鉄腕アトム(第2作) 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 手塚治虫

連載・掲載誌 『少年』(光文社) など

掲載期間 1951年4月号~1968年3月号 など

テレビアニメ放送期間 1980年10月1日~1981年12月23日

テレビアニメ放送時間 水曜日 19時00分~19時30分

放送局 日本テレビ系列

話数 全52話

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”鉄腕アトム” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

旧虫プロダクションで制作した第1作に不満を持っていた原作者の手塚治虫が、手塚プロダクションで新たにアトムの誕生から改めてリメイクするために制作したシリーズ作品である。

第1作が基本的にモノクロ作品であり、再放送や日本国外でも放送されないこともリメイクの理由に挙げられている。

リメイクは6年前より企画されており、1978年より放映が始まった『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』内の手塚治虫スペシャルアニメが好評だったことから本作の企画が実現した。

第1作と同じく、手塚治虫自らが脚本、絵コンテ、演出、原画でスタッフとしても参加した。

第1作よりもアクションシーンがかなり重視されたが、9回に渡って繰り広げられた「アトム対アトラス」のシリーズからも、「心を持つロボット」というテーマは本作でも健在とわかる。

また、手塚治虫自身が脚本、演出を手がけた最後の鉄腕アトム作品でもあり、手塚らしいユーモアのある物語や演出が随所に見られる。

本作では第1話の設定年代は2030年となっており、原作のアトム誕生の年である2003年から変更されている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

遺児トビオの代わりに科学省の天馬博士が完成させた、七つの超能力の少年ロボット・アトム。

だが彼は天馬博士と生き別れになる。

一方、アトムの設計図を元に作られ、さらに人間の持つ悪の心“オメガ因子”を埋め込まれた少年ロボット・アトラスが、ほぼ同時に誕生していた。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

アトム  声 – 清水マリ

本作のアトムのエネルギー源はエネルギーカセットなるものに変更された。

この物体に核融合エンジンの核燃料となる重水素が充填されている。

アニメ第1作の原子力(核分裂)エネルギーから本作では核融合エネルギーへと、アトムの動力源も時代に合わせて変化している。

また、本作では排泄も行い、胸部を開放して廃油を摘出したあとレザーブラストで焼却する。

お茶の水博士:勝田久

ウラン  声 – 菅谷政子

ヒゲオヤジ  声 – 熊倉一雄

天馬博士  声 – 大木民夫

アトムのパパ  声 – 桑原たけし

アトムのママ  声 – 日比野美佐子

田鷲警部  声 – 永井一郎

中村警部  声 – 屋良有作

ケンイチ  声 – 滝沢久美子

四部垣  声 – たてかべ和也

大目玉男  声 – 松岡洋子

ミドリ  声 – 島津冴子

クラスの人気者である女生徒。髪型はツインテール。

アトラス  声 – 北条美智留→森功至

原作に一度だけ登場した同名の、「悪の心であるオメガ因子を持つロボット」の設定を膨らませた、本作オリジナルのキャラクター。

科学者ワルプル・ギス男爵が非合法で入手したアトムの設計図を元にして制作、オメガ因子を取り付けた悪のロボット。

当初はアトムと同様の少年型であり、ギス男爵の命令で悪事を働かされていたが、ロボットを物扱いして虐待するギス男爵が、姉代わりだったリビアンを破壊した際に怒りを覚えて反抗。

その後自分自身を青年型のロボット(モデルは原作版の青騎士で、それをモチーフにした覆面をつけて、馬に乗る描写もある)に改造し、ロボットを虐待している人間への復讐として様々なテロ活動を起こすようになり、アトムとは何度も対決することになる。

劇中ではオメガ因子について「ロボットの悪の心」としか語られてはいなかったが、描写を見る限りでは「悪」というよりは「人間の命令を自分の判断で無視することが出来る能力」といえる。

アトムも含めた通常のロボットはどんな理不尽な命令でも人間には逆らえないが、アトラスは逆らうことが出来る。最後はアトムから受けた借りを返すため、自分の命を犠牲にして宇宙からの侵略者を退け、地球を救った。

