逆転イッパツマン 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 タツノコプロ企画室

テレビアニメ放送期間 1982年2月13日~1983年3月26日

テレビアニメ放送時間 土曜日 18時30分~19時00分

放送局 フジテレビ系列

話数 全58話

[anime-jyou]

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”逆転イッパツマン” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『タイムボカンシリーズ』第6作目

前作『ヤットデタマン』に続いて、巨大ヒーローロボが活躍。

主人公がこれまでの少年少女から青年となり、ドラマもシリアス味が増した作品となった。

主人公のイッパツマンの正体など、視聴者の興味をひこうといくつかの謎をちりばめてシリーズのマンネリを打破しようと工夫がこらされた。

ついには「シリーズ初!悪が勝つ」という後まで語り草となるエピソードを生んでいる。

主人公の声優には、長年シリーズでナレーターを務めていた富山敬が満を持しての登板。

時に20%を越える視聴率を記録し、好評につき放送回数は6話延長された。

うち3回はストーリー本編とは関係のない番外編的なストーリーが含まれていた。

歴代シリーズとしては『ヤッターマン』以来の放送回数の延長であり、マンネリの声も上がりはじめていたタイムボカンシリーズの人気が息を吹き返した作品だった。

土曜18時30分の時間帯も本作で最後になるなど、シリーズの転機となった作品でもある。

富山に代わってのナレーションには鈴置洋孝を起用。

鈴置独特の絶妙な語り口が物語を盛り上げている。

また本作からCM後にアイキャッチが挿入されるようになった。

登場する人物、組織等固有名詞に野球用語が多用されている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

西暦1990年、国際企業番付でトップに立つタイムリース社は、依頼があれば時空を越えて、過去でも未来でも現代でも世界各地に荷物を届ける、「タイム運搬」事業を開始。

一方タイムリース社のすぐそばにある業界第2位の大手・シャレコーベリース社のオストアンデル北部支社は業績絶不調。

会長のコン・コルドーは、支社の重役3人にタイム運搬の妨害を命じた。

重役3人が変身した「クリーン悪トリオ」に襲われたハル坊がピンチ通信を出すと必ずイッパツマンが助けにやって来る。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 (説明はWikipediaより)

豪 速九 / イッパツマン  声 – 富山敬

タイムリース社でメカの整備を担当している20歳の青年。

女性社員たちにとっては憧れの男性で、社員たちからは「豪さん」と呼ばれている。

オープニングの冒頭は、豪が変身する部屋に入るシーンから始まるので、ほとんどの視聴者は、往年のタツノコヒーローを彷彿とさせる謎のヒーロー・イッパツマンの正体と思っていたが、実は容姿こそ酷似していたものの、豪がサイキックウェーブで操るサイキックロボットであった。

しかし、第31話以降からは、豪自らイッパツマンとなって戦う。

とはいうものの、豪自身が変身して以後には、今度は全く違う謎が終盤まで解かれずに残ることとなる。

生まれて間もなく両親に捨てられたところを、ビクトリアナンダースホームの園長に拾われ、幼少時代はそこで生活していたが、その頃からすでに超能力の素質を持っていた。

イッパツマンの戦力となったのも、その素質を見いだされてのことであった。

イッパツマンの主な武器は、アイキャッチにも使われている野球ボール型の武器で投げた後でサイキックパワーで誘導することも可能な「レインボール」と、敵の飛び道具を打ち返したり、攻撃を受け止めるのに用いる「逆転バット」だが、中盤以降はほとんど使用されなくなった。

