ミスター味っ子 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 寺沢大介

連載・掲載誌 週刊少年マガジン

掲載期間 1986年40号~1990年4・5合併号

テレビアニメ放送期間 1987年10月8日~1989年9月28日

テレビアニメ放送時間 木曜日 19時30分~20時00分

放送局 テレビ東京系列

話数 全99話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”ミスター味っ子” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

寺沢大介による日本の漫画作品。

1986年の秋から1989年末まで、『週刊少年マガジン』で連載された。

全167話、単行本全19巻、文庫版全10巻。

第12回講談社漫画賞少年部門受賞作品。

後に、テレビ東京系でテレビアニメ化された。

本作を語る上で欠かせないものに、料理を食べた後などの派手なリアクションが挙げられる。

リアクションなど、派手で荒唐無稽な描写が非常に多いが、料理や調理手法自体はごく現実的なもので、実際に再現可能な料理が多い。

ミスター味っ子 DVDメモリアルボックスが2004年から2005年にかけてバンダイビジュアルのEMOTIONレーベルから発売。

2005年より2012年まで、『イブニング』(講談社)にて、陽一の息子である、味吉陽太を主人公とした続編の『ミスター味っ子II』が連載された。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

亡き父が残した日之出食堂を母と一緒に支える味吉陽一のもとに、日本料理界の重鎮、味皇こと村田源二郎が訪れ、そこで陽一の作ったカツ丼に驚くことになる。

味皇に招かれた陽一は、スパゲティ勝負がきっかけとなり、料理人達との美味しい味を求めた勝負に挑戦していくことになる。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

味吉陽一  声:高山みなみ

本編の主人公。

通称「ミスター味っ子」。

年齢14歳。

関陽学院中学の2年生。

第28回と第29回味皇料理会グランプリコンテスト(通称味皇GP)の優勝者。

下町の包宰と呼ばれた父・味吉隆男の跡を継ぎ、日之出食堂の調理を切り盛りする天才少年料理人。

味皇との出会いにより、日本の料理界を背負って立つほどの存在に成長していく。

熱くなりやすい性格だが、料理に関しては、大人に臆することなく立ち向かう。

自らが駆る自転車に「ガンダム号」と名付けたり、ゲームに熱中するなど、中学生らしい一面も見せることがある。

小鼻をピクピクさせると、何かを企んでいるというクセがある。

13代・武生玄斎が作る出刃「神の包丁」の所有者でもある。

味吉法子  声:横尾まり

陽一の母親にして、日之出食堂を料理以外の部分で支える人物。

アニメでは32歳という設定。

東北地方の料亭の一人娘として手伝いをしていたが、当時料亭の料理人であった隆男と駆け落ち同然に家出して結婚し、陽一を授かる。

おっちょこちょいな性格で、食堂の売り上げを失くしたり、お祭りの出店の出店計画を忘れたりなどするが、明るい性格やその美貌で街の人気者である。

連載が進むにつれ若く見えるようになった。

料理においては陽一のことを絶対的に信頼をしているが、陽一が突然抜け出したり、学校の時などは彼女が食堂を切り盛りしており、基本的な腕前はしっかりしている。

味吉隆男  声:大塚芳忠→井上和彦→山寺宏一

ある料亭に料理人として働いていたが、一人娘である法子と恋に落ち、駆け落ち同然で料亭を辞め、日之出食堂を開店させる。

料理の腕前は和洋中全てに精通しており、「下町の包宰」と呼ばれていたほど。

人間としての魅力にも長けており、多くの料理人に影響を与えている。

そのため、日本全国はもとより香港にも弟子がいる。

山岡みつ子  声:川浪葉子

アニメオリジナルキャラクター。

陽一の幼馴染で、日之出食堂の手伝いをしている。

可愛いが気が強く、弟のしげるをいつもどついている。

料理が苦手で、彼女が作る物は悲鳴が出るほど不味く、いつもしげるに試食を拒否されている。

山岡しげる  声:ならはしみき

アニメオリジナルキャラクター。

自称陽一の一番弟子。

姉のみつ子からいつもどつかれていて、時には頭と身体が分離してしまったことがあった。

彼の何気ない一言が料理対決のきっかけになったり、料理の工夫のヒントになることも少なくない。

2人の両親は新聞社勤務という設定で、最後まで登場しなかった。

村田源二郎  声:藤本譲

通称「味皇」。

72歳。

味皇料理会の創始者にして、日本料理界のトップに30年以上も君臨している。

味に対しては一切の妥協を許さないが、その一方で料理人に対しては愛情を見せ、真摯に料理に向き合っていれば年齢・出自を一切問わず、同じ料理に奉仕する者として敬い、また数多くの料理人や市場関係者から絶大な敬愛を受ける。

