大草原の小さな天使 ブッシュベイビー 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 ウィリアム・H・スティーブンソン

テレビアニメ放送期間 1992年1月12日~1992年12月20日

テレビアニメ放送時間 日曜日 19時30分~20時00分

放送局 フジテレビ系列

話数 全40話

[csshop service=”rakuten” keyword=”大草原の小さな天使 ブッシュベイビー” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

フジテレビ系の「ハウス世界名作劇場」枠で放送されたテレビアニメ。

原作はウィリアム・H・スティーブンソンの『カバの国への旅』。

1960年代と世界名作劇場としては非常に年代が新しい。

オリジナル作品である『七つの海のティコ』を除けばもっとも現代に近く、第二次世界大戦後を時代背景とした作品である。

加えて、アフリカが舞台ということもあり、異色の作品として捉えられることも多い。

原作はあるものの、ほとんどオリジナルストーリーになっており、特に前半部分が顕著である。

『あらいぐまラスカル』と同様の野生動物との出会いから別れまでを描いた物語で、 前半はブッシュベイビーのマーフィーを飼うことになった主人公・ジャッキーの、ケニアにおける日常生活を中心に物語が展開する。

後半ではある事情によりサバンナを横断することになった、ジャッキーとテンボの冒険物語が繰り広げられる。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

時は第2次世界大戦後のアフリカ。

この土地に住むイギリス人の少女・ジャッキーは、動物保護官アーサーの娘であり、兄のアンドルー共々幼い頃から動物に親しんできた。

あるとき、アーサーとアンドルーは、パトロール中に親を亡くしたブッシュベイビーの赤ん坊を発見、保護し家に連れて帰った。

なかなかミルクを飲まず困り果ているところへ、ジャッキーが遭遇。

ジャッキーはこのブッシュベイビーに「マーフィー」と名付け、育てることにした。

しかし、植民地独立により、イギリス人は本国に引き揚げることになる。

ジャッキーは一度はマーフィーをイギリスにつれて帰ろうとしたが、ひょんないきさつから、マーフィーを内陸の生息できる場所に戻すことになり、ジャッキーの冒険が始まる。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

ジャッキー  声 – 岡本麻弥

マーフィー  声 – 白鳥由里

テンボ・ムルンビ  声 – 小杉十郎太

アンドルー・ローズ  声 – 金丸淳一

アーサー・ローズ  声 – 土師孝也

ペニー・ローズ  声 – 滝沢久美子

ハワ  声 – 松井摩味

ケイト・アドルトン  声 – 松下美由紀

ライサ・アドルトン  声 – さとうあい

ヘンリー・ラザフォード  声 – 島田敏

ミッキー・ビル  声 – 松岡洋子

ノルダム先生  声 – 川島千代子

アリス  声 – 白鳥由里

トリス  声 – 久川綾

生徒  声 – 國府田まり子

クランクショウ博士  声 – 緒方賢一

ハンナ・カウフマン  声 – 佐々木優子

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング(第1話-第22話)】

【曲名】 APOLLO
【作詞】 谷村新司
【作曲】 谷村新司
【編曲】 佐孝康夫
【歌】 沢靖英

【オープニング(第23話-第40話)】

【曲名】 微笑みでプロローグ
【作詞】 及川眠子
【作曲】 岸正之
【編曲】 信田かずお
【歌】 山野さと子

【エンディング】

【曲名】 鳥になる
【作詞】 谷村新司
【作曲】 谷村新司
【編曲】 佐孝康夫
【歌】 岡本麻弥

大草原の小さな天使 ブッシュベイビー 無料動画で楽しみましょう♪

大草原の小さな天使 ブッシュベイビー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【大草原の小さな天使 ブッシュベイビー(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!