キテレツ大百科 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 藤子・F・不二雄

連載・掲載誌 こどもの光

掲載期間 1974年4月号~1977年7月号

テレビアニメ放送期間 1988年3月27日~1996年6月9日

テレビアニメ放送時間 日曜日 19時00分~19時30分

放送局 フジテレビ系列

話数 全331話

[csshop service=”rakuten” keyword=”キテレツ大百科” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

藤子不二雄(藤子・F・不二雄)による日本の児童向け生活ギャグ漫画作品。

発明好きの小学生・木手英一(通称:キテレツ)が、江戸時代の発明家であった先祖・キテレツ斎の残した書物『奇天烈大百科』を参考として様々な発明道具を作り、その発明道具で起こす騒動を描く。

藤子Fは平凡な日常の中に異世界のキャラクターを投入してそのズレによって笑いを作り出す「生活ギャグ漫画」を多く執筆したが、本作はこの「生活ギャグ漫画」から発展した作品の一つであり、異世界要素である発明道具を主人公自らが作り上げ、ものを作り上げる喜びや楽しみが描かれている点が大きな特徴となっている。

こうしたものを作り上げる喜びや楽しみ描写は、工作を愛した藤子Fの趣味が反映されたものと考えられている。

発行元の家の光協会が農協系の出版団体であったために掲載誌の『こどもの光』は普通の書店では購入することができず、連載当時にはマイナーな作品であった。

連載終了より10年以上が経った1988年(昭和63年)にはテレビアニメ化がされ、ゴールデンタイムで8年以上続く長寿番組となった。

このアニメ化に合わせて、同年より田中道明によるリメイク作品『新キテレツ大百科』が『月刊コロコロコミック』で連載されている。

原作の話数が少ないこともあってか、アニメ版はほとんどがオリジナルストーリーである。

「毎回不思議な道具を使った物語が展開する」という点でストーリー的に似通っている『ドラえもん』(テレビ朝日版第1期)と差別化をはかる試みが続けられた。

話数が長大であり、全話のビデオソフト化が実現したのは2003年である。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

発明が大好きな小学生・キテレツこと木手英一は、発明家であった先祖のキテレツ斎がその発明道具を書き記したと伝えられる『奇天烈大百科』を親から譲り受けるも全てが白紙で何も書かれていなかった。

一度は落胆するも、共に伝わった眼鏡・神通鏡(じんつうきょう)を通して見た場合にのみ読めることを発見し、第1作としてロボット・コロ助を作り上げる。

コロ助を助手として『大百科』を参考にした発明道具作りを続けていたキテレツであったが、一見すると何も書かれていない『大百科』を母親がゴミと間違え捨ててしまう。

必死に捜索も間に合わずに『大百科』は灰となってしまうが、『大百科』に頼らない自力での発明を目指し、キテレツは勉強を始める。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

木手英一  声 – 藤田淑子

通称キテレツ。

発明の大好きな主人公。

祖先から伝わる『奇天烈大百科』に記載された数々の発明品を復元することを趣味としており、ひとたび発明に没頭すると周りが見えなくなる傾向にある。

思いを寄せているはずのみよ子が遊びに来ている時ですら、自分の世界に入ると完全に無視してしまい、相手にされないことに呆れたみよ子が帰ってしまってもまったく気がつかないほどである。

常に神通鏡と黄色のサンバイザーを身につけている。

頭は良いが、あまり努力家タイプではない。

性格は真面目で、友人の信頼も得ている。

当初はコロ助と一緒に騒動の中心となっていたが、次第にブタゴリラなど脇役が騒動の中心となり、発明品を使って様々なトラブルを解決する頼れる存在になる。

発明に関わる知識は豊富で、自分で電化製品や自動車までも修理してしまうほどの腕前を持っているが、必ずしも学業成績には反映されておらず、大百科の説明文を読み忘れたり、相手に説明する際うまく伝えきれないなど、国語は苦手な様子。

小学2年生の頃から近眼になり普通の眼鏡をかけていたが、神通鏡の機能を知ってからはこちらにかけ変えている。

Kマークの入った赤いサンバイザーをいつも被っている。

コロ助  声 – 小山茉美→杉山佳寿子

キテレツこと木手英一の手によって作られた発明品第一号カラクリロボット。

意思や感情を持ち、しゃべることも可能なロボット。

元々はキテレツの先祖である木手奇天烈斎(キテレツ斎)が残した書物「奇天烈大百科」に「からくり人間製法」として記されたもので、キテレツ斎が自分の息子を幼くして亡くした為にその息子をモデルとして作った。

