青いブリンク 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原案・監督 手塚治虫

テレビアニメ放送期間 1989年4月7日~1990年3月16日

テレビアニメ放送時間 金曜日 19時30分~20時00分

放送局 NHK総合

話数 全39話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”青いブリンク” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

手塚治虫が原案・監督を務めたアニメ作品。

ソ連で製作された長編アニメ映画「せむしの仔馬」を現代版にアレンジした作品。

第5話までのあらすじを仕上げたところで手塚が急逝し、『ジャングル大帝』と並んでアニメにおける遺作となった。

手塚はメインキャラクターデザイン、物語構成(20話分のストーリー案)、そしてパイロットフィルムの絵コンテと原画を担当した。

パイロットフィルムの一部は、カケルとブリンクの出会い、ブリンクとの再会と旅立ち、ホロ王子の城での戦いの場面と、第1話に使用されている。

本放送時には、本編終了後、人形のブリンクが案内役を務める「ブリンクの不思議大図鑑コーナー」があった。

これらは再放送のときはカットされ、DVD版にも収録されていない。

NHKアーカイブスで登録されている1話目では見ることができる。

「カケルがブリンクから『勇気』をもらって困難を乗り越える」というコンセプトだったが、「勇気は自分自身を奮い立たせて得られるものであって、他者から貰うものではない」という批判が放送当時『アニメージュ』の読者欄に寄せられた。

ただし、「勇気をあげる」としてブリンクの発する光は実はただの電気であり、暗示によってカケル自身を奮い立たせている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

謎の組織に誘拐された父親を助けるため、仲間たちと共に旅をすることになった少年カケル。

弱虫だったカケルもブリンクや仲間たちとの交流を通じ、次第に困難に立ち向かう勇気を身につけていく。

はたして彼は父を救い出すことができるのだろうか。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

四季カケル  声 – 野沢雅子

この物語の主人公。

四季春彦の息子。

休みを利用して山のコテージに住んでいる春彦のもとへ遊びに行く途中弱りかけているブリンクと出会う。

その後ブリンクとは友達になるが、留守中春彦が何者かに誘拐されてしまい助け出すためにブリンクと共に旅立つ。

とても心優しく正義感が強いが怖い話を聞いたり状況に出くわしたりすると急に弱虫になり臆病になる、だがブリンクの発する雷球を受けることで人が変わったように果敢な行動をとる。

しかしこの電球はそのような効果は無く、いわゆる自己暗示のようなものからで、心の奥底には素晴らしい勇気があることが分かる。

ブリンクや丹波たちの協力を得ながら様々な人たちと出会い、カケル自身大きく成長していく。

ブリンクとの友情関係は固く、オペラタウンでブリンクが操られていた時は身を挺してブリンクに呼びかけ、ブリンクからピラミッドパワーを追い出したほどである。

四季春彦  声 – 納谷悟朗

カケルの父親で童話作家。

グロス皇帝の秘密や行動などがテレパシーという形で分かるらしく(本人はそうだとは気づいていない)、それをもとに話を書いていた。

春彦自身この童話はライフワークにするつもりだったので、自費出版予定だったがバレるのを恐れたグロス皇帝の命令を受けたオートバイ集団に誘拐される。

助けにくるカケルから完全に離すため、ほぼ毎回幽閉先を変えられている。

終盤では春彦とグロス皇帝の関係が明らかになる。

ブリンク  声 – 土家里織

この物語のもう一人の主人公。

宇宙からやってきた青い毛色の雷獣。

弱っていたところをカケルと春彦に助けられる。

雷獣であるためエネルギー源は電気(コンセントや落雷から吸収できる)。

姿を消したり(人を乗せて)空を飛ぶことができる。

ウサギのような長い耳から電撃を射出して攻撃する。

また、頼りなくなったカケルに「カケルくん、勇気をあげる!」と言い、電球を射出して勇気を与える(本当はそのような効果はないが、カケルの眠る勇気の成長を大きく促す結果に繋がった)。

