行け!稲中卓球部 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 古谷実

テレビアニメ放送期間 1995年4月5日~1995年9月27日

放送局 TBS系列

話数 全26話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”行け 稲中卓球部” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

古谷実作のギャグ漫画。

『週刊ヤングマガジン』(講談社)において、1993年から1996年まで連載された。

その多彩な人物、意表を突くギャグや思春期真っ只中の少年・少女の青春を描いた物語で、性別を問わずに人気となる。

作中の卓球用語やルールなど、作者の古谷が中学時代に卓球部に在籍していた経験が活かされている。

放映当時はまだ深夜アニメ自体があまり世間に認知されていなかったことから、ハードな下ネタや過激なブラックなギャグなどの自主規制、ソフトな表現に変えたり等が多々にあった。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

稲豊市(いなほうし)の、稲豊市立稲豊中学校が舞台。

稲中の男子卓球部には6人の部員がいる。

部員数は少ないが、卓球の大会で優勝したこともあり、その存在感は大きいのだ。

下品な行為で皆から馬鹿だと非難されている主人公・前野。

その前野と行動を共にする盟友・井沢ひろみ。

口数が少なく、かつとんでもない卑劣漢の田中。

一見まともに見える田辺も、実態はワキガの激しい「毒ガス王子」。

一癖も二癖もある彼らに、部長・竹田、副部長・木之下、顧問の教諭・柴崎は毎日振り回されていた。

こうして稲中卓球部と言う奇妙な集合体は形成されていたのだ。

こんな彼等の周辺には、いつも破天荒な事件が巻き起こる。

どんな事件や強敵や荒波や逆風が待ち受けようとも、彼等は必ず行くのだ。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

前野  声 – 岡野浩介

井沢 ひろみ  声 – 山崎たくみ

竹田  声 – 高山勉

木之下 ゆうすけ  声 – 加瀬田進

田中  声 – 高戸靖広

田辺・ミッチェル・五郎  声 – 天田真人

岩下 京子  声 – 上原さくら

神谷 ちよこ  声 – 黒崎奈那美

柴崎  声 – 長島雄一(現・チョー)

立川 盛夫  声 – 中村秀利

橘 洋子  声 – 永島由子

鬼頭  声 – 小林優子

校長  声 – 茶風林

花代  声 – 嶋村薫(現・嶋村カオル)

相馬 紀子  声 – 野上ゆかな(現・ゆかな)

北条 理恵  声 – 嶋村薫

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 しゃにむにシェイク! シェイク!
【作詞】 尾上文
【作曲】 大沢誉志幸
【編曲】 SWITCH
【歌】 SWITCH

【オープニング】

【曲名】 満員電車にひとめぼれ
【作詞】 尾上文
【作曲】 井上大輔
【編曲】 SWITCH+松浦晃久
【歌】 SWITCH

【エンディング】

【曲名】 いつになっても いつまでも
【作詞】 トシタカ
【作曲】 トシタカ
【編曲】 中村哲
【歌】 THE ZIP GUNS

【エンディング】

【曲名】 BOOING
【作詞】 立花海
【作曲】 立花海
【編曲】 星勝
【歌】 上原さくら

行け!稲中卓球部 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

行け!稲中卓球部(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【行け!稲中卓球部(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

『スーパーロボット大戦』の動画ページへ♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の動画ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