ふしぎなコアラブリンキー 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

制作 本橋浩一

テレビアニメ放送期間 1984年7月7日~1984年12月28日

テレビアニメ放送時間 土曜日 18時00分~18時30分 など

放送局 フジテレビ系列

話数 全26話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”ふしぎなコアラブリンキー” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

ぬいぐるみのコアラのブリンキーが動き、主人公の女の子・サンディーと共に活躍するアニメ。

放送当時の日本ではコアラブームが高まっていたこともあり、本作の放送開始からおよそ3か月後に、コアラボーイ コッキィ(テレビ東京系)がスタートした。

キャラクターデザインは、森康二と関修一が初期設定を手掛けていたが、最終的には熊田勇が担当した。

なお、ドロシー・ウォールの童話、『いたずらブリンキー』とは関連はない。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

おしゃまな女の子・サンディーが住む家に届けられた小包。

それは38年前に行方不明になっていた祖父から祖母に宛てて送られたものだった。

中身はコアラのぬいぐるみで、あまりの可愛さにサンディーは自分の鼻とコアラの鼻をコッツンコ。

その途端、ぬいぐるみと思われていたそのコアラはまるで生きているかのように動き始め、人間の言葉すらも話すのだった。

ブリンキーと名乗る彼は超能力を使い大好きなサンディーのため日々奮闘するのだが、水を被ると元のぬいぐるみに戻ってしまう。

そんなブリンキーを連れ戻すため、異次元からコアラの女の子プリンティまでやってきて・・・

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 (説明はWikipediaより)

ブリンキー  声 – 戸田恵子

プリンティー  声 – 三浦雅子

サンディー  声 – 安藤ありさ

ママ  声 – 宗形智子

エリマキトカゲ  声 – 野島昭生

おばあちゃん  声 – 北川智絵

マーク  声 – TARAKO

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 不思議うふふ
【作詞】 石原信一
【作曲】 馬飼野俊一
【編曲】 馬飼野俊一
【歌】 TARAKO

【エンディング】

【曲名】 シャバダバだけど
【作詞】 石原信一
【作曲】 馬飼野俊一
【編曲】 馬飼野俊一
【歌】 古川登志夫

ふしぎなコアラブリンキー 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

ふしぎなコアラブリンキー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ふしぎなコアラブリンキー(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