シティーハンター2 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 北条司

連載・掲載誌 週刊少年ジャンプ

掲載期間 1985年13号~1991年50号

テレビアニメ放送期間 1988年4月2日~1989年7月1日

テレビアニメ放送時間 土曜日 18時00分~18時30分

放送局 日本テレビ系列

話数 全63話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”シティーハンター” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

北条司によるアクション漫画のTVアニメシリーズ第2作。

製作は前作と同じサンライズによるもので、スタッフやキャストの基本的な布陣は変わっていない。

全63話中34話までがオリジナル作品で構成される一方、原作由来の作品が全て前後編形式(最終3話は3話完結式)になっている。

原作第12巻中盤から第23巻中盤までの内容に相当。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

新宿駅に書かれた“XYZ”の文字、これがプロのスイーパーである男・冴羽リョウを呼び出す暗号だ。

美女からの依頼なら何でもお任せのリョウだが、パートナーの槇村香は彼の下心を見抜いて大騒ぎに。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 (説明はWikipediaより)

冴羽リョウ  声 – 神谷明

新宿を拠点とし、活動しているプロのスイーパー(殺し屋)。

通称「シティーハンター(City Hunter)」。

依頼方法は、新宿駅東口にある伝言板に「XYZ」の暗語と連絡方法を書き記す。

物心つかない幼少期に中米上空で飛行機事故に遭遇したが奇跡的に生存。

ジャングルに放り出されたところを某小国の反政府ゲリラ部隊のある村に拾われた。

銃の扱いや戦闘においての術はこの頃より培われた。

その飛行機事故で両親と自身の身元を示す物を失っており、出生時の名前、生年月日、国籍も不明。

肌の色、髪や瞳の色から、おそらく日本人か、少なくとも日系人である可能性が高いとされ、本人も日本人であることを確信している。

亡くなった両親から「リョウ」と呼ばれていたことだけは辛うじて覚えていたため、以来、その名で呼ばれるようになった。

しなやかで持久力もある強靭な筋肉、引き締まった肢体は、日々怠ることのないハードな鍛練から成るものである。

長身に整った顔立ち、健康的な肌の色、バランスの良いスタイルである。

黙っていればクールでニヒルな雰囲気さえも醸し出す。

しかし、その魅力をぶち壊しにしかねない程の比類なきスケベで、依頼人の女性に手を出そうとしては相棒の槇村香に天誅を食らっている。

「新宿の種馬」、「新宿の一発狼」、「恐怖のもっこり男」の異名を持つ。

基本的に美女絡みの依頼しか受けないポリシーを掲げているが、稀に「心を動かされる事情」があった場合、相手が男性であっても依頼を受ける。

裏の世界ではほぼNo.1と言っても過言ではない程の凄腕。

飄々と、それでいて鋭く、法では裁けぬ悪を撃つ。

その戦闘能力は、本気になれば「東京さえ壊滅できる」ほど。

人間離れした性欲とともにかなりの巨根で、依頼人の女性などを驚かせることが多い。

愛銃コルト・パイソン357(4インチ)(弾丸はメタル・ジャケット弾)を普段はジーンズに直接差し込んで携帯しており、アニメ版ではショルダーホルスターを使用している。

愛車は赤いミニクーパー。

毎回事故や海坊主によって壊されるが、すぐに復旧する。

「シティーハンター」は、元々は親友のミック・エンジェルとアメリカでパートナーを組んでいた時の名である。

日本にやって来て以降は、槇村秀幸とパートナーを組み「シティーハンター」としてやっていたが、槇村秀幸が殺されてしまい、秀幸の妹である槇村香が後継することになりパートナーを組むことになった。