とても純粋な心の持ち主で、第9話ではゴロポックル達にとても澄んだ目をしていると言われている。

自身に対する欲望はなくコバルト島でみんなが幻覚を見ている中ブリンクだけは幻覚に騙されていなかった。

命の恩人であるカケルの父親を助けることがブリンクにとっての一番の望み。

そのために自身の命をかける覚悟まで持っている(ミルキーホワイトの空中神殿にてカケルの願いが叶うならと自ら生贄になろうと考えていた)。

普段は充電(または電気を補充、温存)のため、毛玉のように丸くなってカケルの腕の中にいる。

キララ姫  声 – 伊藤美紀

ローズ館のお姫様。

6歳。

見た目は可愛らしく姫らしく身だしなみやおしゃれには気を使うが年齢相応に非常にわがまま。

野菜類は大嫌いでお菓子が大好き。

なんでもお金で決めてしまうくせがあり、常に電卓を持ち歩いている。

欲しいものや珍しい動物(ブリンクやテンのルンパッパなど)はもちろん気分を害したり迷惑をかけたことに至るまで全てお金で決めてしまい毎回カケル達を振り回している。

第3話で幽閉されている父親を助けに来たカケル達に初めて出会い、カケル達をクイズで困らせたが最後の問題の答えの際に外の世界を初めて目にし、父親の行方を教えるという条件でカケル達の旅に同行することに。

実はグロス皇帝の姪でありグロスおじさまと呼び慕っている。

カケルの父親を誘拐したのはグロス皇帝であることを知って一時ショックを受けてしまうが、「叔父様でも悪い奴は悪い奴」と自らそれを理解し、その後もカケル達に同行する。

しかし、今まで優しくしてもらったことやグロス皇帝からもらった王冠を大切にするなど、後にその王冠がホロ王子によって自分をカケルたちに敵対するよう操るためだと知り、これをきっかけに完全にグロス皇帝と決別した。

丹波  声 – 小林克也

旅の移動手段となるおんぼろボンネットバスの運転手。

たまにカケルたち以外の客も乗せることもある。

腕っぷしが良く力持ち。

力関係時には一番の頼りになる。

女性にはかなり弱いところがあるが、キララ姫のお世辞に簡単に乗ってしまう。

バスの後部パネルには「お迎えでごんす」が描かれている。

策略にはまったときなどに言う「やってくれるぜ!」が定番の台詞。

途中からカケルの旅のためだけに、職を投げ打つ覚悟でコースを外して走ってくれていた。

ニッチ&サッチ  声 – 緒方賢一(ニッチ)&吉村よう(サッチ)

丹波のバスの中で出会った二人組の泥棒。

痩せて背の高い方が兄貴分のニッチ、丸っこい方が弟分のサッチ。

初めはブリンクを狙ってカケルたちの旅に付いてきていたが、いつの間にかカケルの父親探しのメンバーになる。

たまに成り行きで悪いことに手を出すが、大概は失敗に終わっている。

しかしこの泥棒としての行動が時として敵の情報仕入れ、春彦の安否確認など役に立つときもある。

他の手塚作品にも登場している。

グロス皇帝  声 – 加賀谷純一

自身の秘密、計画などの発覚を恐れ、カケルの父親である春彦をさらった人物。

全身黒い兜やマントの姿で素顔を隠していて、カケルたちの前に姿を現すこともあるが、いつも実体がない(ホログラム映像のようなもの)。

キララ姫、ホロ王子の叔父にあたる。

春彦の幽閉先を次々変え、それを追うカケルたちの行く手に毎回刺客を送り阻む。

カケルたちが向かう街や村に、場所によっては何かしらの支配や悪影響を及ぼしている。

また、大の虫嫌いである。

終盤で春彦との関係が明らかになる。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 瞳のなかの未来
【作詞】 田口俊
【作曲】 上田知華
【編曲】 萩田光男
【歌】 南野陽子

【エンディング】

【曲名】 負けないで勇気
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 後藤次利
【編曲】 米光亮
【歌】 中山忍

青いブリンク 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

青いブリンク(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【青いブリンク(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

『スーパーロボット大戦』の動画ページへ♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の動画ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