キテレツの手によって「からくり人間製法」を参考にアレンジされる。

自称武士で、一人称は「ワガハイ」、語尾に「ナリ」をつけて話す。

キテレツの発明で鬼と化した際は口調が荒っぽく、語尾に「ナリ」を付けなかった。

身体の構成部品はゴムマリ・風呂桶・掃除機のホースなど。

コロッケが大好物。

キテレツ斎  声 – 肝付兼太

本名は木手英之進。

通称キテレツ斎/奇天烈斎。

ある地方の有名なからくり師・唐栗右ェ門の息子として生まれる。

若き頃、発明家として密航船に同乗。

渡航しようとした際、難破。

そこをフランスの文豪・アレクサンドル・デュマ・ペールの船に助けられた。

以来、デュマのもとで執事として一時期奉ずる。

デュマからの信頼も厚く、Japonet(ジャポネ)の名を贈られた。

江戸帰朝後は自分の数々の発明を奇天烈大百科として記す。

彼の発明品の中には大名の依頼で開発した物まである。

しかし幕末期(1859年)に人力飛行機での飛行を成功させた際、お家断絶に追いやられたことを恨むモーレツ斎の息子の讒言によって「怪しげな術を用いて世間を騒がせた」として捕縛された。

子孫キテレツとは何度か会っており、度々彼らのピンチを救うことになる。

キテレツの母親  声 – 島本須美

美人で、怒ると少々おっかない性格。

息子の発明好きには辟易しており、堅実な人生を歩んで欲しいと願っている。

=”font-size:18px;”>夫とともにコロ助を息子同様に可愛がっている。

料理の腕もよく、特にコロッケの味は絶品だという。

キテレツの父親  声 – 屋良有作

穏和な性格であまり怒らないが、いざ怒ると怖い。

エイト物産の課長。

仕事上、キテレツらの助けを借りることもあった。

小さい頃は、まじめで非の打ち所のない性格だったが、唯一おねしょが欠点だった。

みよちゃん  声 – 荘真由美→本多知恵子

本名は野々花みよ子、通称みよちゃん。

キテレツとは昔からの友達でクラスメイト。

気が強くておせっかい焼きの面があり、キテレツ・ブタゴリラ・トンガリの3人から不服な行動を感じるとすぐに怒る。

キテレツへの好奇心が強く、騒動や旅に顔を突っ込むことも多い。

キテレツの発明には一目も二目も置いており、信頼を寄せている。

特技は料理。

嫌いな野菜はピーマンとタマネギ。

キテレツとは互いに密かに思いを寄せ合っている。

ブタゴリラ  声 – 大竹宏→龍田直樹

本名は熊田薫、通称ブタゴリラ・ブタコレラ・ブタゴジラ。

勘違い・乱暴・三枚目という典型的なガキ大将。

アニメ開始当初は分かりやすい意地悪なガキ大将としてキテレツ・コロ助と敵対することが多かったが、シリーズが進み、キテレツがしっかり者に変わっていくのと同様に次第にキャラクターが変化し、コロ助との掛け合いなどで、天然ボケや国語力の無さによる聞き間違いや誤解で笑いを取るコメディリリーフに変化し、藤子作品のガキ大将の中でも理不尽で強権的な面が薄れると同時にヒーロー的な性格づけによって人気キャラクターとなった。

八百屋に誇りを持っているためか物事を何でも野菜に例えて理解したがり、野菜嫌いは許さない。

トンガリ  声 – 三ツ矢雄二

本名は尖浩二、通称トンガリ・トンガラシ・トラガリ・僕ちゃん・浩二。

面長でつり目なブタゴリラの腰巾着の一人。

別荘を持つほどの大金持ちのおぼっちゃま。

極度なマザコンで、何かにつけて「ママ~」と叫んで泣く。

アニメ版初期は藤子作品定番のズル賢い腰巾着でブタゴリラと共にキテレツ・コロ助と敵対していたが、後に声優が出番を増やすため、台本にない怪しげなアドリブを加えるようになり、同時にブタゴリラに対するツッコミ役としての立場を獲得するようになる。

