The・かぼちゃワイン 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 三浦みつる

連載・掲載誌 週刊少年マガジン

掲載期間 1981年~

テレビアニメ放送期間 1982年7月5日~1984年8月27日

テレビアニメ放送時間 月曜日 19時30分~20時00分

放送局 テレビ朝日系列

話数 全95話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”かぼちゃワイン” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

チビで女嫌いの硬派を自称する青葉春助と、彼に一目ぼれした「エル」こと朝丘夏美のSLコンビが繰り広げるドタバタラブコメディ。

漫画とアニメでは途中から別のストーリーになっている。

文庫本のあとがきに「宮崎美子さんの出演されていたカメラのCMの中で(いまのキミはピカピカに光って)と言うフレーズと映像に強いインスピレーションを受けてかぼちゃワインと言う作品を執筆するきっかけになりました。つまり当時の宮崎美子さんがLのモデルと言う事になりますかね。」と当時CMで流れていた宮崎美子が出演したミノルタ MINOLTA X-7のCMにインスピレーションを受けた事で同作品が誕生した事が語られている。

現在では問題になるような未成年の喫煙や飲酒や裸体のシーンも出てくる。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

転校生の青葉春助が地図を片手にサンシャイン学園中学にのりこんできた。

誰もいないので「一番乗り」と喜んでいると実はこの日は開校記念日で休みである。

がっかりしているところに大型美人のエルこと朝丘夏美が現れる。

エルはチビだがツッパリで根性のある春助がすっかり気に入ってしまった。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 (説明はWikipediaより)

青葉 春助  声 – 古川登志夫

主人公。

サンシャイン学園中等部2年桜組、応援団に在籍。

学園の男子寮に住む。

背は低いが喧嘩は結構強い。

負けず嫌いで意地っ張りな性格から、普段は夏美(エル)を邪険にしている。

幼少時のトラウマから犬と玉ネギが嫌い。

「The・○○!」が口癖。

実家が女性下着専門店であるため、コンプレックスを刷り込まれている。

朝一番で登校して来たサンシャイン学園でエルと出会い、母性溢れる大型美人のエルに圧倒され、うっとうしく思いつつ、内心ではエルに惹かれていく。

実家の家業を自身の恥としており、それを語る事すら嫌がるほど。

朝丘 夏美  声 – 横沢啓子(現・よこざわけい子)

