がきデカ 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 山上たつひこ

テレビアニメ放送期間 1989年10月16日~1990年3月26日

テレビアニメ放送時間 月曜日 17時30分~18時00分

放送局 フジテレビ系列

話数 22(全43話)

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”がきデカ” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

山上たつひこによる日本の漫画作品。

『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、1974年44号から1980年52号まで連載され、単行本の発行部数は3000万部を超える。

いわゆる「ドタバタもの」作品で、本格的ギャグ漫画の草分け的存在である。

ギャグ漫画自体は赤塚不二夫の『天才バカボン』や『おそ松くん』など、『がきデカ』が登場する以前から数多く存在していたが、「ボケとツッコミ」の役割分担を明確にさせ、ボケ役(ここでは主にこまわり君)がボケて、ツッコミ役(ここでは西城君など)がそれにツッコむ、という形式を漫画に取り入れたのは本作が最初である。

このスタイルは後に、小林よしのりの『東大一直線』や高橋留美子の『うる星やつら』など他のギャグ漫画作品に大きく影響を与えた。

また臼井儀人の『クレヨンしんちゃん』などにも、本作品の影響が強くみられる。

また、『がきデカ』の面白さは、当時のギャグマンガとしては例のなかった「劇画調の絵」によるところが大きい。

「死刑」などのこまわり君の下品なポーズや、女性キャラ達のHなポーズのエロティシズム、頻繁に登場する動物たちの間抜けさ、などなど。

それまでのギャグ漫画が「意味」で笑いを作っていたのに対し、劇画調のリアルなポーズそのものにより、面白さを伝えるのは画期的であった。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

主人公である日本初の少年警察官と自称するこまわり君と、彼が通う「逆向(さかむけ)小学校」の同級生やその周辺のキャラクター達で展開されるギャグ漫画作品。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

こまわり君  声 – 三ツ矢雄二

西城 ヨシオ  声 – 古谷徹

木の内 モモ子  声 – 江森浩子

木の内 ジュン  声 – 鳥飼真己子

福島  声 – 塩屋浩三

亀吉  声 – 龍田直樹

あべ 美智子  声 – 勝生真沙子

清治  声 – 難波圭一

義一  声 – 田の中勇

としえ  声 – 向井真理子

モモ子・ジュンの母  声 – 増山江威子

西城 正直  声 – 平野正人

西城 雪子  声 – 高木早苗

栃の嵐  声 – 龍田直樹

栃の介  声 – 冬馬由美

岬  声 – 拡森信吾

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【主題歌】

【曲名】 こまわり・MAM-BO
【作詞】 紅玉
【作曲】 りゅうてつし
【編曲】 りゅうてつし
【歌】 三ツ矢雄二

がきデカ 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

がきデカ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【がきデカ(最新無料動画はここをクリック)】

東方Projectに関係する動画♪