マシンガンの弾をも跳ね返す硬質フォームラバースーツに身を包み、背中のマントを広げて滑空する。

放夢 ラン  声 – 原えりこ

時間航行輸送メカ「トッキュウザウルス」、「トッキュウマンモス」のメインドライバーを担当する18歳の少女で気が強い。

豪に想いを寄せており、彼にだけはデレデレしてしまう。

その豪からは「ランちゃん」、ヒゲノ部長からは「ラン君」、ハル坊からは「ラン姉ちゃん」と呼ばれている。

塩と砂糖を間違えるなど、料理の腕はイマイチ。

本作は原のデビュー作でもある。

ハル坊  声 – つかせのりこ

タイムリース社に勤務する6歳の少年。

両親はタイムリース社の社員であり、19世紀のオーストラリアに駐在している。

ランとは、いとこ同士で弟分である。

また、ランと豪の恋を応援する。

一人称は主に「オイラ」で、稀に「俺」、ハルカに対しては一人称が「僕」になることがある。

緊急時にイッパツマンを呼ぶためのピンチ通信機を持っている。

2-3  声 – 山本正之

タイムリース社に勤務するロボット。

「トッキュウザウルス」「トッキュウマンモス」のサブドライバー。

三河弁でしゃべり歌が得意で気の利く性格をしているが、お調子者で少々口軽なところもある。

一人称は主に「ワタイ」で、たまに「僕」や「俺(おり)」の場合もある。

胸にテープデッキが内蔵されており、データを読み取ったり音楽を再生することができる。

ムンムンから「ヤカンのできそこない」、コスイネンから「ヤカン人形」とおちょくられている。

『タイムボカン王道復古』でも歴代山本キャラの唯一の善玉キャラとして登場。

星 ハルカ  声 – 幸田直子

第31話よりヒゲノ部長の秘書及び管理主任としてヒネルトジャー支社から赴任した女性。

豪と同じ超能力者であり、新イッパツマンのサポートを行う。

名前の由来は『巨人の星』から。

ランとは対照的な大人の女性として描かれ、豪との息の合ったコンビでランをきりきり舞いさせる。

当然ラン自身はハルカに対して嫉妬の炎を燃やすようになる。

ヒゲノ 濃造  声 – 長堀芳夫

通称ヒゲノ部長。

タイムリース社の技術部長で、豪の上司であり、割に合わない仕事を断ろうとする他の部課長との折衝も行う。

実はサイキックロボット計画の責任者であり、物語後半では実質のイッパツマンチームの指揮官として活躍。

重要な枠柄だが三悪同様、なにかと格好つけようとするがいちいち決まらないギャグ要員でもある。

妻子持ちで家のローンに振り回されるなど、同じ部長のコスイネンと共通点が多い。

終盤ではハルカとの過去が次第に明らかになっていく。

名前の由来は「ヒゲが濃い」である。

豪速九、星ハルカと共に国際平和機構のエージェントである。

若い頃、超能力を見世物にされているハルカと出会い、その後、共にサイキック関連技術の開発に携わるようになる。

しかし、ハルカがコルドーの洗脳を受けていた事には気付かなかった。

結局、自分もハルカの超能力を利用し、彼女の人生を狂わせてしまったという自責の念に駆られ、全てが終わった後、職を辞し、消息不明のハルカを探す旅に出た。

ムンムン  声 – 小原乃梨子

26歳。

チャイナドレスを着こなすスタイル抜群の美女で、若くしてシャレコーベリース社オストアンデル北部支社の支社長になるほど有能だが、ろくな仕事も与えられず最低を記録し続ける支社の業績をなんとか挽回しようと、会長の裏稼業に手を貸し悪戦苦闘している。

北部支社社宅タレメ荘に在住(第6話)。

第4話で通勤中に助けてくれた謎の男性ミスターXに会うのが夢だったが、第25話でそのミスターXが豪速九だと思い込んでしまう。

その後も豪に想いを抱き続けていたが、第46話でその献身的な想いをコルドーと球四郎に利用されてしまい、それをきっかけに豪との関係を半ば諦める。

だが、まだ豪に未練があるらしく第54話では豪とハルカが結婚したと知って動揺したり、第55話では二人の結婚が自分達を欺くための演技と知って喜んだりしている。

コスイネン  声 – 八奈見乗児

シャレコーベリース社オストアンデル北部支社の部長。

30歳。

妻帯者だが、オストアンデル北部支社へは単身赴任中。

そのため、支社長社宅のドブ川向こう側に建つ北部支社独身寮オケイラコーポに間借しており(第6話)、いつも会社に遅刻寸前の日々である。

そば作りが得意なため、「月見(そば)のコスイネン」の異名を持つことが第14話で明かされた。

基本的には名前の通りズル賢い性格だが、第28話で自らサンパツマンに変身してイッパツマンに一騎打ちを挑んだり、第40話では「仲人を務める(部下の)結婚式をぶち壊せるか!」とコルドーに逆らうなど、それなりの気概も持ち合わせている。

