宇宙伝説ユリシーズ31 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 ニナ・ウォルマーク

テレビアニメ放送期間 1988年2月6日~1988年4月23日

テレビアニメ放送時間 土曜日 17時30分~18時00分

放送局 テレビ朝日系列

話数 全12話

[csshop service=”rakuten” keyword=”ユリシーズ31″ sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

日本の東京ムービー新社とフランスのDICの共同制作によるテレビアニメである。

古代ギリシアの英雄ユリシーズが活躍する叙事詩『オデュッセイア』を31世紀の世界に置き換えたSFアニメである。

フランスでは主題歌のレコード売り上げが、歴代56位となる115万枚を記録した。

また、ポピーの発売した玩具は、日本円にして5億円ほど売り上げた。

一流紙のフィガロで高い評価を受けた。

日本では1986年5月から7月にかけて、キングレコードからOVAの『ユリシーズ31』として発売された。

1988年2月6日から4月23日まで、名古屋テレビをキー局にテレビ朝日系列でこのOVAの1 – 12話が放送された。

その後、声優を変更し、1991年8月27日から10月2日までNHK衛星第2テレビジョンで全26話が放送された。

2007年にはカートゥーンネットワークでも放送された。

メカニックは、全体的に2001年宇宙の旅の影響を受けており、主人公の乗る宇宙船オデッセイ号は、フランスでの放送局であるFR3のロゴマークを模したものを河森正治がデザインした。

3機が合体するナベット号のデザインはポピーの村上克司によるものといわれている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

西暦31世紀の未来。

宇宙神ゼウスの怒りを買ったために異郷のオリンポス宇宙へ投げ出された宇宙船オデッセイ号。

神々の戦闘機団トリダンの襲撃や、宇宙の歌姫シレーヌの音楽の誘惑・・・

さまざまな未知の脅威にさらされながらも、船長のユリシーズ以下オデッセイ号の一行は地球への帰還を模索する。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

ユリシーズ  声 – 津嘉山正種

テレマーク  声 – 水島裕

ユミ  声 – 島本須美

ノノ  声 – 田中真弓

神  声 – 平林尚三

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 銀河伝説オデッセイ
【作詞】 荒木とよひさ
【作曲】 若草恵
【歌】 貴智明 (ネバーランド)

【エンディング】

【曲名】 愛・時の彼方に
【作詞】 島エリナ
【作曲】 熊谷安廣
【歌】 貴智明 (ネバーランド)

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

宇宙伝説ユリシーズ31 無料動画で楽しみましょう♪

宇宙伝説ユリシーズ31(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【宇宙伝説ユリシーズ31(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!