笑ゥせぇるすまん(第1期) 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 藤子不二雄A

テレビアニメ放送期間 1989年10月17日~1990年9月25日

放送局 TBS系列

話数 全46話

[csshop service=”rakuten” keyword=”笑ゥせぇるすまん” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

藤子不二雄Aによる日本のブラックユーモア漫画作品。

アニメ化、テレビドラマ化もされた。

大人向け番組である『ギミア・ぶれいく』内で10分枠のコーナードラマとしてアニメ化され、それまで一般には児童漫画だと思われていた藤子不二雄作品に別の面があることが認知されるきっかけになった。

真っ暗な画面奥から現れた喪黒が、画面に向かってゆっくり歩きながら迫り来る。

背景には以下のセリフが流れる。

「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん。ただのセールスマンじゃございません。私の取り扱う品物は心、人間の心でございます。ホーホッホッ…」。

タイトルコールの後(単独番組化後はここで一旦CMに入る)、「この世は老いも若きも男も女も、心のさみしい人ばかり、そんな皆さんの心のスキマをお埋め致します。いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたらそれが何よりの報酬でございます。さて、今日のお客様は…」という喪黒の声が流れる導入部となる。

そして、客の顔・氏名・年齢・職業が出た後にサブタイトルが表示され、喪黒の笑い声とともに物語は始まる。

喪黒は客のつかの間の夢や潜在願望を叶えてやるためのサービスを提供する。

金銭は一切要求しない代わりに、客に守るべき条件を提示する(後から忠告を入れる場合もある)。

客に対して「ココロのスキマ、お埋めします」というキャッチコピーが書かれた名刺を差し出し自己紹介する。

喪黒は、「ドーン!!!!」という呪文を用いる(アニメ版では「ダーン!!!!」とも聞こえる。)。

これは、最後に客を奈落の底に突き落とすために用いられることがほとんどである。

客のほとんどは最後には喪黒に顔面を指差され、「ドーン!!!!」の呪文とともに悲劇的な結末を迎えることとなる。

客が喪黒との約束を破ったがために、ストーリーの最後で呪文を浴びて破滅するパターンが多い。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

セールスマンの喪黒 福造(もぐろ ふくぞう)が現代人のちょっとした願望をかなえてやるが、約束を破ったり忠告を聞き入れなかった場合にその代償を負わせる。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

喪黒 福造  声 – 大平透

笑ゥせぇるすまん 無料動画で楽しみましょう♪

笑ゥせぇるすまん(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【笑ゥせぇるすまん(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!