母親の言うことには絶対服従で、夜遅くまで塾通いをしており学校のクラスの成績はトップである。

視力検査で仮性近視といわれてしまう。

テレビゲーム、ミニ四駆など最新のオモチャを揃えていて、その腕前も達者である。

苅野勉三  声 – 肝付兼太

木手家の隣人の浪人生。

キテレツからは勉三さんと呼ばれている。

詰襟の学生服を着用し、レンズの分厚い牛乳ビンの底のような眼鏡をかけている。

出身は山形県で、純朴な性格。

物語中盤頃から東北弁口調になる。

キテレツをはじめとする子供たちには優しく、ちょっと頼りないお兄さん的存在。

極端な心配性で、傷つきやすくよく落ち込むこともある。

友紀というガールフレンドがいるが、勉三は常に「他の男性に気が向いてしまわないか」「自分が嫌われてはいないか」と思い気を病んでいる。

キテレツの担任  声 – 平野正人

キテレツたちの小学校の担任の先生。

厳しい部分もあるが、優しく生徒思いの先生。

メガネをかけている。

家族思いのマイホームパパで、妻とハートマークのペアルック姿になるほど。

悪戯好きな息子、和馬に振り回されている。

桜井妙子  声 – 瀬戸真由美→小山裕香→久川綾

中期登場のキャラクターで、ゲスト主役。

キテレツたちの元クラスメイトで、お下げ髪の女の子。

ブタゴリラの幼馴染でありガールフレンドで、ブタゴリラは「タイコ」と呼ぶ。

父親が亡くなり、家業の銭湯「さくら湯」の廃業を期に新潟の小学校へ転校する。

転校していった後も度々登場し、セミレギュラーとなっている。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング(第1回~ 第24回)】

【曲名】 お嫁さんになってあげないゾ
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 池毅
【編曲】 山本健司
【歌】 守谷香

【オープニング(第25回~ 第60回)】

【曲名】 ボディーだけレディー
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 林哲司
【編曲】 山本健司
【歌】 内田順子

【オープニング(第61回~ 第86回)】

【曲名】 夢みる時間
【作詞】 吉元由美
【作曲】 林哲司
【編曲】 山本健司
【歌】 森恵

【オープニング(第87回~ 第108回)】

【曲名】 はじめてのチュウ
【作詞】 実川俊晴
【作曲】 実川俊晴
【編曲】 実川俊晴
【歌】 あんしんパパ

【オープニング(第109回~ 第170回)】

【曲名】 スイミン不足
【作詞】 CHICKS
【作曲】 CHICKS
【編曲】 CHICKS
【歌】 CHICKS

【オープニング(第171回~ 第331回)】

【曲名】 お料理行進曲
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 平間あきひこ
【編曲】 平間あきひこ
【歌】 YUKA

【エンディング(第1回~第16回)】

【曲名】 マジカルBoyマジカルHeart
【作詞】 神原冬子
【作曲】 池毅
【編曲】 山本健司
【歌】 守谷香

【エンディング(第17回~第24回)】

【曲名】 レースのカーディガン
【作詞】 松本隆
【作曲】 来生たかお
【編曲】 萩田光雄
【歌】 坂上香織

【エンディング(第25回~第60回)】

【曲名】 コロ助ROCK
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 林哲司
【編曲】 山本健司
【歌】 内田順子

【エンディング(第61回~第86回)】

【曲名】 フェルトのペンケース
【作詞】 岩室後子
【作曲】 来生たかお
【編曲】 山本健司
【歌】 森恵

【エンディング(第87回~第108回)】

【曲名】 メリーはただのトモダチ
【作詞】 実川俊晴
【作曲】 実川俊晴
【編曲】 実川俊晴
【歌】 藤田淑子

【エンディング(第109回~第170回、第213回~第291回、第311回~第331回)】

【曲名】 はじめてのチュウ
【作詞】 実川俊晴
【作曲】 実川俊晴
【編曲】 実川俊晴
【歌】 あんしんパパ

【エンディング(第171回~第212回)】

【曲名】 HAPPY BIRTHDAY
【作詞】 森雪之丞
【作曲】 清岡千穂
【編曲】 藤原いくろう
【歌】 YUKA

【エンディング(第292回~第310回)】

【曲名】 うわさのキッス
【作詞】 工藤哲雄
【作曲】 都志見隆
【編曲】 白井良明
【歌】 TOKIO

キテレツ大百科 無料動画で楽しみましょう♪

キテレツ大百科(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【キテレツ大百科(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!