ドクター秩父山 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 田中圭一

連載・掲載誌 コミック劇画村塾

掲載期間 1986年~

テレビアニメ放送期間 1988年4月3日~1988年7月31日

放送局 フジテレビ系列

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”ドクター秩父山” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『コミック劇画村塾』等で1986年より連載された田中圭一の4コマ漫画である。

横長ワイドなコマに当時としては画期的な劇画調の四コマ漫画で、主人公が医者ということを活かしたシュールかつブラックな下ネタ漫画として一部に人気を得た。

ただし後半は医者ギャグが枯渇したのか、ただの下ネタが増えてくる。

ちなみにコミックスのカバーを外すと古本屋で買い叩かれるからはがすなと怒られる。

1988年4月3日より7月31日にかけて、フジテレビ『オールナイトフジ』のコーナードラマとしてアニメ化された。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

埼玉県にある近代的な大病院。

見た目こそ立派だが、この病院の院長であるドクター秩父山は度を越したスケベな性格の持ち主だった。

しかも手術も無責任なもので、患者たちの苦労ははかりしれず。

同じように問題が多い医師の越谷や女医・戸田らも加え、今日も秩父山は本能のままに生きる。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 (説明はWikipediaより)

秩父山  声 – 神谷明

主人公。

埼玉県にある「秩父山病院」の医者。

オールバックにサングラスと口髭がトレードマークの中年男で、その人格は好色かつ非常識。

作中でよく手術を行っているところから、専門は外科に見えるが、他の医療行為も行っている。

色々なものをよく発明する。

越谷博士  声 – 富田耕生

本名「越谷清十郎」。

途中から登場した秩父山の師匠。

やっている事は秩父山と変わらない。

漫画では途中から、彼の肉体的悩みである包茎という事情がしつこく出てくる。

息子はボランティア活動に精を出しており、父とは正反対の好青年であるが、秩父山も呆れるほどの越谷と妻との変態プレイの果てに生まれたらしい。

ケロタン  声 – 龍田直樹

研修医だが、カエルを無理やり人間にしたような姿をしている。

幼稚園の頃は手足のない巨大なオタマジャクシで、現在27歳。

万年発情中で、いつも性的妄想に浸っていたり、エッチな本を読んで「んんん…やらしい」と唸っている。

当時の「コミック劇画村塾」のファンレターコーナーを見る限り、何故か女性読者に人気がある。

記事の引用元はここをクリック

ドクター秩父山(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ドクター秩父山(最新無料動画はここをクリック)】

★アニメキャラクター別の人気ランキング♪

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

『スーパーロボット大戦』の動画ページへ♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の動画ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪
艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