槇村香  声 – 伊倉一恵

「シティーハンター」こと冴羽リョウの親友・槇村秀幸の妹。

兄・秀幸が麻薬組織に殺害されたことを機に、リョウの相棒となり同居する。

リョウの仕事の選り好みや、歓楽街で昼間からツケで飲み歩くなどの散財癖に加え、依頼を解決しても報酬が支払われないことも多いため、常に資金繰りに頭を悩ませている。

依頼人に手を出し続けるリョウに対し、100tハンマーで殴る、特大こんぺいとう(モーニングスター)で、リョウをぶっ飛ばすなどの「天誅」を加える。

依頼人の美女に引けをとらない美人でスタイルも良い(身長168cm、B87-W59-H86)が、リョウが唯一「もっこり」しない女性である。

男っぽくサバサバした所作や言葉遣い、長身、ショートヘアといった外見などから、たびたび男性と間違えられることがあり、本人はそれを非常に嫌っている。

リョウに対していつしか芽生えた好意=恋心は香の胸中で育っていった。

仕事上のパートナーとしての時間が長かったため、恋愛対象としてどう接してよいか戸惑うあまり素直ではない態度をとることもあった。

相思相愛になってからは、惜しみない愛をリョウに示している。

実は射撃の腕はそう悪くはないのだが、リョウの計らいで銃に細工がなされていたため、的確な照準が出来なかった。

長くリョウのパートナーとして行動し、経験を積んだことから、勘が働くようになり、リョウの作戦や次の動きを読み取ってそれに合わせて行動するなど、次第に2人の息が合うようになった。

バズーカを使わせると“ある意味”超一流である。

槇村 秀幸  声 – 田中秀幸

リョウの親友で相棒。

警察官だった父親の志を受け継いで自らも刑事となるが、ある人身売買組織の捜査中に囮捜査官の婦人警官が殉職したため、責任をとって警察を辞めリョウとコンビを組む。

普段はとても冷静だが、香のことになると落ち着きを失う。

一見冴えない風貌に反してかなりの腕利きだったが、全米を牛耳る巨大麻薬シンジケートに殺された。

冴子とは刑事時代の相棒であり、彼女に対して彼自身の容貌が冴えないため、警視庁の月とスッポンとあだ名された。

重度の近眼のため眼鏡(二角眼鏡)を常用しているが、素顔は端整。

愛銃はコルトローマンMkⅢ、愛車はマツダ・キャロル(初代)。

香の二十歳の誕生日に、自分とは血が繋がっていない事を告げる心算でいたが、其の前に彼は殺されてしまった。

伊集院 隼人  声 – 玄田哲章

通称・海坊主又はファルコン。

元傭兵でリョウと互角の凄腕を持つ同業者。

後に喫茶キャッツアイの店主。

スイーパーとしては、リョウとは基本的に敵対関係にあったようだが、日本での仕事ではリョウと手を組むことが多かった。

リョウとは悪友(親友?)のような間柄になるが、スイーパーのプライドをかけて命がけの決闘を行う局面もあった。

屋外ではサングラスを手放せない。

しかし、それにより支障が出ている様をまるで見せず、車の運転まで平然とこなしている。

バズーカや機関銃などの重火器(M60等)を好んで扱い、トラップの名手でもある。

寡黙な男で、女性や猫(特に子猫)が苦手。

猫は本人曰く鳴き声(人間が鳴き声を真似た程度でも)を聞くと力が抜けるらしく、失神する(しかしながら猫に好かれる傾向が強い)。

女性や美樹に対しては、ゆでたタコのように真っ赤になる。

愛車はトヨタランドクルーザー60、フォードの4WD(彼の性格や体格に合う車はこれぐらい)。

愛銃はS&W M629(アニメではM29)。

野上 冴子  声 – 麻上洋子

「警視庁の女狐」と呼ばれる、妖艶な美人刑事。

鼻筋が通った品の良い顔立ちをしている。

野上警視総監の長女。

槇村秀幸とは同僚だった。

リョウとも長い付き合いで、色香でつっては危険な仕事を押し付けていた。

自らも腕が立ち、服の下に隠している投げナイフを自在に操る。

男を寄せ付けない仕事一筋ぶりだが、以前は生前同僚だった槇村とリョウを交えた三角関係にあり、いずれかを選ぼうかという矢先に槇村が亡くなる。

それによって、心中に槇村へのこだわりが強く残った。

リョウに対してあまり気のないような態度をとることもあるが、香には密かに自分が槇村へのこだわりが消えたら、またリョウと香と自分との三角関係になるかもしれないという言動を残している。

