魔法少女ララベル 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原案 藤原栄子

連載・掲載誌 小学館の学年別学習雑誌

テレビアニメ放送期間 1980年2月15日~1981年2月27日

テレビアニメ放送時間 金曜日 19時00分~19時30分

放送局 テレビ朝日系列

話数 全49話

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”魔法少女ララベル” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

藤原栄子原作の少女漫画で東映動画製作の魔法少女アニメである。

東映魔女っ子シリーズ第9作にあたる今作で、15年に渡って製作された当シリーズは終了となった。

従来の東映動画魔女少女アニメでは、日本を舞台としたものでも、比較的無国籍な要素を持っていたものが多いが、本作は日本の下町を舞台としており、より日本らしさを打ち出しているのが特徴。

ことわざや格言をストーリに織り込んで展開しているのもその一つで、殆どの回で作造おじいさんが取り上げたことわざや格言を語って話を締めくくっていた。

これは前作「花の子ルンルン」での花言葉からの引き継ぎでもある。

後番組「ハロー!サンディベル」は、魔法少女物ではなくなった。

これは、「昔と違い強くなった現代の女の子たちにとって、魔法があこがれの存在ではなくなった」との制作者サイドの判断によるものである。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

魔法の世界で修行に励んでいたララベルは、ある日魔法の道具が入った魔法のカバンを盗み出したビスカスを見かける。

魔法のカバンを取り返そうとするが、ビスカスの使ったフラフープのような魔法の道具により、ともに人間の世界に落ちてしまう。

二つあった魔法のカバンは、それぞれの手の中にあった。

魔法界の常識は通用せず、魔法界に帰ることもかなわず、行き場を失うララベルだったが、情に厚い親切な立花老夫婦に助けられ、立花家に居候することとなる。

老夫婦の孫で、親元に戻ったテル子ことテコ、その親友のトコ(松宮トシコ)とも仲良くなり、人間界で様々な経験を積み、次第に人間界を好きになっていた。

一方のビスカスは、詐欺師まがいの男、落葉を仲間に引き入れ、盗み出した魔法道具も使って、人間界で小賢しい悪事を次々と働く。

しかしどこか詰めが甘く、ララベルの活躍もあってそれらは失敗に終わる。

当然彼らへの世間からの風当たりは強くなり、ビスカスの人間嫌いはますますひどくなっていく。

ララベルが人間界にやってきて一年たち、この日を誕生日代わりに祝ってもらっていたその時に、ビスカスがララベルの持つ魔法のカバンを奪おうと画策する。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

