おにいさまへ… 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 池田理代子

テレビアニメ放送期間 1991年7月14日~1992年5月31日

放送局 NHK-BS2

話数 全45話

おにいさまへ…(1) (中公文庫コミック版) [ 池田理代子 ]

おにいさまへ…(1) (中公文庫コミック版) [ 池田理代子 ]
616 円 (税込) 送料込
評価 4.33
中公文庫コミック版 池田理代子 中央公論新社オニイサマ エ イケダ,リヨコ 発行年月:2002年05月25日 予約締切日:2002年05月18日 ページ数:204p サイズ:文庫 ISBN:9784122040335 本 漫画(コミック) 文庫 その他 文庫 漫画(コミック)

【中古】 おにいさまへ・・・ DVD−BOX2 /出崎統,杉野昭夫(キャラクタ−デザイン、作画監督),羽田健太郎,笠原弘子(御苑生奈々子),..

【中古】 おにいさまへ・・・ DVD−BOX2 /出崎統,杉野昭夫(キャラクタ−デザイン、作画監督),羽田健太郎,笠原弘子(御苑生奈々子),..
5,478 円 (税込)
出崎統,杉野昭夫(キャラクタ−デザイン、作画監督),羽田健太郎,笠原弘子(御苑生奈々子),戸田恵子(折原薫),小山茉美(一の宮蕗子),島本須美(朝霞れい),玉川紗己子(信夫マリ子)販売会社/発売会社:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント(ジェネオン・ユニバ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

池田理代子による日本の漫画作品。

『週刊マーガレット』(集英社)にて、1974年12号から39号まで掲載。

互いに愛憎の念をむき出しにする上流階級の少女たちの姿を通して、上流階級の品格の欺瞞性や家柄や血統にこだわることの愚かさを主人公の目を通して描写している。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

高校受験を控えた中学生・御苑生奈々子は、進学教室で講師のアルバイトをしていた大学生の辺見武彦に「自分のおにいさまとなって、文通してほしい」と申し出る。

武彦はこれに応じたことで、奈々子との文通を始める。

そして、晴れて名門女子校・青蘭学園高等部に入学できた奈々子は、クラスメイト・信夫マリ子から、学園の特権組織で、選ばれた生徒のみが入会を許される社交クラブ・ソロリティの存在を聞かされる。

自分とは無縁の世界と思っていた奈々子だったが、なぜかソロリティ会長にして生徒会長・一の宮蕗子の推薦でソロリティへの入会を半ば強制される。

そこで、奈々子は蕗子から寵愛を受けるが、嫉妬した生徒たちからの嫌がらせを受けてしまう。

そんな彼女の心の支えは、彼女に異常に執着するマリ子とソロリティの存在に反対する折原薫だった。

さらに、全校生徒から「サン・ジュストさま」として憧れを一身に集めている朝霞れいもまた、奈々子に対して公平な態度で接し、時にはちょっかいを出してくるのだった。

奈々子は、ハスキーボイスでクールな印象を与えるれいに惹かれ、色々と身の回りの世話を見るなどするようになるが、彼女の生活は予想以上に殺伐としたものだった。

やがて、奈々子はれいが置かれた複雑な環境と武彦と学園の関係を知ることになる。

それは奈々子にとって衝撃的なものだった。

そして、奈々子の周囲でさらに衝撃的な出来事が起こる。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

御苑生 奈々子  声 – 笠原弘子

折原 薫  声 – 戸田恵子

一の宮 蕗子  声 – 小山茉美

朝霞 れい  声 – 島本須美

信夫 マリ子  声 – 玉川紗己子

辺見 武彦  声 – 玄田哲章

一の宮 貴  声 – 堀内賢雄

有倉 智子  声 – 神田和佳

三咲 綾  声 – 勝生真沙子

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 黄金の器 銀の器
【作詞】 小椋佳
【作曲】 小椋佳
【編曲】 原田真二
【歌】 高田さとみ

【エンディング】

【曲名】 気まぐれな妖精
【作詞】 小椋佳
【作曲】 小椋佳
【編曲】 原田真二
【歌】 野田貴子

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

おにいさまへ… 無料動画で楽しみましょう♪

おにいさまへ…(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【おにいさまへ…(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!