「味皇ビル」という自社ビルも持っており、そこに数々の料理部門を創設している。

陽一の良きアドバイザーとして、陽一と共に全国を旅することもある。

最後は自身が壁となり、陽一に味比べを挑む。

そこでは料理人としてのすさまじい技量を見せている。

垂目森太郎  声:龍田直樹

味皇の秘書。

連載当初は、味皇のことを「先生」と呼んでいたが、後に「味皇様」と呼称を変えている。

原作では名前が無く、アニメで「森太郎」と設定された。

丸井善男  声:飯塚昭三

味皇料理会イタリア料理部主任。

イタリア帰りのシェフで、味皇料理会で料理セミナーの講師を務めていた。

自身が語るように味皇の直弟子にあたり、得意な料理はパスタ。

その中でも「ミートソーススパゲッティ」を得意としている。

陽一が料理勝負を始めるきっかけとなる料理勝負以降は、陽一の良きアドバイザーとして常にサポートをしていた。

アニメでは陽一の母・法子に片思いしていることもあって、陽一の助手を務めるなど色々協力することが多く「丸井のおっちゃん」と親しまれている。

下仲基之  声:堀内賢雄

味皇料理会フランス料理部主任。

陽一とは何度か勝負して敗れているが、味皇料理会きっての若手料理人で、欧米の料理コンクールを総なめにしたほどの腕前。

料理修行中はフランスやドイツに滞在していた経験を持つ。

フランス料理界の重鎮であるムスタキに師事し、その腕前も評価されている。

13代・武生玄斎が作る出刃「人の包丁」の所有者でもある。

堺一馬  声:鈴木みえ

自称「味の貴公子」(原作)、あるいは「カレーの天才」(アニメ)。

陽一のライバルの一人で、第28回味皇GPにおいては、陽一と「両者同時優勝」を成し遂げる。

性格は多少自意識過剰なところがあるものの、料理の腕に関しては陽一に決して引けを取らない。

その中でも「カレーライス」は得意料理の一つであり、過去に2度陽一とカレー対決をしている。

永田建設の社長(声:広瀬正志)のお抱えの料理人としてだけでなく、六本木、渋谷、麻布に店を構える。

「大阪代表」として第28回と第29回味皇GPにも出場を果たしている。

八重歯(本人は牙だと言う)がチャームポイント。

虫にちなんだ名前の助手がいる(コーロギ、バッタ、ウマオイ、タガメ、ゲンゴロウ)。

「一馬屋」というカレー屋を出店し、陽一とのコンビで様々な味勝負をした。

保育園などにカレーパンを届ける等、慈善事業も行っている。

中江兵太  声:佐々木望

通称「素材の魔術師」(原作)、あるいは「ミスター鍋っ子」(アニメ)。

博多三人衆の一人で「なかえ」の主人。

福岡県博多で自前のお店を持ち、畑で丹精込めた野菜を栽培し、自ら漁にも行くなど、素材に関しては他の追随を許さず、妥協も絶対にしない。

このため彼の店はメニューや用意できる人数などが、その日の成果により全く異なる。

それでも客は彼の料理目当てに詰め掛け、評判は非常に高い。

普段は優しく控え目だが、料理が絡むと勇ましくとことんまで追求を怠らない性格。

正々堂々とした性格でもあり、「僕の料理には秘密なんてない」と初対面の陽一に手の内を明かす器の大きさを持つ。

少年料理人で唯一、陽一に黒星をつけさせた。

劉虎峰  声:飛田展男

古くから皇帝の料理番として劉家の跡取りとして、香港一の名店「小亀楼」の筆頭料理人をも務める。

登場する度に劉家での地位が向上し、第29回味皇GP出場時には、味仙人の筆頭弟子にまで登りつめていた。

性格的には、名門の出身者らしくプライドが異常に高いが、陽一に初めて作って見せた料理が、中国では珍しいとされる「焼き餃子」を披露し、対決にも選んでいる。

味将軍  声:銀河万丈

味将軍グループの総帥。

アニメでは味皇の実弟・村田源三郎がその正体。

和装の兄・源二郎とは違い、マントにタキシード姿。

長兄の源一郎の死後、技と心で源一郎の教えを守る源二郎とは異なり、金と力で料理の道を追究している。

ブラボーおじさん  声:石森達幸

アニメ版では各回のタイトルコールや、料理及び食材の解説役「ブラボーおじさん」として登場。

ストーリー展開に関わらないナレーター役であるため、他のキャラクターと絡むシーンはほとんど無い。

ただし味皇グランプリの時は、レポーターとして登場した。

また時には陽一の味勝負の場に現れ、あまりの美味しさに店の客全員が彼の姿に変身することもあり、黒幕の毛利のトラウマにもなった。

解説の時は、「ブラボー!」または「つつつつ、通!」といいながら登場し、陽一たちレギュラーキャラのSDキャラを交えながら解説をした。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 ルネッサンス情熱
【作詞】 松本一起
【作曲】 国安わたる
【編曲】 矢野立美
【歌】 国安わたる

【エンディング】

【曲名】 心のPhotograph
【作詞】 松本一起
【作曲】 国安わたる
【編曲】 矢野立美
【歌】 国安わたる

ミスター味っ子 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

ミスター味っ子(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ミスター味っ子(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