名門!第三野球部 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 むつ利之

連載・掲載誌 週刊少年マガジン

テレビアニメ放送期間 1988年10月22日~1989年9月29日

テレビアニメ放送時間 土曜日 19時30分~20時00分 など

放送局 フジテレビ系列

話数 全40話

[csshop service=”rakuten” keyword=”名門 第三野球部” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

週刊少年マガジンに連載されていたむつ利之原作の漫画作品、もしくはそれを原作としたテレビアニメ。

1989年8月8日には、バンダイよりゲーム化もされた。

この漫画の実質的な続編として「上を向いて歩こう」「復活!!第三野球部」がある。

名門・桜高校野球部の三軍、通称・第三野球部の檜あすなろとその仲間たちの挑戦と成長を描いた野球漫画。

それまで、お色気ギャグマンガを中心に執筆していた作者が、初めて発表した本格的なストーリーマンガで、この作品以降、作者であるむつはギャグ主体からストーリー主体へとその作風を変える事となる。

当時週刊少年ジャンプで人気のあった『県立海空高校野球部員山下たろーくん』に対抗して作られた作品であり、小柄でいじめられっ子だった主人公がエースとして成長していくなど、いくつかの共通点がある。

「飛翔編」のストーリーは、選手達が悪徳オーナーに敵対するなど、映画「メジャーリーグ」に強く影響を受けている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

檜あすなろたち三軍こと第三野球部は、ある日監督から解散命令をされる。

しかし野球部に入ったのなら最後に試合をさせてほしいという要望から、勝ったら一軍に上がるという条件で一軍と試合をすることになる。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

檜 あすなろ  声 – 菊池英博

本作品の主人公。

第三野球部所属の投手で、後に桜高校のエース。

打順は多くは5番を打つ。

「努力の天才」タイプで、無意識に身についた「弾丸ボール」と、しぶといバッティングに加え、試合中の怪我で偶然身についた一本足打法により、投打において中核となる。

スタミナでは他の投手を圧倒しており、9回投げてもスタミナが切れないどころか、回を追うごとに球威が増していく。

変化球のパームとカーブはどちらも一流には程遠いが、弾丸ボールと称されたストレートは、横回転により球威がバッター手元まで衰えないため、球がホップしているように見えるので、ストレートの投球術は目を瞠る物がある。

かつては虐められっ子であり、最初から諦めて卑屈になっていたが、仲間と共に野球に打ち込むことにより心身ともに鍛えられ、普段は丁寧で大人しいがここぞというときには気の強い面もたびたび見せている。

相手の挑発に対しても、やり返してみせることが多い。

村下 夕子  声 – 鶴ひろみ

連載開始時は陸上部のホープで、成績も優秀。

美人としても校内では知られている。

後に野球部のマネージャーとなる。

ソフトボールの経験があり、最初の対一軍戦時は第三野球部の選手として出場していた。

あすなろとは昔からの幼馴染みであり、好意を抱いている。

あすなろの母とも昔からの知り合い。

虐められていた時も彼をかばい続け、その後もあすなろの家に行き家事を手伝ってもいる。

気が強い性格だが、それだけではなく女性らしい内面も持っている。

芯が強く、しっかりとした彼女の励ましはあすなろにとってなくてはならないものである。

海堂 タケシ  声 – 玄田哲章

第三野球部所属の捕手で、元一軍の4番打者。

独特のフォーム(主に神主打法)からライト方向への流し打ちを得意とする、超高校級スラッガー。

別名「桜校の落合」。

高校通算打率は5割7分。

2年時の夏は一軍でスタメンだったが甲子園後に監督を殴ったため三軍へ降格。

しばらくのブランクがあったが復帰戦で一軍エースの京本から本塁打を放ったり、銚子商の控え投手からも本塁打を放ったり錆びついていなかった。

さゆりを気にかけていて、さゆりの手術が絡んだ前後で2度ほど打撃にブレーキがかかった。

しかし、いずれも復活を果たす。

白石兄  声 – 鈴木みえ

第三野球部の1番打者で、遊撃手。

バントが得意で、俊足。

小西とは犬猿の仲に見えるが、本心から嫌っているわけではない。

白石弟  声 – 小粥ようこ

第三野球部の2番打者で、二塁手。

バントが得意で、俊足。

兄とどちらが速いかは不明。

兄と同様に小西とは犬猿の仲だが、実際の仲は兄と同じ。

小西 カズオ  声 – 塩屋浩三

第三野球部の右翼手。

多くは6番を打つ。

超のつく鈍足でチームの三振王だが悪球には強く、長打力は海堂にひけをとらない。

強肩で、鈍足を補って余りある活躍を見せる。

初期は「デブ」と言われるとキレて普段以上の力が出せるという特徴があった。

弱音を吐くこともある反面、人知れず努力することもあり、秘かにダイエットを敢行し鈍足もある程度カバーしている。

他のキャラとの絡みが多く、中でも白石兄弟とはしょっちゅう悪態をつき合っている。

非常にウブで、奈保子の「かわいさ」を感じると、嬉しさのあまり失神してしまうほど。

石井 幸司  声 – 金丸淳一

第三野球部の三塁手で、多くは8番を打つ。

堅守が特徴。

バッティングセンスがないことが悩みで、銚子工業との練習試合まで人生でヒットを打ったことがなかった。

ただし、それにも関わらず最初の対一軍戦は5番で起用されていた。

2年夏の県大会後に、黒潮商業の土屋に教わった天秤打法(打法のモデルは元大洋の近藤和彦)で一転、以降は安打製造機として欠かせない存在となる。

高橋 ひろし  声 – 龍田直樹

第三野球部の中堅手で、多くは7番を打つ。

小柄な体で野球センスも平凡だが、根性は一流。

口癖も「根性」。

通称「ガッツマン高橋」。

斉藤 輪大  声 – 二又一成

第三野球部の一塁手で、恐怖の9番打者。

住職の息子で穏やかな気質だが、ひとたび怒らせると驚くべき力を発揮し、「恐怖の」の所以はこれにある。間の抜けた顔に見られることを気にしており、そこに触れられると激怒する。