謀略面でも同期の男に協力を要請して罠を張る、球四郎の正体を本人にばらし動揺を誘うなど、球四郎の陰に霞みがちだが、歴代の八奈見キャラの中でも屈指の有能な人物として描かれている。

また脱サラ願望もあり「いざとなったら脱サラしてソバ屋をやればいい」といった趣旨の発言が、本人や周囲から何度か聞かれる。

シャレコーベリース社解散後は実際にソバ屋の屋台で日銭を稼いでいた他、ムンムンが想像した50年後のコスイネンは全世界にチェーン展開する立ち食いソバ屋の社長になっていた。

一人称は「アタシ」や「俺」が基本だがごくまれに「ワタシ」や「ボクちゃん」になることもある。

ボタンを押す際には「コスっとな」(または「コスっと!」)と言う。

チャップリンの履く薄汚いドタ靴のような形をした赤い長鼻がトレードマーク。

キョカンチン  声 – たてかべ和也

シャレコーベリース社オストアンデル北部支社の課長。

30歳。

独身。

部長同様、社員独身寮オケイラコーポに間借している(第6話)。

元軍人という経歴のせいか上司に忠実で生真面目な性格であり、セリフも常に「であります」と丁寧口調。

一人称は「自分」または「俺」で、まれに「私」も。

ときどきセリフに関西訛りが出る。

第1話では定時前にオフィスにいてだらけている部下に活を入れるなど、真面目さが顕著だったが、ムンムンやコスイネンと行動するうちに感化されていったのか、回が進むと彼らと同じような生活態度になってしまった。

コスイネンほど顕著ではないが、実はレスリングに転向したいという脱サラ願望がある。

隠 球四郎  声 – 小滝進

第2話より登場したシャレコーベリース社のエリート社員。

若くしてオストアンデル西部支社長を任され、業績は全支社中常にトップ。

キザでニヒルな性格で、ことあるごとにクリーン悪トリオに嫌味を言う。

冷静で狂いのない行動力によって幾度となくイッパツマンを追い詰め、一度はダイヤモンド弾丸で逆転王と初代イッパツマンを完全に倒すなど、真の好敵手と言える実力を発揮した、シリーズ中でも屈指の異色キャラクター。

後半からはギャグ要員に回ることもあった。

根っからのエリートだったが、展開が進むに従って、球四郎自身も見知らない彼の過去と正体が明らかにされていく。

中学と高校を優秀な成績で卒業し、名門ドエリート大学に進学したが、幼少の頃から肥満体型だったことにコンプレックスを抱いていた。

そのため、大学在学中にダイエットを強行するが、無理な絶食で栄養失調に陥り、命を落としてしまう。

葬儀が行われ、墓も建てられたが、コルドーが自分の手駒とするため、球四郎の脳を摘出してアンドロイドボディに移植する事で、サイボーグとして復活させた。

その際に過去の記憶を総て消去され、体型も標準的な筋肉質の体型に変わった。

スパイ000  声 – 鈴置洋孝

球四郎の側近で、超能力を持った産業スパイ。

タイムリース社に潜入してさまざまな情報を球四郎に流していた。

コルドーへの忠誠心は厚く、最終回ではコルドーによって洗脳されたハルカと共闘してイッパツマンを追い詰めるが、トッキュウマンモスの鼻による攻撃により呆気なく沼に転落。

