機動警察パトレイバー 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 ゆうきまさみ

テレビアニメ放送期間 1989年10月11日~1990年9月26日

テレビアニメ放送時間 水曜日 17時00分~17時30分

放送局 日本テレビ系列

話数 全47話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”機動警察パトレイバー” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年を基点とした10年後からの数年間の近未来の東京を中心とした地域を舞台とした漫画、アニメ、小説などのメディアミックス作品である。

当時としては珍しいメディアミックスを展開した先駆的作品である。

作品が発表された1988年当時から10年後、1998年の東京が舞台で、生活風景などは当時の東京と変わらないが、ロボット技術を応用した歩行式の作業機械「レイバー」が実現し、あちこちで使用されている。

近未来SFとはいえ、舞台となった20世紀末(1998年)はすでに過去となった現在においては、1980年代に予想されていた10年後の世界観を検証できる。

当初アニメとして企画・決定していたがゆうきまさみによる漫画が先行してスタートし、その後アニメ作品がリリースされた。

初期OVAシリーズ、劇場版の好評を受けてテレビシリーズとして展開した作品。

ただしそれらとのストーリー的な繋がりはなく、主人公の泉野明が特車二課に入隊する所から再び始まる。

制作はロボットアニメの老舗サンライズに移る。

今まで脚本を務めていた伊藤和典はシリーズ構成を担当し、押井守、横手美智子らが脚本に参加したことで、バラエティに富んだストーリー内容となっている。

第3クールより漫画版のストーリーも取り入れ展開するが、グリフォンとの決着は漫画版とはまた異なる様相を見せた。

当初の予定では、放映期間は半年間で香貫花が帰国するまでを描くとされていたが、放映開始後に1年間に延長。

急遽、熊耳武緒を登場させ、漫画版に準拠する形でグリフォン編に突入することとなった。

OVAシリーズ・劇場版第1作では使用されていなかった「イングラム」の名称が使用されている点も特徴。

それでいて「アルフォンス」の愛称もまだ残っている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

ロボットテクノロジーの発達によって登場した汎用多足歩行型作業機械「レイバー(Labor)」は急速に発展・普及し、軍事・民生を問わずあらゆる分野で使用されるようになった。

特に東京を含む首都圏では地球温暖化による海面上昇への備えとして大堤防を東京湾の川崎・木更津の間に築くことと、1995年に発生した東京南沖大地震によるガレキの処分を兼ねて堤防の内側を埋め立てることで首都圏の土地不足の解消をするという、一石三鳥を狙った国家プロジェクト「バビロンプロジェクト」のために日本国内のレイバーの大半が集中していた。

だがその結果、レイバーによる事故はもちろん、レイバーを使用した様々な犯罪行為(酔っ払いの乱闘騒ぎや窃盗からバビロンプロジェクトに反対するエコテロリストによるテロ行為まで)が多発して社会問題となった。

この「レイバー犯罪」に対処するため、警視庁は警備部内の特機部隊にレイバーを導入し、その任にあたらせた。

しかしそのレイバーは、発足当初は旧式の作業用レイバーの装甲を強化しただけのもので、日進月歩でレイバーが性能を向上させている状況にあっては、優秀な人材を集めた特機部隊もレイバー犯罪に対応し切れず、1998年、警視庁は警備部内に専門部署として新たに「特科車両二課中隊」、通称「特車二課」を設けた。

これがパトロールレイバー、通称「パトレイバー」の誕生である。

小隊は従来機を運用する「第一小隊」に加え、新たに「第二小隊」を編成することが決定された。

その第二小隊にはパトレイバー専用の最新鋭機種である篠原重工製98式AV(Advanced Vehicle)“イングラム”が製造・導入されることになる。

ところが、その新型レイバーを与えられる第二小隊は、現職の巡査1人を除いては、予備校を出たばかりの経験はゼロに等しい者ばかりで、隊長をして「精鋭になるかはたまた独立愚連隊になるか」と言わしめた集団であった。

こうして、後に非難と賞賛を浴びる特車二課第二小隊が発足したのであった。

物語は、若いパトレイバー隊員たちが葛藤しながら成長する青春群像であるほか、産業ドラマであり、陰謀ドラマでもある。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

泉 野明  声 – 冨永み~な

篠原 遊馬  声 – 古川登志夫

後藤 喜一  声 – 大林隆介

太田 功  声 – 池水通洋

進士 幹泰  声 – 二又一成

山崎 ひろみ  声 – 郷里大輔

香貫花・クランシー  声 – 井上瑤

熊耳 武緒  声 – 横沢啓子

南雲 しのぶ  声 – 榊原良子

五味丘 務  声 – 大塚明夫

榊 清太郎  声 – 阪脩

シバ シゲオ  声 – 千葉繁

福島 隆浩  声 – 小川真司

松井 孝弘  声 – 西村知道

不破 環生  声 – 勝生真沙子

内海  声 – 鈴置洋孝

黒崎  声 – 土師孝也

バドリナート・ハルチャンド  声 – 合野琢真

実山 剛  声 – 辻村真人

松本 加奈  声 – かないみか

犬走 一直  声 – 佐藤政道

猫渡 銀二  声 – 吉村よう

猿滑 三吉  声 – 土師孝也

桜山 桃子  声 – 林原めぐみ

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング(1 – 34)】

【曲名】 そのままの君でいて
【作詞】 森由里子
【作曲】 羽田一郎
【編曲】 船山基紀
【歌】 仁藤優子

【オープニング(35 – 47)】

【曲名】 コンディション・グリーン ~緊急発進~
【作詞】 田口俊
【作曲】 TSUKASA
【編曲】 根岸貴幸
【歌】 笠原 弘子

【エンディング(1 – 34)】

【曲名】 MIDNIGHT BLUE
【作詞】 TAKE
【作曲】 TAKE
【編曲】 KISSME QUICK
【歌】 KISSME QUICK

【エンディング(35 – 47)】

【曲名】 パラダイスの確率
【作詞】 麻生圭子
【作曲】 割田康彦
【編曲】 船山基紀
【歌】 JA-JA

機動警察パトレイバー 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

機動警察パトレイバー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【機動警察パトレイバー(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