リビアン  声 – 横沢啓子

ワルプル・ギス男爵の屋敷にいた侍女ロボット。生まれたばかりのアトラスの姉代わりとなるが、些細な失敗を理由にギス男爵に破壊され、それがアトラスの反乱のきっかけとなる。

後にアトラスによって修復され、アトラスの居城で大切に扱われるが、オメガ因子を持たないため人間に反乱を起こそうとするアトラスを常に止めようとする。

最後はアトラスに寄り添い、共に宇宙に消える。

スカンク草井  声 – 加藤精三

金三角  声 – 峰恵研→滝口順平

四角四面  声 – 屋良有作

金三角の部下。

サルタン  声 – 飯塚昭三

プルートウの主人。

アブーラ博士にプルートウを作らせ、アトムを含む世界の7大ロボットを撃破させようと企む。

なお原作では「チョチ・チョチ・アババIII世」(オリジナル版では「アジン・アババIII世」)という本名が有ったが、劇中では語られなかった。

ハムエッグ団長  声 – 永井一郎

ドロップ3号  声 – 肝付兼太

ダムダム  声 – 玄田哲章

マクスン博士の作った火星開拓用ロボット。

頭に中性子ビームが装備されている。
お茶の水博士は彼の装備されている首が危険だと恐れているばかりにアトムに頼んで、首を取ってしまう。

自分の無くした首を求めて東京中のロボット達を襲い、首狩りを始めてしまう(第1作では、ブロンX。ジェッターマルスのOPに悪役ロボットとして登場している)。

ロビオ  声 – 水島裕

ロビエット  声 – 佐々木由美子

ラード  声 – 中村秀利

ドリル  声 – 安西正弘

プーク  声 – 山本嘉子

プルートウ  声 – 森川公也

リーダー  声 – 若本規夫

ロック  声 – 水島裕

ブラック・ジャック  声 – 野沢那智

ピノコ  声 – 堀絢子

シーザー  声 – 玄田哲章

プーラ  声 – 白川澄子

RP3号  声 – 西川幾雄

ニョーカ  声 – 岡本茉莉

グロッタ共和国で造られた美少女型ロボット。

実はアトムの直前に、科学省の命令で天馬博士が設計・開発した、中性子爆弾内臓ロボットの設計図から製作されており、アトムに非常に近い設計である。

天馬博士はその設計図を没にして封印したが、何者かに奪われてしまい、アトムはグロッタ共和国に潜入、奪還を試みて運命の出会いをする。

アニメ第2作版の最後を飾る、手塚自身の脚本によるオリジナルキャラクターであり、アトムの分身とでも言うべき存在で、悲しくも優しい結末が印象的であった。

但し、手塚自身が当初描いたデザインは「手塚キャラらしくない」というスタッフの意見があり、坂口尚がデザイン、クリーンナップしたものが使われている。

当時監督の石黒昇が主催するアートランドに所属していた美樹本晴彦がこの回の製作スタッフとして参加(本名の「佐藤晴彦」名)しており、ニョーカのデザインは後に『超時空世紀オーガス』のモームにインスパイアされている。

灰戸博士  声 – 千葉耕市

ロボットランドの設立者。

お茶の水博士のライバルの科学者、裏では武器密輸をしていた。

根子股教授  声 – 千葉順二

武蔵野の自然開発工事中止を訴えていた科学者。

自分の死を偽装し、愛猫のチリと同じ赤い猫の仮面を被り工事を止めようとした。

さらに超音波催眠装置を使い東京中の動物を操り暴れさせた。

マクスン博士  声 – 矢田稔

ダムダムの作り主。

お茶の水博士のライバルの科学者である。

ドブロフ博士  声 – 納谷悟朗

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 鉄腕アトム
【作詞】 谷川俊太郎
【作曲】 高井達雄
【編曲】 三枝成章
【歌】 アトムズ

【エンディング】

【曲名】 未来に向かって ~ニュー鉄腕アトム~
【作詞】 手塚治虫
【作曲】 三枝成章
【歌】 ANKH

【特別エンディング】

【曲名】 ウランのテーマ
【作詞】 荒木とよひさ
【作曲】 三枝成章
【歌】 ウランズ

鉄腕アトム 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

鉄腕アトム(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【鉄腕アトム(最新無料動画はここをクリック)】