EAT-MAN’98 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 吉富昭仁

テレビアニメ放送期間 1998年10月7日~1998年12月23日

テレビアニメ放送時間 水曜日 25時45分~26時15分

放送局 テレビ東京系列

話数 全12話

EAT-MAN THE MAIN DISH5巻【電子書籍】[ 吉富昭仁 ]

EAT-MAN THE MAIN DISH5巻【電子書籍】[ 吉富昭仁 ]
648 円 (税込) 送料込
<p>既刊3冊の単行本を残したまま、フラリとどこかへ旅立っていたボルト・クランクこと"EAT-MAN"が、2年半ぶりに帰って来た!(その間に何故か『サイボーグ009 VS デビルマン -BREAKDOWN-』が刊行されているが……)。今巻にてボルトたち一行が向かうのは、現代の東京..

EAT-MAN THE MAIN DISH 3 (シリウスKC)[本/雑誌] (コミックス) / 吉富昭仁/著

EAT-MAN THE MAIN DISH 3 (シリウスKC)[本/雑誌] (コミックス) / 吉富昭仁/著
648 円 (税込)
評価 4.5
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容><アーティスト/キャスト>吉富昭仁(演奏者)<商品詳細>商品番号:NEOBK-1858881Shoji Yoshitomi / EAT-MAN THE MAIN DISH 3 (Sirius KC)メディア:本/雑誌..

EAT-MAN THE MAIN DISH2巻【電子書籍】[ 吉富昭仁 ]

EAT-MAN THE MAIN DISH2巻【電子書籍】[ 吉富昭仁 ]
648 円 (税込) 送料込
<p>西の砂漠で発見された朽ち果てた遺物(メメント)。これを再生させるため、ボルトに遺物を食べさせようとする回収屋たち。ボルトは「このガラクタはとてもじゃないが食えない」と頑なに拒否するも、無理やり食べさせられてしまう。そしてボルトから再生された遺物とは、あ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

1996年から2003年に『月刊電撃コミックガオ!』にて連載された吉富昭仁の漫画作品。

世界一の冒険屋(報酬を受けて殺し以外の依頼を引き受ける特殊職)として知られる男ボルト・クランクを狂言回しとした一話から数話完結の連作ストーリーからなる一連の作品。

1998年にテレビ東京系にて放送された。

ほとんどが原作に沿ったストーリーで構成されている。

ボルトのサングラスは黒色。

音楽に関しては、今井裕、MAGICが担当している。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

ネジ喰う男、世界一の冒険屋!

ネジや金属片を食し、敵に立ち向かう時には右手から食した武器を出現させて戦う自称“冒険屋”ボルト・フランク。世界中を旅しながら、受けた依頼は必ず遂行する。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

ボルト・クランク  声 – 江原正士

ハード  声 – 鈴置洋孝

エイミー  声 – 玉川紗己子

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 バーニング・ブルー
【作詞】 上澤津孝
【作曲】 上澤津孝
【編曲】 今井裕、MAGIC
【歌】 MAGIC

【エンディング】

【曲名】 旅人
【作詞】 上澤津孝
【作曲】 上澤津孝
【編曲】 今井裕、MAGIC
【歌】 MAGIC

【挿入歌】

【曲名】 BLACK CATS
【作詞】 魚海洋司
【作曲】 魚海洋司
【編曲】 GUITAR FISH
【歌】 BLACK CATS

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

EAT-MAN’98 無料動画で楽しみましょう♪

EAT-MAN’98(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【EAT-MAN’98(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!