コン・コルドー  声 – 肝付兼太

シャレコーベリース社会長で、本作における悪トリオの親玉、というより黒幕。

67歳。

中国服姿の外観と声からはほとんど想像つかないが、れっきとした女性である。

「いないいないバババー」と現れてはクリーン悪トリオにタイムリース社の営業妨害を行うように指令を下し、定番の台詞を残して去ってゆく。

優秀な社員は厚遇し、クリーン悪トリオなど無能と見なされた者でも実績を上げれば相応に評価するが、実績の上がらない者には月例支社長会議で茶も出さないなど冷遇する。

自分の意に沿わない社員に対しては排除を行い、社員の離反に対しては容赦なく徹底的に処罰する。

正体は地球人の宇宙進出阻止を目論む宇宙人であり、普段は変身術でコン・コルドーに、もしくはミンミンに化けていた。

ミンミン  声 – 土井美加

コン・コルドーの孫娘。

第16話よりオストアンデル北部支社に押しかけ、クリーン悪トリオに同行するようになった。

傍若無人で世間知らずで毒舌で天真爛漫な女の子。

ムンムンにそっくりで、彼女を「お姉さん」と呼んでいるが、姉妹な訳では無い。

羞恥心をあまり感じないのか、人目を気にせずに裸や下着姿でいることもある。

職責として悪トリオと一緒にいるわけではないのでかなり気ままな行動を取る他、会長の一族だけあって金には困らず、金欠のコスイネンとキョカンチンに昼食をおごるなど面倒見が良い。

敵側だがイッパツマンに一目惚れし、時に追い詰められたイッパツマンをかばったり、サインをねだるという描写もあった。

その正体はコン・コルドーの変身した姿。

今井 市郎  声 – 千葉繁

第32話より登場。

マシンフレンド尼崎第三工場長で通称:今市。

巨大メカ製造を担当しており、前期に登場した「メカレスラー」と呼ばれる戦闘メカと後期に登場したスポーツメカを開発し、コスイネンの要請に応じて戦いの現場へ送っていた。

だが、腕前はイマイチのようで、荷物は発送する際にバラバラと部品を落とす(巨大なナットやネジが飛んできて今市が潰される)、大き過ぎてタイムホールに入りきれず巨大な足型メカで無理やり押し込むなどまともに発送されないことがほとんどでその際に「イマイチだな」と言うのがお決まり。

語尾に「でヤス」とつけて話すことが多い。

コスイネンとはお互いに「市っつぁん」、「コッチー」あるいは「コスの旦那」と呼び合う仲だったが、メカの能力や完成度に不満のあるコスイネンと、料金を払ってもらえない今市の仲はだんだんと険悪になっていき、球四郎に「2倍の額を払う」と言われ、コスイネンの発注で製作していたメカを球四郎に渡してしまう。

ささやきレポーター  声 – 富山敬

「あっちでボソボソ、こっちでボソボソ」のフレーズで現れ中継を行う小柄なレポーター。

大柄な小山カメラマンとのコンビで数話にゲスト出演。

トッキュウザウルス / 逆転王  声 – 富山敬

ランたちがタイムワープに使うタイヤのついた恐竜型タイム運搬メカ。

しっぽに繋いだカーゴユニット(トッキュウトレーラー)に積まれた卵形のコンテナにリース品を積み込む。

装甲は頑強で第27話にてコスイネンが対戦車両の特殊閃光弾を、キョカンチンがバズーカ砲をコクピットの特殊装甲ガラスに撃ち込むが、無傷でハル坊が彼らにアッカンベーをしていた。