ヒロイン。

サンシャイン学園中等部2年桜組でチアガール部に在籍。

学園の女子寮に住む。

身長が高く大柄なことから、Lサイズにちなみニックネームは「エル(L)」。

転校してきた春助を一途に想い、春助のためならどんな事でもやり通す。

温厚かつ情熱的で、どこまでも前向きな性格。

「アハッ♪」が口癖で、アニメ版のアイキャッチでは毎回「春助く~ん、だ~い好き!」と叫ぶ。

赤井 モン太  声 – 大竹宏

サンシャイン学園の男子寮寮長で応援団団長。

春助の1学年先輩で大柄。

男気を見込んで春助を応援団に誘う。

留年しているため他者より2歳年を取っており、平気で煙草を吹かす。

鶴井 一夫  声 – はせさん治

サンシャイン学園の男子寮に住む細身の応援団員。

モン太の同級生で、彼の子分的存在。

亀山 金太  声 – 佐藤正治

サンシャイン学園の男子寮に住む太目の応援団員。

モン太の同級生で、彼の子分的存在。

早川 小太郎  声 – 鈴木清信、塩屋翼

春助の同級生。

ひ弱で気弱だが、春助に憧れて男子寮に引っ越してくるほど、春助の男らしさを尊敬している。

実家は花屋。

神崎 純香  声 – 鶴ひろみ

サンシャイン学園の女子寮寮長でチアガール部の主将。

夏美の1学年先輩。

部の後輩でもある夏美が人目もはばからず春助と交際しているのを寮長としての立場から最も危惧し、時折、交際をやめるよう諌めていた。

実際にそれが元でテッキンらから懲罰を食らう事もあった。

聖子  声 – 中野聖子

夏美の友人で同級生。

流行に敏感でおしゃべり好き。

髪型がデビュー当初の松田聖子と同じ。

梢  声 – 山田栄子

夏美の友人で同級生。

髪を上で2箇所束ねている。

マコ  声 – 頓宮恭子

夏美の友人で同級生。

体格が良く、女子プロレス同好会に所属。

後にモン太と付き合うことになる。

金小路 鉄男  声 – 銀河万丈

サンシャイン学園の数学教師で、2年桜組の担任。

寮の監督者も兼任している。

一定点数以下の者たちを十把一絡げに扱い、僅かでも口応えする者には鉄拳制裁も辞さない厳格な性格で、「教師には従うべし」「教師には逆らうべからず」を地で行くスタイルの教育観念を持つ。

並みのパンチなら繰り出した相手が逆に手首を痛めるほどの人並み外れた頑強な身体と、そこから繰り出す強烈な鉄拳制裁から、生徒からは「テッキン」の渾名で呼ばれ、恐れられている。

モデルはアントニオ猪木。

愛車はフォード・マスタング。

テストの採点ミスを春助に糾弾されたのを皮切りに、(不可抗力も含めて)トラブルを巻き起こす春助を目の仇にしてはいるが、春助と同じく犬が大の苦手であるのを始め、基本的に似たもの同士でもあるためか、妙に共通点が多い。

ただし、本人曰く「犬が嫌いなのは同じでも、こちらは玉ネギでなく長ネギが嫌い」との事。

青葉 花江  声 – 増山江威子

春助の母。

原宿でランジェリーショップ「女の城」を経営している。

アニメ版では出番が増え、息子に店を手伝わせると必ず苦情が寄せられる事に頭を悩ませる場面がある。

エルの母  声 – 恵比寿まさ子

エルと同様、大柄でふくよか。

顔はエルと瓜二つ。

和風喫茶甘味処「まる」を経営している。

小町  声 – 増山江威子

アニメオリジナルのキャラクター。

サンシャイン学園学生寮に住み込み、生徒へ食事の世話などをしている寮母。

まどか  声 – 鈴木富子

アニメオリジナルのキャラクター。

小町の一人娘で、元気な小学生。

ニタロウ(愛称は「ニタ」)という犬を飼っている。

ニタロウ  声 – 大竹宏

アニメオリジナルのキャラクター。

まどかの飼い犬で春助の天敵。

額にある古傷がトレードマーク。

エルに好意を抱いており、彼女が好意を抱いている原因となっている春助を目の敵にしている。

子犬の頃に車にはねられた(額の古傷はこれによるもの)過去があり、それ以来その車の色と同じ青と白の縞模様のものに嫌悪感を抱いている。

光小路 納言  声 – 三田ゆう子

アニメオリジナルのキャラクター。

元貴族の家系でニックネームは「姫」。

中2でサンシャイン学園に入学したが、それまで科目ごとに専属の家庭教師がおり、学校には一度も通った事がないという正真正銘の箱入りお嬢様。

しかしマイペースかつかなり性格的に押しが強い。

浮世離れした言動をするが、春助を“これぞ日本男児”と見込んで惚れ込み、入学当日に春助の部屋に押しかけて下着姿で迫るなど大胆な行動で周囲を圧倒する。

実はテッキンも彼女が2歳のときに家庭教師をした経験から納言と関わりがあり、その関係で納言には頭が上がらない。

それゆえに彼女の春助への行動を諌めることができなかった。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 Lはラブリー
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 馬飼野康二
【編曲】 いちひさし
【歌】 かおりくみこ

【エンディング】

【曲名】 青葉春助・ザ・根性
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 小林亜星
【編曲】 いちひさし
【歌】 古川登志夫

【エンディング】

【曲名】 Pumpkin Night
【作詞】 松本由佳里
【補作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 小林亜星
【編曲】 いちひさし
【歌】 古川登志夫、横沢啓子

The・かぼちゃワイン 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

The・かぼちゃワイン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【The・かぼちゃワイン(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

『スーパーロボット大戦』の動画ページへ♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の動画ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