D・N・A2 何処かで失くしたあいつのアイツ 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 桂正和

テレビアニメ放送期間 1994年10月7日~12月23日

テレビアニメ放送時間 金曜日 17時30分~18時00分

放送局 日本テレビ系列

話数 全12話

[csshop service=”rakuten” keyword=”D・N・A2″ sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

桂正和によるSF漫画作品、及びこれを原作としたアニメである。

『週刊少年ジャンプ』(WJ、集英社)誌上において1993年36・37合併号から1994年29号まで全42話で連載。

連載期間は10ヶ月弱と、事実上の打ち切り作品であったにも関わらず、テレビアニメ化とOVA化もされ、金田龍を監督に実写映画化する計画も有った。

作者はトレンディドラマ風に仕上げるつもりだったが、掲載誌の読者年齢層や、アンケートシステムの影響で、サイキック能力を用いたバトル要素を取り入れた。

原作とアニメでは若干設定が違う部分もあり、話の順序や結末も異なる。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

DNAが人に無意識の行動指令を与えることが解明され、DNAの書き換えによって人の行動を制御する技術が確立された、63年後の未来。

63年後の未来は人口増加により、子供を2人以上作ったら死刑という法律が作られるほど、人口過密に悩まされていた。

そんな時代に、女性を虜にするDNAの持ち主メガプレイボーイが、すでに100人以上の子供を残していることが発覚する。

100人以上が持つメガプレDNAにより人口増加に拍車がかかることを危惧した政府は、“DNAオペレーター”葵かりんを過去の時代に派遣し、最初のメガプレDNAの持ち主である男のDNAを書き換えることにした。

しかし、その男である桃生純太は、女にモテず、さえない、おおよそメガプレとはほど遠い人間だった。

かりんは予定通りに仕事を果たしたはずだったが、実はDNAを書き換える弾(DCM弾)を取り違えており、純太はメガプレに覚醒する片鱗を見せ始める。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

桃生純太  声 – 難波圭一

葵かりん  声 – 冨永み~な

佐伯倫子  声 – 林原めぐみ

栗本亜美  声 – 笠原弘子

高梨ことみ  声 – 椎名へきる

菅下竜二  声 – 子安武人

染屋垣麿  声 – 岩田光央

市川一期  声 – 菊池英博

栗本三郎  声 – 峰恵研

桃生チヨ  声 – 丸山裕子

おはる  声 – 山田栄子

横森  声 – 大林隆之介

森  声 – 筈見純

川崎るらら  声 – 玉川紗己子

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 Blurry Eyes
【作詞】 hyde
【作曲】 tetsu
【編曲】 L’Arc~en~Ciel
【歌】 L’Arc~en~Ciel

【エンディング】

【曲名】 シングルベッド
【作詞】 つんく
【作曲】 はたけ
【編曲】 鳥山雄司、シャ乱Q
【歌】 シャ乱Q

D・N・A2 何処かで失くしたあいつのアイツ 無料動画で楽しみましょう♪

D・N・A2 何処かで失くしたあいつのアイツ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【D・N・A2 何処かで失くしたあいつのアイツ(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!