YAWARA! 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 浦沢直樹

テレビアニメ放送期間 1989年10月16日~1992年9月21日

テレビアニメ放送時間 月曜日 19時30分~20時00分

放送局 日本テレビ系列

話数 全124話

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”YAWARA” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

浦沢直樹による日本の漫画、またそれを原作としたアニメ作品である。

1986年から1993年まで『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に連載された。

柔道をテーマにしたスポーツ漫画としては異例の大ヒットを記録し、柔道ブームを巻き起こした。

元は青年向け漫画であったため、初期にはお色気シーンもあったが、物語が進むにつれ徐々に減っていった。

柔道ブームの火付け役でもあり、幅広い年齢層に多大な人気を博した。

また、女子柔道の強者はそれまで『姿三四郎』からとったニックネーム女三四郎と呼ばれることが多かったが、この作品以降は「やわらちゃん」と呼ばれるようになった。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

天才柔道家の祖父、猪熊滋悟郎の元で3歳から稽古に明け暮れている「普通」の少女・猪熊 柔が、祖父滋悟郎に大学進学・就職で一方的に決めつけられ、恋愛においてもほとんど許されないなか、祖父滋悟郎の凄さは実感しつつ反発していながらも、徐々に天性の才能を発揮・自覚し、日本国内を始め世界のスポーツの祭典アトランタオリンピックまで雄飛してゆく姿を描く柔道恋愛漫画作品である。

祖父の口癖が「金メダル」と「国民栄誉賞」で、主人公の柔にその2つを受賞させるべく奮闘している。

しかし当の柔は、本当に強い相手と勝負する時には純粋に柔道を楽しみつつ、いわゆる賞にはほぼ興味がなく、序盤は普通の女の子への願望で柔道をやめたがっていた。

中・終盤は父、猪熊虎滋郎への複雑な思い出と、劇的な再会、高校時代のジョディ・ロックウェルの突然の訪問、三葉女子短期大学での、普通の女子大生になりたいと思いつつ、柔とほぼ同じ境遇でプリマを目指しながら挫折した伊東(後に、花園)富士子などの様々な人物との出会いにより、次第に自分の柔道に対する思いに正直になり、成長していく。

連載開始時の柔は高校2年生で、すっかり弱小になっていた武蔵山高等学校柔道部を自らの意思とは裏腹に結果的に盛り上げてゆく。

その後も祖父、滋悟郎との厳しい稽古を受けつつ、普通の女の子を目指し、三葉女子短期大学家政学部に入学し、社会人になる際は、5歳の時に巴投げをしてしまい、修業の旅にでてしまった父、虎滋郎をさがすべく旅行代理店を中心に就職活動を続ける。

しかし様々な要因が交錯しつつ柔道を中心とする生活が続く。

柔と新聞記者の松田耕作の出会いは、柔が街中で引ったくりを巴投げするところを松田が目撃したことによる。

二人は初めこそお互いに不器用であったが、ソウルオリンピック・ユーゴスラビア柔道世界選手権大会・バルセロナオリンピックを通じて、お互いの存在の重要性を確信していく。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

猪熊 柔  声 – 皆口裕子

猪熊 滋悟郎  声 – 永井一郎

猪熊 玉緒  声 – 藤田淑子

猪熊 虎滋郎  声 – 岡部政明

猪熊 カネコ  声 – 皆口裕子

松田 耕作  声 – 関俊彦

鴨田  声 – 茶風林

加賀 邦子  声 – あきやまるな

編集長  声 – 岸野一彦

本阿弥 さやか  声 – 鷹森淑乃

徳永  声 – 島田彰

風祭 進之介  声 – 神谷明

伊東 富士子  声 – 川島千代子

花園 薫  声 – 菅原正志

藤堂 由貴  声 – 峰あつ子

ジョディ・ロックウェル  声 – 一城みゆ希

アンナ・テレシコワ  声 – 水谷優子

ベルッケンス  声 – 佐々木るん

マルソー  声 – 荒木香恵

祐天寺 豪造  声 – 仲木隆司

犀藤  声 – 西尾徳

山下泰裕  声 – 藤本譲

南田 陽子  声 – 鈴木みえ

日陰 今日子  声 – 冬馬由美

四品川 小百合  声 – 東美江

小田 真理  声 – 斉藤庄子

大田黒  声 – 亀井三郎

羽衣  声 – 西川幾雄

実況アナウンサー  声 – 大塚芳忠

ユーゴスラビアのタクシー運転手  声 – 松尾銀三

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング(第1 – 43話)】

【曲名】 ミラクル・ガール
【作詞】 亜伊林
【作曲】 藤井宏一
【編曲】 根岸貴幸
【歌】 永井真理子

【オープニング(第44 – 81話)】

【曲名】 雨にキッスの花束を
【作詞】 岩里祐穂
【作曲】 KAN
【編曲】 佐藤準
【歌】 今井美樹

【オープニング(第82 – 102話)】

【曲名】 負けるな女の子!
【作詞】 原由子
【作曲】 原由子
【編曲】 小林武史
【歌】 原由子

【オープニング(第103 – 124話)】

【曲名】 YOU AND I
【作詞】 陣内大蔵
【作曲】 陣内大蔵
【編曲】 根岸貴幸
【歌】 永井真理子

【エンディング(第1 – 43話)】

【曲名】 スタンド・バイ・ミー
【作詞】 松本隆
【作曲】 矢萩渉
【編曲】 萩田光雄
【歌】 姫乃樹リカ

【エンディング(第44 – 81話)】

【曲名】 笑顔を探して
【作詞】 辛島美登里
【作曲】 辛島美登里
【編曲】 若草恵
【歌】 辛島美登里

【エンディング(第82 – 102話)】

【曲名】 少女時代
【作詞】 原由子
【作曲】 原由子
【編曲】 小林武史、桑田佳祐
【歌】 原由子

【エンディング(第103 – 124話)】

【曲名】 いつもそこに君がいた
【作詞】 LOU
【作曲】 LOU
【編曲】 松浦晃久、LAZY LOU’s BOOGIE
【歌】 LAZY LOU’s BOOGIE

YAWARA! 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded; Abuse Detected.

YAWARA!(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【YAWARA!(最新無料動画はここをクリック)】