機甲艦隊ダイラガーXV 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 八手三郎

連載・掲載誌 テレビランド、てれびくん

テレビアニメ放送期間 1982年3月3日~1983年3月23日

テレビアニメ放送時間 水曜日 17時55分~18時25分

放送局 テレビ東京系列

話数 全56話(本編52話)

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”ダイラガーXV” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

東映、東映動画製作のロボットアニメ。

東映製作によるロボットアニメ路線の通算第7作目。

本作からそれまでの外部会社製作から東映動画の製作に変更した。

ロボットしては過去最多の15機合体と15人のパイロットの存在が本作の特徴である。

物語は『宇宙戦艦ヤマト』を彷彿とさせる宇宙海洋ロマンとなっており、敵であるガルベストン帝国側にもドラマが用意されている。

放送当時よりプラスチックモデルも展開されていた。

放送当時、分離合体可能な玩具としては全高約38cmものプラスチック製の「DX機甲合体」と中型メカのみ分離可能な「DX超合金」が発売された。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

地球人類が宇宙に進出している時代。

友好関係にある地球・ミラ星・サラ星は、各惑星から選抜された安芸マナブら15人のメンバーと、15体合体ロボ・ダイラガーから編成される「ラガーガード」を設立、外宇宙の探索に送り出した。

だが、その行く先には滅亡に瀕した母星を後にし宇宙をさまようガルベストン帝国が立ちはだかる。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 (説明はWikipediaより)

安芸マナブ  声 – 古川登志夫

クウラガーチームのリーダー。

ラガー1のパイロットでありダイラガーのメインパイロットでもある。

中盤では伊勢艦長の新体制において、キーツ、ワルターと共に副艦長を務める事で慎重さも併せ持つようになり、リーダーとして成長していく。

甲斐シノブ  声 – 山本竜馬

ラガー2のパイロット。

内輪もめにおいてはマナブ達のなだめ役に入り、ガルベストン側の襲来に用心する等冷静さも併せ持つような面が見られたが、任務を侮辱された時はマナブともども怒ったり、事情を知らないままヤスオを厳しく叱ったりと直情的な人物である。

ショーター・クロイツ  声 – 塩屋浩三

ラガー3のパイロット。

サラ星出身でラガーチーム1,2を争う長身。

普段はややクールな性格だと思われるが、マナブを信頼している模様で彼に対しては敬語を使う。

自分を守って散った兄を尊敬している(第12話)。

陸奥ヤスオ  声 – 間嶋里美

ラガー4のパイロット。

ハルカとは宇宙学校の同期。

メガネをかけている所から頭脳ポジションと思われるが、頭脳面での活躍が見られるのは第30話ぐらい。

彼もまた血気盛んな性格からマナブの弟分の印象が強い。

パティ・エリントン  声 – 潘恵子

ラガー5のパイロット。

男にも負けない強気な性格でありラガー5の操縦テクニックはマナブも男顔負けと認めている。

だが彼女もまた冷静さを併せ持ち、マナブの制御役だったり励まし役でもある。

ミランダ・キーツ  声 – 堀秀行

ラガー6のパイロットを務めるカイラガーチームのリーダー。

ミラ星出身。

寡黙で冷静な性格で、テレパシーを持っている為そのテレパシー及び第六感が冴えている。

加賀ハルカ  声 – 飯塚はる美

ラガー7のパイロット。

真面目なしっかり者で、洞察力に長けている為他人の心情を察する事が出来る。

その性格故にチームの相談役としても機能しており、中盤以降はマナブとの交流が多い。

サルタ・カッツ  声 – 佐藤正治

ラガー8のパイロット。

サラ星出身で大柄な男。

キーツの事を信頼していて、彼を馬鹿にされると怒る。

出雲タツオ 声 – 大浜靖(現・速水奨)

ラガー9のパイロット。

各チームリーダー以外では唯一の美形。

普段は穏やかで丁寧な性格だが、任務に対しては真面目に打ち込み、任務を否定されると我を忘れて怒る時がある。

ガルベストン側への敵視の姿勢も強く、ラガーガードに収容されたシムに対して最も激しい怒りを見せたが、伊勢の説得とシムの姿を目にして和解し他のメンバーともどもガルベストンの良心について考える姿勢を見せるようになった。

バーロス・カラテヤ  声 – 山口健

ラガー10のパイロット。

ニューヨーク出身でパーマが特徴的な黒人。

楽観的な性格で少し臆病な所もある。

ワルター・ジャック  声 – 森功至

ラガー11のパイロットでリックラガーチームのリーダー。

3人のリーダーの中では最も落ち着きと余裕を持つ大人の男。

冷静な判断を下すリーダーとしての一面を見せる一方でマナブの相手をしたりつるんだりする大人としての余裕も見せる。

家族は両親と弟。

モーヤ・キリガッス  声 – 山口奈々

ラガー12のパイロットでミラ星出身。

ヒロイン3人の中では最も余裕と落ち着きを持つ大人の女性。

同じ星出身故にキーツと仲が良く、また彼同様テレパシー能力と身軽な身体能力を誇り、3人の中ではアグレッシブな一面も見せる。

マック・チャッカー  声 – 田中崇(現・銀河万丈)