緊急時には腕と胴体の部分が分離し、イッパツマンが操縦する戦闘機の弾丸ヘッド号と合体して逆転王となる。

胸部のダイヤモンドで空気中のイオンを合成し武器を召喚(または成形)するが、レスラーメカへのとどめはバックブリーカーなどのプロレス技で刺すことが多い。

なお、トッキュウザウルスの残った部分は変形してリリーフドンとなる。

トッキュウマンモス / 三冠王  声 – 稲葉実

使用不能となったトッキュウザウルスに代わって第31話から最終回まで登場したマンモス型タイム運搬メカ。

リース品は背中のカーゴスペースに積みこむ。

車輪駆動だったトッキュウザウルスと異なり四足歩行で進行するが、ホバリングによる走行が可能であり、空を飛ぶことも可能になっている。

弾丸ブースター号と同等の速度で、かなりの長距離を飛行することも多い。

緊急時には銃座、次いで本体上部が分離。

残った本体下部が豪の変身した新(二代目)イッパツマンの搭乗する戦闘機・弾丸ブースター号と合体して三冠王となる。

合体完了時の名乗りも三冠王自身が「三冠王飛来、ここに参上!」と上げる。

イケマスイタチ  声 – 二又一成

クリーン悪トリオ攻勢時、メカ戦優勢時など調子の良い時に、そろばんを弾きながら登場する、関西商人(あきんど)風のイタチ型メカ。

時々、冷やかす場合もある。

女子高生メカ  声 – 原えりこ、横尾まり、青木和代

主にイッパツマン側のメカが登場した際に出る3体の女子高生型メカ。

1982年 – 1983年の放送当時の女子高生に実際に多用されていた話し方をそのまま劇中に取り込んだもの。

また、第28話ではマンガの世界の次元に合わせて赤ん坊化している。

また第52話ではメカでない人間の女子高生トリオが登場した。

おばさんメカ

主にクリーン悪トリオに対しての冷やかしを担当する3体の中高年のおばさん型メカ。

女子高生メカと比較すると出番が少ない。

びっくり主水  声 – 千葉繁

物語中登場キャラが驚いたときに登場するキャラクター。

容姿は頭の上に栗(びっクリ)が載った下駄(たまゲタ)のダジャレで、セリフも「えぇーっ!?びっくりたまげたもんざえもん!」である。

本編に登場するワンポイントキャラ中、登場する頻度が高い。

コン・コルドーがこのキャラのパロディを演じたこともある。

くちびるメカ  声 – 千葉繁

びっくり主水と同様に登場キャラが驚いたときに登場するキャラクター。

大きな口にパッチリ開いた目と短い手足がついた姿をしている。

開いた口の中には必ず「あ」もしくは「え」(エッと驚いたとき)の文字が入る。

アッと驚いたときに現れる。

ごくまれに「い」や「お」の場合もある。

子々竹破多子  声 – 秋山るな

五本指が家族の顔になっている足のキャラクター。

名前とデザインは「はなし→裸足」にひっかけたダジャレ。

物語中で視聴者に説明が必要な場合に登場し、親指(お母さん)が「ここだけの話」と、他の指(家族)や視聴者にだけわかるように解説し、他の指は「うん、うん。」と相づちをうつ。

