超くせになりそう 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 吉村杏

テレビアニメ放送期間 1994年4月5日~1995年3月28日

テレビアニメ放送時間 火曜日 18時00分~18時30分

放送局 NHK BS2

話数 全39話

[csshop service=”rakuten” keyword=”超くせになりそう” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

吉村杏原作・なかの弥生作画による『くせになりそう』の続編漫画作品。

『なかよし』(講談社)にて1993年7月号から1995年1月号まで連載された。

テレビアニメは原作の設定(「くせになりそう」+「超くせ」を合体)を使用しただけで、ストーリーは完全オリジナルである。

メインライターの首藤剛志がアニメ『アイドル天使ようこそようこ』で描いた舞台を意識した構成や、アイドルの意味を悪趣味寸前の暴走したギャグや様々なパロディを織り交ぜながら、さらに突き詰めて展開した。

原作の設定を含めたTVシリーズ全体を丸ごと舞台と捉える大胆な構成を取り、主な登場人物が現実世界で与えられた「役」に関して座談会形式で語る最終回も異色である。

西村ちなみにとってはデビュー作にして初主演作である。

本編中のなぎさの歌も全て西村が歌った。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

中学生の大鳥なぎさは、可愛らしい容姿とは裏腹に道場の跡取り娘で、格闘技が大好きな少女。

道場には弟子がいないことから弟子を集める為に上京したところ、そこでスカウトされて、「白鳥なぎさ」の芸名でアイドルデビューを果たし、一躍国民的アイドルとなる。

だが、歌って踊るより、暴れる事が大好きななぎさは、そんな生活に耐えかねて、男装して柄の悪い中学校に転校する。

そして、そこで出会った野坂昭に一目惚れしてしまう。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

白鳥 / 大鳥 なぎさ  声 – 西村ちなみ

野坂 昭  声 – 林延年

中竹 まこと  声 – 辻谷耕史

モモコ・プリシラ  声 – 本多知恵子

上岡 龍  声 – 石田彰

角田  声 – 飛田展男

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 サード・ラブ
【作詞】 石川あゆ子
【作曲】 坂本洋
【歌】 井上純子

【エンディング】

【曲名】 失えないの
【作詞】 石川あゆ子
【作曲】 坂本洋
【歌】 井上純子

【挿入歌】

【曲名】 超くせになりそう
【作詞】 えんどうてつや
【作曲】 坂本洋
【歌】 西村ちなみ

【挿入歌】

【曲名】 好きになったら最強
【作詞】 えんどうてつや
【作曲】 坂本洋
【歌】 西村ちなみ

【挿入歌】

【曲名】 なぎさのセレナーデ
【作詞】 えんどうてつや
【作曲】 坂本洋
【歌】 西村ちなみ

超くせになりそう 無料動画で楽しみましょう♪

超くせになりそう(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【超くせになりそう(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!