21エモン 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 藤子・F・不二雄

テレビアニメ放送期間 1991年5月2日~1992年3月26日

テレビアニメ放送時間 木曜日 19時30分~20時00分

放送局 テレビ朝日系列

話数 全39話

[csshop service=”rakuten” keyword=”21エモン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

藤子・F・不二雄によるSF漫画、およびそれを基に制作されたSFアニメ。

原作発表から23年余、映画「宇宙へいらっしゃい!」から10年を経てようやくテレビアニメ化となった。

キャラクターデザインや設定の一部が変更され、エピソードは原作および『モジャ公』から流用がある。

しかし、長寿作品が多かったシンエイ藤子アニメとしては全39話という不名誉な記録で放送を終えることとなる。

チーフディレクターを務めた原恵一によると、原作は古いもののため「そのままアニメにするのは難しい」という思いがスタッフ内にあり、内容をかなり脚色したという。

またテンポ良くとがった演出をしようとしたため、「自分で苦手な部分を無理してやったのではないか」と語っている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

2018年地球は異星との交流が進み、国際連合ならぬ星間連合にも加盟して、多くの惑星からの観光客がひっきりなしに訪れる一大観光惑星となっていた。

そんな中、トウキョウシティーに居を構えるホテル「つづれ屋」は、江戸幕府の成立とほぼ同時に旅館として開業して以来、初代当主の市右衛門、二代目仁右衛門、三代目参右衛門…と二十代、四百数十年にわたって細々と続く老舗ホテルだが、利用客はサッパリで隣接する豪華なホテル・ギャラクシーやオリオンホテルなどに圧倒されて潰れる寸前であった。

現当主の20エモンは閑古鳥の経営状態を立て直そうと必死になるが、その跡取り息子21エモンはホテル経営に関心を持とうとせず、宇宙へと憧れパイロットになって大宇宙を冒険したいという夢を持っていた。

家業に専念して欲しい父親に叱咤されて21エモンはしぶしぶボーイとして働くが、コツコツとチップを貯め、いつかは自分のロケットを手に入れたいという夢をあたため続ける。

「つづれ屋」に居候する宇宙生物モンガーやボーイとして働かされているイモ掘りロボットのゴンスケといった強烈な個性を持った家人たち、さらには宇宙からの風変わりな客が次々とホテルに押しかけて、21エモンと「つづれ屋」は毎日のように珍騒動に巻き込まれる。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

21エモン(本名:つづれ屋21エモン)  声:佐々木望

モンガー  声:大谷育江

ゴンスケ  声:龍田直樹

パパ(本名:つづれ屋20エモン)  声:中庸助

ママ  声:松島みのり

オナベ  声:肝付兼太

ルナ  声:冬馬由美

ルナのパパ  声:上田敏也

リゲル(本名:オリノ・リゲル)  声:真柴摩利

リゲルのパパ(本名:オリノ・マサカズ)  声:矢田耕司

スカンレー  声:玄田哲章

ハルカ(本名:ホシノ・ハルカ)  声:江森浩子

22エモン(本名:つづれ屋22エモン)  声:佐々木望

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 おーい!車屋さん
【作詞】 米山正夫・荒木とよひさ
【作曲】 米山正夫・馬飼野康二
【編曲】 鷺巣詩郎
【歌】 忍者

【エンディング(1話-12話、第38話挿入歌)】

【曲名】 21世紀の恋人
【作詞】 神沢礼江
【作曲】 柴矢俊彦
【編曲】 西脇辰弥
【歌】 谷村有美

【エンディング(13話-最終話)】

【曲名】 ベートーベンだねRock’n’Roll
【作詞】 川島だりあ
【作曲】 川島だりあ
【編曲】 寺尾広
【歌】 テンテン

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

21エモン 無料動画で楽しみましょう♪

21エモン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【21エモン(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!