暗い天使  声 – 小原乃梨子

物語中、「暗い、暗いなー」というセリフとともに、暗い背景をバックにズボン(パンツ)を下ろしてお尻を光らせる。

クリーン悪トリオの貧乏に満ちた暗い哀愁を表現するネクラな性格の蛍風天使型キャラ。

びっくり主水同様、登場する頻度が高い。

オロカブ  声 – 横尾まり

クリーン悪トリオが進退きわまり、あとはやられるだけ、あるいはやられた直後、メカが爆発する寸前に登場する、着物を着たカブ(野菜)型のメカ。

セリフの「愚か…ブ」からもわかるように、「愚か」と野菜の「カブ」を掛けている。

前作『ヤットデタマン』から引き続いての登場。

本作では主に座って肘掛けに肩肘を着き、扇子を掲げるなどさらに退廃的なキャラクターになった。

オープニングで着物が脱げたり、メカ爆発時にパラシュートで降りてきたり、恐竜の卵の中から出てきたり、はては入浴中やレオタード姿のバージョンもあり。

ブタ  声 – 富山敬

おだてブタから発展した雄ブタ型のメカでバリエーションはおおむねことわざがネタ。

主にクリーン悪トリオの冷やかし担当。

また、「スーパーマン」風の格好をした「スーバートンブタ」のバリエーションもあり、OP、EDに登場。

また、第15話ではトッキューザウルスのコクピットにまで登場した。

そりゃソーダ  声 – 龍田直樹

「そうでしょ?」と問いかけると現れ、ソーダを飲み干して顔をソーダ色に染め「そりゃソーダ、ん、ん。」と言って頷く、水夫のキャラクター。

ヤカンメカ  声 – 長堀芳夫

やかんに目がついたメカ。

主にイケマスイタチに続いて出現し、「あかんやかん、あかんがな~」と叫ぶ。

救われないドジョウ

ドジョウすくいをやっているドジョウ。

「スクわれない」というダジャレで、やはり悪トリオがつまづくことを暗示する冷やかしキャラクター。

神父ブタとコンビで登場することも。

結ばれないタコ  声 – 秋山るな

「結ばれない」と言いつつ複数の紐を結ぼうとしているタコ。

ミスターX(豪)に横恋慕しているムンムンが恋愛に対しつまづくことを暗示する冷やかしキャラクター。

第41話のみの登場。

ヤンバルクイナ  声 -土井美加

放送前年の1981年に新種として発見された、沖縄固有の飛べない鳥。

劇中では「ヤンバルクイナ、ヤンバルクイナ」と鳴く。

なにかと格好つけたがるクリーン悪トリオだが、全然決まらない情けなさを表現する冷やかし系キャラクター。

主にギャグが決まらずシビビンに失敗したときに登場し、「飛べない飛べない」などとクリーン悪トリオが自嘲する。

「飛べない」にひっかけたダジャレである。

人間やめておじさん  声 – 肝付兼太

各話の最後にて、クリーン悪トリオがヤケ酒をあおっている時に「人間やめて、どうするの!?」と言って銅鑼をたたく。

「人間やめて何になる!?」が定番コーナーであるため、終盤を除いてほぼ全話に登場した。

ナレーター  声 – 鈴置洋孝

前任の富山敬に劣らぬナレーションは評価が高かった。

また、ごくまれにクリーン悪トリオにツッコミを入れることもある。

次回予告は「絶対に見てくれよ、なっ!」が決め台詞だった。

サブタイトルの読み上げ及びCM後のアイキャッチコールも担当している。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 逆転イッパツマン
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 神保正明
【歌】 やまもとまさゆき、ピンク・ピッギーズ

【エンディング】

【曲名】 シビビーン・ラプソディ
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 神保正明
【歌】 やまもとまさゆき、ピンク・ピッギーズ

【挿入歌】

【曲名】 嗚呼!逆転王
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 神保正明
【歌】 やまもとまさゆき

【挿入歌】

【曲名】 トッキューザウルスの歌
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 神保正明
【歌】 やまもとまさゆき、ピンク・ピッギーズ

【挿入歌】

【曲名】 タイムボカンの歌
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 市久
【歌】 山本正之、サカモト児童合唱団

【挿入歌】

【曲名】 チュク・チュク・チャン
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 市久
【歌】 山本正之、サカモト児童合唱団

【挿入歌】

【曲名】 ゼンダライオン
【作詞】 松山貫之
【作曲】 山本正之
【編曲】 神保正明
【歌】 山本まさゆき

【挿入歌】

【曲名】 オタスケマンの歌
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 神保正明
【歌】 山本正之、少年少女合唱団みずうみ

【挿入歌】

【曲名】 やられソング
【作詞】 コスイネン
【作曲】 山本正之
【歌】 クリーン悪トリオ

【挿入歌】

【曲名】 逆転イッパツマン!3C(スリーコーラス)
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 神保正明
【歌】 山本正之、ピンク・ピッギーズ

逆転イッパツマン 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

逆転イッパツマン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【逆転イッパツマン(最新無料動画はここをクリック)】

色々なアニソンを無料で楽しもう♪

アニメのキャラクター別の人気ランキング♪

色々なゲームの人気ランキング♪

東方Projectに関係する動画♪