麗香・唯香・更に女性の双子と妹が4人いるが、父親は男の子が生まれるまでは子作りするつもりなので、更に妹が増える可能性もある。

愛銃はニューナンブM60(警察の備品の改造)。

野上 麗香  声 – 鷹森淑乃

野上警視総監の次女。

冴子の妹。

職業は元刑事で探偵。

容姿はやはり美人だが、姉とはあまり似ていない。

眉毛と目の感覚が広い上に顎が細く小さい。

姉よりも割と華やかである。

RN探偵社の責任者。

刑事の時に相棒の友村刑事が殺され、その犯人を見つけるために刑事を辞め探偵になり、リョウのマンションの隣のビルに住む。

元々は意地っ張りで図々しく、また宵越しの金は持たない、好き嫌いで人と仕事を選ばない、男嫌い、人を信用しない等、自分なりの主義主張が強いが、恩人・友村刑事の冤罪を晴らすべく真犯人を探し出そうとした時は、わざと標的になる事も厭わない程の芯の強さもある。

愛銃はコルト・ウッズマン、COP357。

姉・冴子ほど「男を利用する」ことは考えておらず、物腰も姉より柔らかい。

香とは恋敵であり、お互いにリョウが好きなため敵視をしているが、リョウ本人は香の方に目があるため相手にされることはない。

美樹  声 – 小山茉美 / 伊藤美紀

海坊主の相棒で、美人スイーパー。

苗字は不明だが、原作の最後で海坊主と結婚。

背中までいくほど長い髪の毛と非常に多い毛髪量を持つ。

全体的に均整の取れた体格。

後に海坊主と共に喫茶キャッツアイの切り盛りをする。

内戦国で孤児になった所を海坊主に育てられ、身を守る術を教えられてきたが、彼女が海坊主の傭兵部隊に加わると言い出した時、海坊主は彼女を戦場から遠ざけ、普通の女性としての人生に戻すために、嘘をついて彼女を置き去りにした。

海坊主と結婚することを夢見て彼を追い続け、日本で海坊主の前に再び現れる。

一人になってからも独力で鍛えてきたのか、腕は一流である。

特技は催眠術で、自己催眠を行った他、リョウに頼まれて依頼人が催眠状態であることを突き止めたことがある。

リョウの力添えもあって海坊主と共に喫茶店を切り盛りするようになり、そこにリョウが入り浸るようになるが、そんなリョウへの香のハンマー攻撃に巻き込まれて、よく店内を破壊されていた。

愛銃はコルト・KING COBRA。

麻生 かすみ  声 – 冨永みーな

通称:怪盗305号。

麻生家は代々泥棒請負業の家系。

丸顔で額が広い童顔のため実年齢よりもやや幼い印象を受けるが、顔立ち自体は清楚である。

スリーサイズは香より上。

リョウとは高校生の時、警察に追われている所に遭遇する。

この時、レオタード姿ですばしこく跳びながら警察の追及をかわしていたため、「空跳ぶオシリ」と呼ばれる。

「リョウに心を奪われた」と祖母に指摘され、リョウの心を盗むまで一族の元に帰ってはならぬと宣告された。

海坊主の喫茶キャッツアイを住み込みで手伝いながら、リョウの心を奪うべく虎視眈々と機会を狙う。

同じくリョウに心を寄せる麗香と時に共闘しながらもリョウを巡って競う。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】 ●動画やMP3で紹介●

【オープニング(第1話~第26話)】

【曲名】 Angel Night~天使のいる場所~
【作詞】 松尾由紀夫
【作曲】 松浦雅也
【編曲】 松浦雅也
【歌】 PSY・S

【オープニング(第27話~最終話)】

【曲名】 SARA
【作詞】 FENCE OF DEFENSE
【作曲】 西村麻聡
【編曲】 FENCE OF DEFENSE
【歌】 FENCE OF DEFENSE

【エンディング(第1話~第37話)】

【曲名】 Super Girl -CITY HUNTER 2-
【作詞】 岡村靖幸
【作曲】 岡村靖幸
【編曲】 清水信之
【歌】 岡村靖幸

【エンディング(第38話~最終話)】

【曲名】 STILL LOVE HER (失われた風景)
【作詞】 小室哲哉
【作曲】 小室哲哉・木根尚登
【編曲】 小室哲哉
【歌】 TM NETWORK

シティハンター 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

シティーハンター2(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【シティーハンター2(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