ラガー13のパイロット。

ラガーチーム1,2を争う巨体の黒人。

子供に優しい寡黙な性格。

伊豆タスク  声 – 広森信吾(現・拡森伸吾)

ラガー14のパイロット。

お調子者で楽観的な性格。

長門カズト  声 – 大竹宏

ラガー15のパイロット。

現実をやや斜に構えた点から見る所があり、それゆえの批判的な発言は結構的を得ている事が多く事情通でもある。

暇な時はよくポーカーをしているが、腕はイマイチ。

伊勢シンジ  声 – 田中秀幸

ラガーチームのキャプテンであり、ラガー・ガード2代目艦長。

時に厳しく特に暖かく接するキャプテン。

ガルベストン側との交渉を担っていたが第17話から艦長を兼任する事になる。

ガルベストンとの抗戦が決まった後は全力で立ち向かうが、その中でも和平の糸口があればそれに可能性を見出す。

任務の不手際には厳しく叱責するが、明確な目標があっての無断行動には許容の心をしっかり見せる。

ティック・アシモフ  声 – 矢田耕司

ラガー・ガード初代艦長。

どのような行動が戦闘に結びついてしまうのか判断する能力も備える名艦長。

第17話で出羽総司令の補佐官として転属。以降は本部にて他の幹部ともどもラガー・ガードの探査活動を後方で支援する。

第32話にて新連合艦隊の指揮官として伊達司令の後任としてラガー・ガードと合流する。

出羽総司令  声 – 大竹宏

地球軍宇宙要塞の総司令官。

銀河警備本部のナンバー2。

部下の為に体を張る行動から若狭長官ともども部下から不動の信頼を得ている。

指揮官としての腕も十分であり、第27話でガルベストン軍の攻撃を受けるが撃退に成功させており、最終回ではディックから万一の事が合った時の支援艦隊の艦長として登場した。

ソクラット・テレス司令  声 – 戸谷公次

司令官。

穏健派。

ガルベストン側の司令官。

可住惑星を捜索する任務を帯びており、ラガーガードの目的を知ると、穏便な解決を図ろうと考えるようになる。

第21話で上層部の意向より前線司令官を解任されてしまう。

それからドレイクの戦死もあって失意のまま本星へ帰還するが、本星の惨状を目にし、上層部が彼を探査部隊の隊長へ任命した事から再度可住惑星を捜索する事に活路を見い出す。

第33話でルチアーノの死も相まって司令官へ返り咲く。

上層部に反発して独断で第3惑星をラガーガード側に明け渡した事が原因で、司令官の座を解任され、軟禁されてしまう。

第50話でサークにより助けられ、ゲリラ軍の指導者として革命を起こし、勝利を収める。

ルチアーノ司令  声 – 佐藤正治

ガルベストン帝国二代目司令官。

好戦的かつ狡猾。

第22話でテレス失脚の後を受けに就任。

ラガーガードを粉砕する事に執着するが、幹部陣の相次ぐ戦死により徐々に焦るようになり、第31話で前線基地の爆破に巻き込まれて戦死。

サーク  声 – 間嶋里美

ガルベストン帝国王宮警備隊の女性。

ガルベストン本星の窮状に心を痛めている。

テレスが探査隊長へ就任した際、彼の副官へ志願し、以降ドレイクの後を継ぐかのようにテレスの理解者となる。

テレス軟禁後は、市民から反乱軍のリーダーに招かれ、第50話でテレスの救出に成功する。

ソクラット・テス  声 – 蟹江栄司

テレスの父。

ガルベストン帝国の内務長官だったが、第24話でカポネーロ総司令の陰謀により解任される。

ガルベストン帝国の初代司令官。

穏健派。

第22話で失脚した後、第24話で可住惑星探査隊の隊長となる。

コルセール帝

ガルベストン帝国皇帝。

テレス達が尊敬する人物だったが、終盤においてタカ派の人間であり、幹部達の徹底抗戦の意志は彼の意志であった事が判明する。

戦う以外に再起の道はないと他の幹部と同じことを考えているが、それはガルベストンの窮状を理解している故である。

闇打ちに失敗したドランの銃が暴発したことで死亡する(第51話)。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 銀河の青春
【作詞】 藤川桂介
【作曲】 横山菁児
【編曲】 横山菁児
【歌】 川津恒一

【エンディング】

【曲名】 愛をつたえる旅
【作詞】 藤川桂介
【作曲】 横山菁児
【編曲】 横山菁児
【歌】 川津恒一

機甲艦隊ダイラガーXV 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

機甲艦隊ダイラガーXV(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【機甲艦隊ダイラガーXV(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