新プロゴルファー猿 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 藤子不二雄A

連載・掲載誌 週刊少年サンデー

掲載期間 1974年~1980年

テレビアニメ放送期間 1988年4月11日~1988年6月13日

テレビアニメ放送時間 月曜日 18時50分~19時20分

放送局 テレビ朝日系列

話数 全10話

[csshop service=”rakuten” keyword=”プロゴルファー猿” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1988年4月11日 – 1988年6月13日にテレビ朝日の『藤子不二雄Aワールド』にて放送された。

全10話。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

手作りの木製ドライバーを手に、ゴルフ場に現れては練習中の素人と賭けゴルフを競う、猿そっくりの野生児「猿丸」は、母親と兄弟5人で田舎暮らしをしながら、ゴルフ場に忍び込む毎日を過ごしていた。

しかしある時、猿丸のゴルフの実力に惚れ込んだ、影のゴルフ界を仕切るミスターXが猿丸を自分の配下に加えるべく、個性的な刺客たちを差し向けて勝負を挑んでくる。

猿丸は、自然の中で培ってきた勘と、戦いの中で生まれた数々の必殺技、さらには強運も味方に、次々と現れる影のプロゴルファーやライバルたちと激闘を繰り広げていく!

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

猿谷 猿丸  声 – 頓宮恭子

主人公。

通称「猿」。

猿谷家の長男。

名の通り猿そっくりの野生児だが、実は天才少年ゴルファー。

6歳でゴルフを始める。

アマチュアであるが、自称「プロゴルファー」(賭けゴルファー)として活躍している。

自慢の手作りの木製クラブで日夜勝負を繰広げている。

女性に弱く、褒められるとだらしなくなる。

賞金の話になると金に目がくらみ、獲得した貯金に執着し、兄弟にはお小遣いをあげない程、金にはがめつい。

一方、母親にはデパートで高級なドレスを買ってあげたり、海浜温泉市に温泉旅行に連れて行ったりと、親孝行の面を見せる。

関西弁交じりで話す。

中学生という設定だが、学校には殆ど行かずゴルフに明け暮れる。

猿谷(さるだに)が自分の庭同然で練習場でもあり、棲んでいるサルとも親しみを感じている。

猿谷 中丸  声 – 高木早苗

三男(アニメ版では次男)。

瞳が透けて見えないほどの度の強い眼鏡をかけている。

兄弟間では一番の賢さで、猿丸のキャディ兼ブレーン役。

パッティングが得意で、モップで作ったパターをサム・スニードの得意とする「サイドサドルスタイル」で使いこなす。

また、猿丸にサンドウェッジ、小丸にクリークを作成する等、猿丸のクラブ製作技術と同等の手先の器用さがある。

猿谷 大丸  声 – 峰あつ子

次男(アニメ版では三男)。

大柄でのんびり屋。

少々頭が良くないが、ゴルフの腕は良い。

特にカップまでの目算に優れる。

木の枝を削って作ったパターを所持。

力持ちで、ドライバーの材料となる木の根を引き抜き、猿谷家の庭の専用グリーンの施工も手がけた。

中丸が仕込んだジャック・ニクラウスのスタイルを体得している。

猿谷 小丸  声 – 原えりこ

四男の末っ子。

幼児の癖にいつも一升瓶を抱えて酒を飲んで酔っ払っている。

彼の酒は左甚五斎によると、辛口の高級日本酒(白雪)とのこと。

アニメ版では瓶の中身がラジウム鉱泉入りのミネラルウォーターに変更された。

兄達を「あんにゃー」と呼ぶ。

たまに一升瓶で殴りかかろうとしたり、ひざに蹴りを入れたり(ミスターXに対しても)と反抗する事もある。

傘の柄を改造したパターと、猿丸のドライバーと同じ方法で中丸が作ったクリークを所持。

母親  声 – 高村章子

農業で一家を支えている。

猿丸の行動をいつも心配している。

黄金仮面に試合で敗れた時も、姉と一緒に支払金の工面をしようとしたが、猿丸に遠慮してもらっている。

姉  声 – 鵜飼るみ子

長女で猿丸の姉。

家計を支えるために、ゴルフ場でキャディをしている。

アニメ版では『デパート HIKARI』で働いている。

また、新しいドライバー作りに熱中する猿丸に夜食のおにぎりを作ってあげている。

ゴエモン  声 – 峰あつ子

猿谷家の飼い犬。

温泉好き。

アニメ化に伴いコミック版の「影のスペシャリスト編」より登場。

ヤマメの収穫に長けている。

中丸の解説により、第三者(キャディ・審判を除く)はゴルフの競技に介入してはならないが、ゴエモンは犬なので第三者にあたらないという例外を逆手に取り、ゴルフ寺の暗闇地獄を道先案内し、猿丸のショットを助けてくれた。

おっちゃん  声 – 富田耕生

猿丸との賭けゴルフで、いつも負けている中年。

ゴルフは下手だが、対戦で2度勝っている。

金製のパターを持つなど資産家であることを伺わせる描写もある。

猿丸への勝利の執念から、ジェロニモのスポンサーを務めて猿丸に勝負をけしかけたり、大丸をゴルフ関連の金銭面その他で大きく援助している。

アニメ版では猿をライバル視しつつも原作よりも好意的な人物として描かれ、「猿丸の実力を見出したのは自分」と称している。

若葉  声 – 堀江美都子

おっちゃんの娘で、父親とは似つかぬ美少女。

猿丸に好意を抱いている。

アニメ化に伴いコミック版の「影のスペシャリスト編」より登場。

紅 初子(紅蜂)  声 – 平野文

容姿端麗な美女だが影のプロゴルファーで謎が多い。

肩にインコが停まっている。

主にミスターXの側近として行動し、紅色のクラブを愛用する。

アニメ版では猿の作ったクニャクニャドライバーを手にしてすぐ使いこなしたり、シャドウマスターズではコブラを圧倒するなどそのセンス、実力ともに並の影プロとは段違いである。