語尾に「~だな」と付ける癖がある。

背が高く、手も足も長い。

本人曰く「足は一般人の1.5倍の長さ」で「木魚を叩いているため手が長い」。

その身体的特徴を活かしたプレイをすることも多い。

また、この特徴は一塁手としても得難い資質である。

田村 達郎  声 – 井上和彦

第三野球部の左翼手で、あすなろから譲られた3番を打つ。

夕子の従兄弟で、銚子工業との練習試合から第三野球部に加わる。

当初は長髪だったが後に短髪となる。

クールでナルシスト、女たらしな面がありユニフォームが汚れるプレイを嫌がったが、徐々にあすなろ達の影響を受けていく。

2年夏の甲子園では小池よりガールフレンドが1人少なかったことで闘志を燃やしていた。

スイッチヒッターで、左打席でも右打席と握りが同じテニス打法で安打を量産していく。

3年夏時は怪我のためほとんど試合に出ることはなかった。

京本 直哉  声 – 山寺宏一

元一軍のエースで、後に第三野球部の控え投手となる。

第三野球部に敗れ、高校を辞めるつもりでいたが、京本も元第三野球部だったことを知ったあすなろ達に引き止められる形で残留。

スライダーが武器で、コントロールは正確無比。

一軍時代の対第三野球部戦では、そのコントロールの良さが仇となった。

桜井 哲也  声 – 龍田直樹

元一軍の捕手で、海堂が監督との確執でいなくなり正捕手になった。

第三野球部に敗れた後は、京本と共に控えとして第三野球部を支えることに。

層の薄い第三野球部を支えるために、本職の捕手以外のポジションもこなせるよう猛練習した。

白石兄弟に一軍伝家の宝刀のバントを教えた。

岩田理事長  声 – 石森達幸

強権的で横柄な発言が目立つ、桜高校の支配者。

甲子園優勝に拘り、手段を選ばず野球部を強くしようとした。

しかしそれは、かつて自身の家庭に進学する余裕がなく、高校野球の夢を諦めざるを得なかったことに起因しており、一軍対三軍の試合を最後まで見届けた際には目頭に熱いものを流すなど、情のまるで分からない人間というわけではない。

鬼頭監督  声 – 田中秀幸

桜高校を何度も甲子園に導いた名監督。

海堂には「金のことしか頭にない冷徹な監督」と思われ一時確執もあった。

一軍が第三野球部に敗れた後、金の必要な理由を知った海堂らに続投を要請される。

鬼頭 さゆり  声 – 高橋美紀

鬼頭監督の娘。

病気で入院しているところにあすなろ達が遭遇、鬼頭監督が金を必要とする理由を間接的に海堂らに教える。

彼女の存在により海堂がグラついたことがあり、そのため彼はスランプに陥ったこともある。

桑本 聡  声 – 千葉繁

銚子工業高校のエースピッチャー。

190センチ以上ある高身長から繰り出すカーブ「三階カーブ」が得意技。

あすなろと同い年である。

初めは野球をなめており、あすなろのことも「チビ」と馬鹿にしていた。

あすなろはこの挑発に対し、桑本をアウトに仕留めた後頭上にボールを放り投げ「でくの坊」と強烈にやり返している。

しかし、あすなろの直向な姿勢に心を打たれ改心し、「永遠のライバル」として親交を深め、貧弱だった身体を鍛え直し、150km/hを超える速球を武器とする本格派投手へと変貌を遂げた。

打者としても非凡で、スタンドまで軽々運ぶパワーも備える。

女好きな面もあり、試合中にも関わらず敵のマネージャーである夕子を口説いていたが、全く相手にされなかった。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●YouTube動画やMP3で紹介●

【オープニング(第一期)】

【曲名】 誓書-バイブル-
【作詞】 SHO-TA
【作曲】 SHO-TA
【編曲】 SHO-TA
【歌】 PEARL

【オープニング(第二期)】

【曲名】 輝きの描写
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 後藤次利
【編曲】 後藤次利
【歌】 河田純子

【オープニング(第三期)】

【曲名】 青春のさがしもの
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 後藤次利
【編曲】 難波正司
【歌】 河田純子

【エンディング(第一期)】

【曲名】 小さな決心
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 後藤次利
【編曲】 佐藤準
【歌】 中山忍

【エンディング(第二期)】

【曲名】 夢を追いかけて
【作詞】 川村真澄
【作曲】 武部聡志
【編曲】 武部聡志
【歌】 吉田真里子

【エンディング(第三期)】

【曲名】 君の夢のために
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 後藤次利
【編曲】 難波正司
【歌】 河田純子

【エンディング(第四期)】

【曲名】 青春のEVERGREEN
【作詞】 麻生圭子
【作曲】 井上ヨシマサ
【編曲】 井上鑑
【歌】 田山真美子

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

名門!第三野球部 無料動画で楽しみましょう♪

名門!第三野球部(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【名門!第三野球部(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!