、欧米が市場を求めてアジアへ進出した世界状況で、日本の安全保障を確保するには天皇の権威を背景に江戸幕府を中心とする体制再編により国体強化が必要であるとした東湖だが、幕府の内部は慣習に囚われた門閥で占められて倒れかけているとして、これを「陽だまりの樹」と呼ぶ。

閉塞状況を打開するものは青年の行動力以外にないと謳いあげた東湖のアジテーションは憂国世代の心を大きく揺さぶる。

関東小藩の下級藩士であった伊武谷万二郎の胸にも熱い思いが刻まれる。

無骨で真面目な万二郎は退屈なお勤めに疑問も抱かず、登城のマラソンもいつも一番という、平時の武士として見本のような男であった。

一方、もう一人の主人公である蘭方医の良庵は医師の家に生まれて大坂適塾で医師の門をくぐったエリートだが、江戸に戻っても放蕩ぶりが父の良仙に厳しく戒められるほどの遊び人。

江戸っ子らしく間口は広いが封建的で権力闘争に終始する医学界には批判的であり、また人間らしく生きたいとする夢想家のノンポリとして時代を眺めている。対照的な万二郎と良庵だがなぜかウマが合う。

万二郎はアメリカ総領事タウンゼント・ハリスへ幕府側からの護衛として派遣され、友人となる通訳ヘンリー・ヒュースケンと出会う。

一方良庵は幕府の西洋医学への寛容化から提案された種痘所開設に良仙と共に尽力することになるのだが、西洋医学を嫌う御典医達に様々な嫌がらせを受ける。

やがて軍制改革により農兵隊の隊長となった万二郎は朽ちかけた「陽だまりの樹」である幕府への忠誠だけでなく、自分が本当に守りたいと思う人々との出会いにより銃を取り戊辰戦争の戦場の煙の中へ消えていく。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

手塚良庵  声 – 山寺宏一

伊武谷万二郎  声 – 宮本充

おせき  声 – 折笠富美子

手塚良仙  声 – 永井一郎

お紺  声 – 松本梨香

丑久保陶兵衛  声 – 納谷六朗

伊武谷千三郎  声 – 大木民夫

おなか  声 – 堀越真己

万二郎の母  声 – 幸田直子

お品  声 – 三石琴乃

おつね  声 – 沢海陽子

綾  声 – 根谷美智子

清河八郎  声 – 家中宏

山岡鉄太郎(山岡鉄舟)  声 – 関智一

多紀誠斉  声 – 郷里大輔

多紀元迫  声 – 小形満

大槻俊斎  声 – 小形満

緒方洪庵  声 – 有本欽隆

緒方八重  声 – くればやしたくみ

大鳥圭介  声 – 前田剛

福澤諭吉  声 – 志村和幸

原田磊蔵  声 – 高瀬右光→梅津秀行

伊東玄朴  声 – 牛山茂

楠音次郎  声 – 檜山修之

藤田東湖  声 – 田原アルノ

阿部正弘  声 – 楠見尚己

堀田正睦  声 – 沢木郁也

タウンゼント・ハリス  声 – 梁田清之

ヘンリー・ヒュースケン  声 – 小形満

橋本左内  声 – 二又一成

勝海舟  声 – 小杉十郎太

川路聖謨  声 – 田原アルノ

徳川家定  声 – 津田健次郎

西郷隆盛  声 – 屋良有作

井伊直弼  声 – 加藤精三

安島帯刀  声 – 岩田安生

芹沢鴨  声 – 梁田清之

大村益次郎  声 – 坂東尚樹→小村哲生

坂本龍馬  声 – 井上倫宏

チャールズ・ワーグマン  声 – 坂東尚樹

吉田松陰  声 – 前田剛

箕作阮甫  声 – 高瀬右光

多紀元堅  声 – 小和田貢平

戸塚静海  声 – 小室正幸

林洞海  声 – 小和田貢平

井上清直  声 – 高瀬右光

高橋多一郎  声 – 星野充昭

有村次左衛門  声 – 高瀬右光

佐野竹之助  声 – 木内秀信

ナレーション  声 – 中井貴一

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 Hidamari no ki ~まなざし~
【作曲】 松居慶子
【編曲】 松居慶子

【エンディング(第1話 – 第13話)】

【曲名】 光の向うへ
【作詞】 KEN NAKAMURA
【作曲】 KEN NAKAMURA
【編曲】 KEN NAKAMURA
【歌】 Charcoal

【エンディング(第14話 – 第25話)】

【曲名】 High Dive
【作詞】 白岩萬里
【作曲】 白岩萬里
【編曲】 白岩萬里
【歌】 Charcoal

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

陽だまりの樹 無料動画で楽しみましょう♪

陽だまりの樹(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【陽だまりの樹(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!