猿丸との対戦後は彼に味方するシーンも見受けられ、ミスターXにも時として逆らうことも。

剣崎 健  声 – 井上和彦

連載初期からのライバルで、将来を有望視されるアマチュアゴルファー。

シングルの腕前で県大会で優勝した事もある。

初登場時は中学生である。

猿の自宅近くにあるゴルフコース「奥山カントリークラブ」の御曹司。

大神 猛  声 – 鈴置洋孝

大海浜カントリークラブでのアマチュア選手権で登場。

狼のような髪型をしている。

高校野球(打者)から転向したゴルファーで、出で立ちも黒の野球ユニフォームで固めている。

元高校球児だっただけに、打球の飛距離も並ではない。

得意技は、バンカーからボールを砂でくるんで打ち上げ、正確にグリーンに止める「砂爆弾(アニメ版では砂ぐるみボール)」。

日影(死神)  声 – 広瀬正志

大海浜カントリークラブでのアマチュア選手権で登場。

周囲に流されないパープレイが信条。

シャフトの短いクラブを用い、ダグ・サンダースが編み出した電話(テレホン)ボックススイングを得意技とする。

カンクロウ  声 – 田中真弓

猿谷家周辺に生息するカラスで。

他のカラスの例にもれずよく狙われる。

映画化に伴い、コミック版で初登場。

近所のゴルフ場などでロストボールを集めるのが趣味。

時折ゴエモンと対立するが仲はいい。

ディンプル  声 – 田中真弓

アニメ版に登場。

ゴルフボールの格好をしていて、眼鏡をかけている。

時々ゴルフについて解説をする。

ドラゴン  声 – 田中秀幸

香港からやってきたミスターXの組織最強の刺客。

モデルはブルース・リー。

その実力は高く、「ヌンチャクドライバー」「トンファーウエッジ」などの武器とカンフーを駆使したプレースタイルで猿丸を最後まで苦しめた。

武道家のため、勝負に対しては非常にストイックでフェア。

「運」をも呼び込む猿丸を最大限に評価し、一番の強敵と認めていた。

鹿島 大造  声 – 渡部猛

大海浜カントリークラブの最高責任者で、かつアマチュアゴルフ選手権の大会委員長。

猿直々にレッスンを教わったりした所でプロとしての才能を見抜く。

しかし、アマチュアゴルフ選手権に出場した猿が金銭を得たプロの仕事をした事が、アマチュアとしての規定に反している事を知ると、優勝したときにカップを渡すか迷った挙句、ゴルフに対する純粋な姿勢を評価し、猿に優勝カップを手渡した。

死神に命を狙われたり、プロテスト一日目トップを祝って、舟盛りをご馳走したりした。

また、ミスターXのスポンサーの誘いに関しても危険な取引だと忠告もした。

支配人  声 – 肝付兼太

左甚五斎  声 – 峰恵研

パター(特に木製・竹製パター)製作の名人。

彼の製作したパターは、登場したものはいずれもショットの際に何らかの音を発する。

弟子の闇兵衛に「村正」を持ち出されるが、その後猿に病で苦しんでいて助けてくれたお礼に、「正宗」を授ける。

鷹巣  声 – 塩屋翼

ゴルフ特訓道場の一回生で、後にプロテスト受験資格を猿と争ったゴルファー。

普段は優しく親切だが、プロテストをかけた勝負や秘技を見られるなどのプレーヤ生命に関わるような事態の場合は人格が変わったように恐ろしい表情を見せる。

切り札「フラミンゴ打法(一本足打法)」で、本来のゴルフクラブの飛距離以上に距離を伸ばすことができる。

大岩 みどり  声 – 原えりこ

大岩巖造の娘で、パットが得意。

研修生からは道場の特待生として「女王」と呼ばれ、二回生ですらも敬意を表している。

猿は「緑子はん(あるいは緑はん)」と呼んでいる。

食堂では炊事番を務めている。

球斎名人  声 – あずさ欣平

元日本プロの優勝選手で、富士城カントリークラブでアシスタント・プロの指導を請け負っている。

隻手隻眼(せきしゅせきがん:片目と片腕を消失)でありながら、200メートル先の標的にボールを命中させる腕前があり、猿も顔負けの強靭な脚力を持つ。

西郷 大八  声 – 竹村拓

プロテストで猿と同じ組。

ドラコンで400メートルも飛ばし、「マンモス西郷」のあだ名を持つ。

ミスターX  声 – 内海賢二

いつも覆面に黒いサングラスをしている、正体不明の影のプロゴルファー組織のボス。

作中の言動や行動から相当な財力を持っていることが伺え、社会的なステイタスも高い。

帽子やグローブ、愛車のエンブレムにはナチスの鉤十字に蛇の輪郭をあしらったマークがある。

猿丸のゴルフの腕に目を付け、影の組織に引き込もうとする。

影の組織のボスらしく冷徹な男ではあるが、猿丸と交わした契約はきちんと守る律義な面もある。

ナレーター  声 – 野島昭生

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●動画やMP3で紹介●

【オープニング】

【曲名】 マイウェイ猿丸
【作詞】 高田ひろお
【作曲】 小林亜星
【編曲】 筒井広志
【歌】 水木一郎

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

新プロゴルファー猿 無料動画で楽しみましょう♪

新プロゴルファー猿(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【新プロゴルファー猿(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!