ダッシュ勝平 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 六田登

連載・掲載誌 週刊少年サンデー

掲載期間 1979年48号~1982年48号

テレビアニメ放送期間 1981年10月4日~1982年12月26日

テレビアニメ放送時間 日曜日 18時00分~18時30分

放送局 フジテレビ系列

話数 全65話

ダッシュ勝平(5)【電子書籍】[ 六田登 ]

ダッシュ勝平(5)【電子書籍】[ 六田登 ]
432 円 (税込) 送料込
大好きなあかねちゃんが青林高校に転校してきて、なんと青林高校バスケットボール部のマネージャーに就任! 思わず狂喜乱舞する勝平。ところがあかねちゃんに横恋慕した校長の息子・藤堂もバスケ部に入部。校長の息子という立場を利用してやりたい放題の藤堂に振り回される..

ダッシュ勝平(4)【電子書籍】[ 六田登 ]

ダッシュ勝平(4)【電子書籍】[ 六田登 ]
432 円 (税込) 送料込
いよいよ春の選抜大会が始まり、一回戦の相手・ネイスミス学園と対戦することになった青林高校のバスケットボール部の面々。超豪華な設備と底知れぬ実力に圧倒されてしまう立花キャプテンをはじめとした一同。そんな中でただ一人、勝平だけがやる気満々。果たしてどんな試合..

ダッシュ勝平(12)【電子書籍】[ 六田登 ]

ダッシュ勝平(12)【電子書籍】[ 六田登 ]
432 円 (税込) 送料込
卓球部の顧問でカバゴリラこと馬河先生との対立が激化。卓球部を舞台に果てしのない大喧嘩が繰り広げられていく。さらに勝平の想い人・あかねちゃんが卓球部に入部したこともあり、事態はさらにややこしい展開に…。画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

主人公の勝平は高校のバスケットボール部のコーチの女性教師のパンツが純白なのを見てバスケットボール部に入り、その場の機転で続々と秘技を編み出し、難関を突破していく。

バスケットボールを扱った漫画の嚆矢だが、内容は非常にコミカルである。

さらに中盤以降は大きく路線変更をする。

フジテレビ系日曜午後6時枠で放映されたタツノコアニメの中では、1974年の『てんとう虫の歌』以来の、原作付き作品となった。

当初は原作を元にタツノコプロの独自性も出していたが、後に相撲・トライアスロン・ゴルフ・アイスホッケーなど、バスケットボール・卓球・フェンシング以外の競技にも主人公がチャレンジするなどのオリジナル性を持つ。

主人公が女性の純白のパンツを好む設定は原作から引き継がれただけでなく、随所で強調された。

また、パロディーも多く、最終回では長嶋茂雄引退を模したパロディー演出で運動部を引退するシーンがある。

視聴率は15~20%前後をあげ、タツノコプロの1980年代の作品の中でも成功を収めた作品となった。

試合中、勝平がピンチに陥ると、ヒロインあかねのパンチラを目撃する事によって力を回復し、逆転する。

原作にも同様の演出があるが、アニメ版では30分の放送枠のクライマックスにパンチラが登場する「お約束」として頻繁に登場した。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。

ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。

女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。

だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

果たして、勝平の運命やいかに…

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

坂本 勝平  声 – 田中真弓

極度な低身長であるが、高校生離れした運動神経を持つ。

幼少より祖父にスパルタ教育を施され、超人的なプレーを発揮する。

青林高校バスケット部を全国優勝に導いた後、卓球部、フェンシング部などでも活躍した。

純白パンティには盲信的である。

秋 あかね  声 – 津島瑞穂

本作のヒロイン。

純白パンティを着用。

以前は大場と良い仲であったが、青林高校に転校し、バスケット部のマネージャーになる。

中学時代は卓球部であった。

岡崎  声 – 増岡弘

青林高校の教諭で、フェンシング部の顧問。

夏コーチに好意を持っていた。

勝平を問題児扱いしていたが、後に認める様になる。

立花 かおる  声 – 井上和彦

青林高校バスケット部の主将。

良きキャプテンとしてリーダーシップを発揮するが、勝平の奇想天外なプレーにペースを乱される事が多い。

一度、勝平に催眠術をかけられ、犬にされた時もあった。

あかねの父  声 – 嶋俊介

秋家に勝平を居候させる良き人物。

あかねの母  声 – 友近恵子

おっとりとした性格。

彼女の料理は勝平も気に入っている。

奥山(スブリ)  声 – 東美江

卓球部の万年補欠であったが、勝平に才能を見抜かれ、対卓球部戦では勝平側に付く。

その後もフェンシング部にも同行。

最終戦まで残って活躍した、後半での勝平のパートナー的存在であった。

夏かおり(夏コーチ)  声 – 小宮和枝

青林高校バスケット部の顧問で、勝平のクラスの担任でもある。

あかねと同じく、純白パンティを愛用。

美人コーチとして手腕を振るうが、立花同様、ペースを乱されることが多い。

最終的に勝平を主力選手として期待するようになる。

牛山  声 – 長堀芳夫(郷里大輔)

青林高校バスケット部員。

愛称は「リトルジョン」。

タラコ唇が特徴。

狂四郎  声 – 曽我部和行

青林高校バスケット部員。

チーム一の二枚目であるが、さほど活躍しない。

最終決戦前に夏コーチに求婚した。

石山 本願寺  声 – 福士秀樹

青林高校バスケツト部員。

寺の息子で、口癖が「ナンマイダ、ナンマイダ」。

校長  声 – 加藤治

青林高校の校長。

理事長も兼任。

多額の負債を抱え、青林高校の売却を余議なくされたが…。

誠一郎  声 – 大平透

秋家の愛犬で、あかねに好意を持っている。

犬とは思えないほど人間臭く、事ある毎に勝平と対立する。

アニメではシマのトランクスを着用。

のりかず  声 – 二又一成

勝平打倒用に造られた戦闘ロボット。

島田 正午  声 – 千葉繁

青林高校バスケット部員。

ロン毛でバンダナを巻いているが、チーム一存在感が薄い。

大場 博  声 – 村山明

あかねの元彼氏で、勝平のバスケットのライバルとしても度々登場した。

2メートルを超える長身であるが、あっちの方が小さい。

カバゴリラ  声 – 雨森雅司

青林高校卓球部の顧問。

卓球以外にも中国拳法を体得している。

本田  声 – 鈴置洋孝

青林高校卓球部主将。

あかねに好意を持ち、卓球部に引き入れた。

ジョー・コッカー  声 – 内海賢二

謎の人物。

初登場はアメリカ編であるが、アニメではその後勝平たち青林高校バスケット部員と共に映画に出演。

名前は同名のロックシンガージョー・コッカーから付けられている。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 見たいもの見たい
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 はやしこば
【編曲】 川上了
【歌】 KiKi

【エンディング】

【曲名】 青春ダッシュ!
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 はやしこば
【編曲】 川上了
【歌】 KiKi

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

ダッシュ勝平 無料動画で楽しみましょう♪

ダッシュ勝平(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ダッシュ勝平(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!