手塚治虫のドン・ドラキュラ 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 手塚治虫

連載・掲載誌 週刊少年チャンピオン

テレビアニメ放送期間 1982年4月5日~1982年4月26日

テレビアニメ放送時間 月曜日 19時00分~19時30分

放送局 テレビ東京系列

話数 全8話

温かい食べ物の人気ランキング♪

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”ドン・ドラキュラ” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

現代社会に生きるドラキュラ伯爵の姿をコミカルに描く。

『少年チャンピオン』での手塚漫画としては、『ブラック・ジャック』の次の連載となる。

コメディ色が強く、ラストシーンも殆どがギャグであり、この点はアニメでもそのまま表現されている。

最終回も完結や特別な盛り上がりでなく、いつものドタバタで終了した。

手塚自身も楽しく描いていたと「手塚治虫漫画全集」で語っている。

日本で最短で打ち切りになったアニメ番組と言われている。

打ち切りが原因で放送の期間が1か月にも満たないというケースは、テレビアニメ全体でも稀である。

実質的な最終話となった8話は、漫画版の第1話と最終話をベースに構成された。

打ち切り理由は不人気によるものでは無いのでDVD化等はされている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

吸血鬼の本場トランシルバニアから練馬へと引っ越してきたドラキュラ伯爵だったが、宿敵ヘルシング教授は戦いの決着をつけるためわざわざ来日してくる。

伯爵の愛娘チョコラの通う夜間中学の講師となったヘルシングは、あの手この手でドラキュラ退治を果たそうと詰め寄るが・・・

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 (説明はWikipediaより)

ドン・ドラキュラ伯爵  声 – 内海賢二

その名も高きドラキュラ伯爵。

かなりドジな性格である。

練馬に屋敷を持っている。

魔物として人間に恐れられる存在であろうとするが、文明社会である現代においては、ただの変わった人と道化扱いされてしまうのが悩みの種。

人間を嫌ってはいるが美女には弱い。

日光と水にも弱く、身体が消滅してしまう。

灰を棺桶に納めた後、血、ニカワ、パウダーを入れて3分待つと復活する。

ひょんな事から人助けをしてしまったりする事もある。

娘のチョコラには厳しくあろうとするも、根本的には溺愛しているので、父としての威厳はいささか通用しない様である。

血を吸おうとして失敗してばかりいるなど、ギャグキャラの要素が強まっている。

チョコラ  声 – 島津冴子

伯爵の娘。

人間社会に興味を持ち、高田馬場の人間の夜間中学に通っている。

伯爵はそれを快く思っていないが、彼女のワガママに押し切られ渋々認めている。

日のあたる場所に長くいられないが、つい長居をして灰になってしまい復活させてもらう事もしばしば。

狼女の血も引くため父親と違い水に濡れても消滅しない。

父親同様にマントをまとってコウモリに変身できる。

イゴール  声 – 大山高男

伯爵の召使のせむし男。

醜い外見だが忠実でよく気の付く性格。

馬車の運転、ドラキュラの灰からの復活などあらゆる事でサポートしている。

イゴールのキャラクター自体はヘルシング教授と同様元ネタが存在するが、その外見は手塚のスターシステムにより、『ロストワールド』のグラターンとなっている。

ブロンダ  声 – 片岡富枝

伯爵が日本で初めて血を吸った外国人女性。

かつてはスリムな美人だったが、今はラーメンの食べすぎで…その過去は漫画・アニメとも劇中で明らかになる。

高血圧のため血を吸われても平気らしく、伯爵に血を吸ってもらおうと付きまとう。

リップ・ヴァン・ヘルシング教授  声 – 滝口順平

吸血鬼退治を使命とする、オランダから来た伯爵の永遠のライバル。

イゴールとヘルシングは手塚のオリジナルでなく、ドラキュラを有名にした小説からの翻案である。

持病のイボ痔による多量な出血で慢性の貧血に悩まされているので、人間から血を奪う吸血鬼を憎悪している。

チョコラの通う中学校に教師として着任し、ドラキュラと戦おうとしては大体ドタバタで終わるが、後に伯爵がチョコラのために作ったカンニング道具を商品化しようとしたのがばれて学校をクビになる。

コウモリ安兵衛  声 – 肝付兼太

アニメ版オリジナルキャラの狂言回し役。

場面転換時に登場するだけのキャラだが、作中のキャラとも何度か会話している。

村井警部  声 – 池田勝

ヘルシングの奇行を見るたび怪しいと思い、衝突する警察官。

なお、村井警部のキャラクターは後にスターシステムで他の手塚作品に出演するようになる。

モデルは手塚の娘の学友で、「自分を漫画に出してくれ」と娘に無理に頼み込んで登場させたという経緯がある。

校長先生  声 – 大竹宏

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 パラダイスドラキュラ
【作詞】 高田ひろお
【作曲】 クニ河内
【編曲】 武市昌久
【歌】 内海賢二、こおろぎ’73

【エンディング】

【曲名】 お父さんは吸血鬼
【作詞】 小山高生
【作曲】 武市昌久
【編曲】 武市昌久
【歌】 新倉よしみ、コロムビアゆりかご会、こおろぎ’73

手塚治虫のドン・ドラキュラ 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[anime-5]

手塚治虫のドン・ドラキュラ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【手塚治虫のドン・ドラキュラ(最新無料動画はここをクリック)】

温かい食べ物の人気ランキング♪