おやゆび姫物語 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 H・C アンデルセン

テレビアニメ放送期間 1992年9月30日~1993年3月31日

テレビアニメ放送時間 水曜日 7時00分~7時30分

放送局 テレビ東京系列

話数 全26話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”おやゆび姫物語” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

原作はH・C アンデルセンの親指姫。

26話分に話を広げるにあたって、原作の基本的なアイディアを使いながらも、冒険を通してマーヤの内面の成長を描く物語となっている。

基本的に1話完結。

キャラクターデザインの森野うさぎは成人向け漫画家で、「(童話よりもコミック的な表現の多さに)想像とは違った作品に仕上がって意外だった」と発言している。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

マーヤは、いたずら好きで乱暴者、男の子も泣かせてしまう女の子。

マーヤのいたずら好きに手を焼いたママは、ある日、魔法使いのおばあさんに魔法でその癖を治してほしいと相談をする。

すると、おばあさんは古い「親指姫」の絵本をママに渡し、これを読ませれば眠っている間によい子になる、と答える。

ママは、マーヤに絵本を読みきかせる。マーヤはそのうちにうとうとし、ついに眠ってしまう。

続きが気になって絵本をみるマーヤ。

そのとたんに体が小さくなってしまい、絵本の世界に入ってしまう。

困っているマーヤの前に、よい魔法使いのエンゼラーが現れ、「この世界はママの夢の中。再びママに会うためには、ママの目を覚まさせなければならない。そのためには南の国に行き、水晶の王子に会わなければならない」と言う。

こうして、お菓子の妖精ノーブルと共に、悪い魔法使いヘルーラの妨害にも負けず、南の国を目指すマーヤの旅は始まる。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

マーヤ  声:かないみか

ノーブル  声:山田恭子

ママ  声:麻上洋子

ケロ太  声:松井摩味

ガマ子  声:上村典子

ゾビル  声:横尾まり

エンゼラー  声:宗形智子

ヘルーラ  声:麻上洋子

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 プラネタリウムにようこそ
【作詞】 あさくらせいら
【作曲】 松浦有希
【歌】 松浦有希

【エンディング】

【曲名】 口笛の丘
【作詞】 あさくらせいら
【作曲】 松浦有希
【歌】 松浦有希

おやゆび姫物語 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

おやゆび姫物語(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【おやゆび姫物語(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