立花ララベル  声 – 堀江美都子

主人公。

駆け出しの魔法使い。

好奇心旺盛で世話好き。

ビスカスの人間界行きに巻き込まれ、下町情緒あふれる咲花町に「落っこちた」。

魔法界での身長は15アンデルセン、体重380グリム、年齢1980ペロー。

人間界では当初小学4年生、8話で小学5年生に進級する。

魔法が使える以外はごく普通の喜怒哀楽に富んだ女の子であり、魔法界にはなかった人間界での様々な出来事や人々の機微にふれ、少しずつ成長していく。

お供にビラ(声 – 松島みのり)という、ちょっと太めの魔法界のオス猫を連れている。

胸の星型のペンダントから魔法のバトンを取り出し、簡単な魔法を使う。

呪文は「ベラルル ベラルル ベララルラ(ー)」だが「ベララルラー」と略すことが多い。

エンディングに印象的なフレーズとして使われている。

ピンク色のワンピースは、ウメおばあさんの手づくり。

ビスカス高林  声 – 田中崇

もう一人の魔法使い。

一見サーカスの団長のような、シルクハットに燕尾服の出で立ちで、茄子の様な顔に、肥満体型の中年男性に見える。

魔法界ではぱっとしない存在であり、人間界で一旗揚げて偉くなろうと魔法の道具を盗み出した。

妨害が入りカバンは一つだけになったが、ともあれ人間界に「潜入」できた。

しかしララベル同様、人間界の理をよく分かっていなかったために、相棒にした落葉のアドバイスもそこそこに、稚拙な計画を実行しては失敗する。

ハイビスカスを刺したシルクハットをかざして簡単な魔法を使う。

主な呪文は「ドロロンパッ!」。

シーべという、スリムな魔法界のネコをお供に連れている。

好物はナルト入りのラーメン。

竹村テルコ / テコ  声 – つかせのりこ

ララベルの親友。

メガネ着用。

立花作造の孫娘。

両親が海外赴任中、立花家に預けられていた。

2話でララベルの正体を知るが、秘密にしている。

思いやりのある優しい少女だが、少々惚れっぽいところがある。

松宮トシコ / トコ  声 – 松島みのり

テコの親友。

僕っ娘。

ララベルともすぐ親しくなる、さっぱりした性格。

両親ともインテリなこともあって、魔法は信じていない。

劇中ではかえで先生とのテニスの時しかスカートは履いていない。

立花作造  声 – 八奈見乗児

ララベルが最初に出会った人間の一人。

頑固者だが情に厚く、咲花町の町内会長を引き受けているなど世話好き。

ことわざなど含蓄に富んだ言葉をよく使う。

主に着物で過ごしている。

立花ウメ  声 – 宮崎恵子

ララベルが最初に出会った人間の一人。

作造おじいちゃんを支える良妻賢母。

主に着物で過ごしているが、スポーツや洋裁もたしなむモダンな一面もある。

落葉積郎  声 – 辻シゲル

ビスカスの人間界での相棒。

咲花町で屋台のラーメンを売っていたところに人間界にやってきたビスカスと出会い、その際ビスカスに壊された屋台を魔法で直すところをみて「マジシャン」と勘違いし、以降先生と呼びビスカスの悪だくみに協力する。

魔法で老人や犬、コウモリなどに変身させられるなど扱いは散々である。

そんなこともあり裏切りもしばしばあったが、心底悪人にはなれないお調子もの。

最終話では自分のためではあるがビスカスを助ける手助けをした。

トレードマークは後頭部の葉っぱで、悪知恵が閃くと現れ、失敗したりがっかりしたりすると落っこちる。

竹村花子  声 – 松島みのり

テコの母親で作造とウメの娘。

教育熱心な一方、ミーハーなところもあるごく一般的な主婦。

竹村竹男  声 – 佐藤正治

テコの父親。

平均的なサラリーマンではあるが、転勤も多い様子。

作品のスタート時も転勤から戻ってきて、立花家に預けていた娘を引き取っている。

由利つぼみ  声 – 中谷ゆみ

ララベルのクラスメイト。

ララベルとは恋のライバルとなる人物。

由利建設の社長の一人娘であり、自分のお金もちを鼻にかける、わがままな娘である。

取り巻きが3人居る。

村木哲也という家庭教師がおり、「お兄さん」と慕っている。

蓮根杉太郎  声 – 龍田直樹

ララベルのクラスメイト。

いがぐり頭のガキ大将。

乱暴者だが根はやさしい。

地域における柔道の有力選手でもある。

蓮根松太郎  声 – 雨森雅司

杉太郎の父親。

花園かえで  声 – 信沢三恵子

ララベルの5年生時の新任クラス担任。

美人でかつテニスやバイクも乗りこなすスポーツマン。

しかしその行動があだとなり父母から抗議を受けた。

児童らとも気まずくなるが、心情を児童たちに伝え「性別に縛られず自分らしくしてほしい」と話すことで、児童らとのわだかまりを解くことになった。

椿森夫  声 – 塩沢兼人

ララベルたちのあこがれの人。

ハンググライダーを始め、テニス、カメラなど多彩な趣味を持つ。

このためビスカスにアイドルスターにさせられそうになりちょっかいを出されたこともある。

48話で両親の待つオーストリアに旅立っていった。

椿幹夫  声 – 田中秀幸

森夫の兄。

つぼみの父親が経営するテニスクラブの専属コーチ。

花園先生の恋人で、大学時代のテニス部部長時代からの縁。

ビスカスの横恋慕で花園先生に嫌われるよう魔法で仕向けられるも、ララベルの活躍でビスカスの悪事がばれて事なきを得る。

佐倉みのる  声 – 鈴木富子

作造の経営する「立花荘」の住人である幼稚園児の男の子。

4話にてララベルとデートの約束をする。

佐倉めぐむ  声 – 川島千代子

みのるの母親。

職業は看護師で、彼女が勤める病院の院長になろうとビスカスは暗躍する。

了然和尚  声 – 清川元夢

宝禅寺の住職でみのるの通う幼稚園の園長。

ビスカスに、魔法で園児たちからの信用を失わせて、園長の座を取って代わろうと狙われる。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 ハローララベル
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 いずみたく
【編曲】 親泊正昇
【歌】 堀江美都子、コロムビアゆりかご会

【エンディング】

【曲名】 魔法少女ララベル
【作詞】 伊藤アキラ
【作曲】 いずみたく
【編曲】 親泊正昇
【歌】 堀江美都子、コロムビアゆりかご会

魔法少女ララベル 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

魔法少女ララベル(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【魔法少女ララベル(最新無料動画はここをクリック)】