マンガ日本経済入門 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 石ノ森章太郎

テレビアニメ放送期間 1987年10月13日~1988年3月29日

テレビアニメ放送時間 火曜日 22時00分~22時30分

放送局 テレビ東京系列

話数 全25話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”マンガ日本経済入門” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1986年11月に日本経済新聞社から出版された石ノ森章太郎作の経済学習漫画。

第33回(昭和62年度)小学館漫画賞と第17回(1988年)日本漫画家協会賞大賞の受賞作で、アニメ化もされた。

1987年の年間ベストセラーの4位を記録し、学習漫画は子供向けというそれまでの常識を覆す大人向けの学習漫画という新ジャンルを開拓して出版界のトピックにもなった。

本作のヒットに便乗して、様々な事象を解説する大人向けの情報漫画や解説漫画が発売される流行も生じた。

各巻ごとに独立した設定で扱う主題も登場人物も異なる。

『マンガ日本経済入門』では商社マン、以下各巻では銀行員、国際会計事務所の会計士、経済企画庁の官僚と国会議員らを中心に話が展開する。

1巻は石ノ森章太郎名義で発表されたが、石ノ森は作画に全くタッチしていない。

1巻が予想外のヒットを飛ばしたことで2巻からは石ノ森が描いている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

経済全般について広範で高レベルな教育を授けるハーバード・ビジネス・スクール(経営大学院)。

その卒業生である松本佐和子は、大手の大平商事に勤務するやり手のキャリアウーマンだった。

同僚の社員・幸枝や戸田とともに、迫る1990年代という時代を見据えたビジネスプランを研鑽している。

円高が導く国内で急進する企業競争、中進国の新興工業経済地域(NIES)の進出、そして税金問題などあらゆる事象が経済戦争の勝敗に影響する要因だ。

急変する時代の中、佐和子のアイデアが会社の今後を大きく変えていく。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 声優 (説明はWikipediaより)

佐和子  声 – 鷹森淑乃

結城  声 – 堀内賢雄

幸枝  声 – 松井菜桜子

津川  声 – 大塚芳忠

戸田  声 – 沢木郁也

美川  声 – 山口健

権藤  声 – 広瀬正志

船岡  声 – 石森達幸

上田  声 – 松本保典

伊達  声 – 北島淳司

アンマリー  声 – 佐久間レイ ほか

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 MANY THANKS ~心のままに~
【作詞】 白峰美津子
【作曲】 Pam Roswell
【編曲】 林有三
【歌】 当山ひとみ

【エンディング】

【曲名】 SWEET SOUL MUSIC
【作詞】 白峰美津子
【作曲】 Pam Roswell
【編曲】 林有三
【歌】 当山ひとみ

マンガ日本経済入門(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【マンガ日本経済入門(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