宇宙戦艦ヤマトIII 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原案 西崎義展

連載・掲載誌 冒険王 など

掲載期間 1974年11月号~1975年4月号 など

テレビアニメ放送期間 1980年10月11日~1981年4月4日

テレビアニメ放送時間 土曜日 19時00分~19時30分

放送局 日本テレビ系列

話数 全25話

★フィギュアの売れ筋順ランキング(毎日更新!)★

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”宇宙戦艦ヤマトIII” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

★『ねんどろいど』の最新商品!★

概要 (説明はWikipediaより)

「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」のテレビアニメ版としては第3作にあたる。

宇宙戦艦ヤマトシリーズの中で讀賣テレビ放送が製作に携わったテレビアニメとしてはこれが最後の作品である(シリーズのテレビアニメ版の第4作『宇宙戦艦ヤマト2199』はMBS製作・TBS系列放送の為)。

西崎義展が前作『宇宙空母ブルーノア』の次に製作した、西崎作品としての『宇宙戦艦ヤマト』シリーズとしては最後のテレビアニメ。

全52話で放送予定されていたが、視聴率が15.4%程度と低迷したため 、放送期間が半年2クールに短縮される。

『宇宙戦艦ヤマト3』との表記も見られるが、ローマ数字での表記が正式である。

なお、テレビシリーズ2作目は、『宇宙戦艦ヤマト2』が正式表記であり、元々のタイトルの表記方法が異なっている。

ただし、パチンコ版の表記はアラビア数字での『宇宙戦艦ヤマト3』である。

本編の放送開始前に、2時間スペシャルの事前番組が制作され、西崎も出演。

上述のように今作は1年(52話)に渡り展開する旨の内容を話していた。

なお、広島テレビでは、広島ローカルのプロ野球中継(広島東洋カープ主催ゲーム)のため放送されなかった。

最終話のラストシーンでは西崎のメッセージが表示され、1982年夏に本作の続編でもある『宇宙戦艦ヤマト 完結編』を公開予定だったが、制作作業の遅れの影響で1983年3月に延期されることになった。

シリーズの設定における本作の年代は、劇中では「23世紀初頭」とナレーションで説明されるのみで、年数は明示されていない。

放送当時には西暦2205年と設定されていたが、『完結編』は西暦2203年と設定される。

この変更により『宇宙戦艦ヤマトIII』は資料により西暦2202年や2205年など複数の記述が存在することになる。

なお前作『ヤマトよ永遠に』は2202年である。

なお、松本零士は、本作終了後のインタビューで「私は、ヤマトという作品に大変愛着を感じているので、この辺でそっと自分の胸の中にしまっておきたいというのが本心」「でも、もし次を作る事になるなら、私の自由にやらせてくれるということでなければ、参加したくない」「そうでなければヤマトは、私の作品ではなくなってしまうと思うから」と述べており、後年の、宇宙戦艦ヤマト裁判の火種はこの時点で既に覗える。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

23世紀初頭、星間国家ボラー連邦と新興帝国ガルマン・ガミラス帝国との間で、銀河の覇権を争う銀河系大戦が勃発。

ボラー連邦の属領バース星をめぐる戦闘で、ガルマン・ガミラス帝国軍の使用した惑星破壊プロトンミサイルが流れ弾となり太陽に命中する。

地球連邦大学のサイモン教授は、太陽で起きている核融合の異常増進に気づく。

このまま進行すれば、1年以内に地球は灼熱地獄となり人類は滅亡し、3年後には、超新星爆発を起こして太陽系自体が消滅する。

観測データと導きだされた結論を地球の危機として警告を発するが、地球連邦政府は事態の深刻さを理解するどころか、サイモン教授を大学から解雇する。

ただ、地球防衛軍司令長官藤堂平九郎は、サイモン教授の警告を重く受け止めていた。

最悪の事態に備え、ヤマトを第2の地球探しの特務艦として、銀河系中心方向に派遣することを決定。

長く艦長代理を務めてきた古代進を正式に新艦長として任命。

補佐役として島大介及び真田志郎を副長に任命。

また、土門竜介、揚羽武ら新人乗組員を乗船させ出航準備を進めさせる。

暁の日本アルプスの雪原から、ヤマトは人類が移住可能な惑星探索に旅立つ。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

古代進  声優 (富山敬)

2193年、出身地である神奈川県三浦半島へガミラスからの遊星爆弾が落下して両親が死亡した上、2199年には兄の古代守が冥王星会戦で行方不明となったことから、ガミラスへの復讐を誓う直情型の性格となった。

それまでは、昆虫が好きで争いを嫌悪する優しい性格だった。

その後、宇宙戦士訓練学校を経てヤマトの戦闘班長に就任し、第一艦橋に座る一方でコスモゼロを駆る。

当初は、兄を連れて帰って来なかったということで艦長の沖田十三を快く思わなかったり、訓練学校の同期生かつ親友で航海班長の島大介と、戦闘と航海のどちらを優先するかで対立したりといったことが多かった。

しかし、島をはじめ真田志郎ら仲間と共にイスカンダルへの航海や戦闘を続け、沖田の人となりに触れたことから、それまで直情的だった性格も改められていった。

後に、沖田の病状が悪化した後は艦長代理を兼任する。

死んだと思われた守とはイスカンダルで再会し、地球への帰還よりスターシャとの愛を選んだ彼を見送る。

復讐を誓ったはずのガミラスとの戦いが終わった後には、戦うことよりも大事なことがあったという結論へ思い至った。

また、森雪とは戦闘や航海を経て惹かれ合い、恋人同士となっている。

島大介  声優 (仲村秀生)

宇宙戦士訓練学校で戦闘班長古代進の同期であり、よき親友。

火星の訓練基地でヤマトによる地球脱出のための特別訓練に勤しんでいたとき、イスカンダルからのメッセージを古代と一緒に受け取り、ヤマトの目的の変更に伴い、地球に両親と歳の離れた弟を残して、航海班長としてイスカンダルへと旅立つ。

その性格は、血気盛んな古代と対照的な優等生タイプで、古代よりも精神的には大人の面が強調されていた。

普段は礼儀正しく温厚で人当たりが良いが、反面与えられた仕事に対する責任感が人一倍強く、ヤマト航海班長として運行計画の進行と船の安全を常に最優先に考えているので、その障害になっていると看做せば、相手が親友であろうが目上であろうが臆することなく立ち向かっていく気骨を持っている。

ガミラスへの個人的な復讐心もあって戦闘に積極的な戦闘班長古代に真っ向から苦言を呈したり、エンジン・マネージメントの遅滞を理由に徳川機関長を罵倒した上、それを窘める沖田艦長に口答えしたり、航海用計器の異常を感知するや否や艦長代理としての古代の指揮権を無視して直ちに停船命令を出したりなどといった行為に、その片鱗がうかがえるが、ある面、頑固で融通が利かない部分が目立つことも多い。

真田志郎  声優 (青野武)

小学生の時、家族で遊びに行った月の遊園地での事故で、姉の命と自らの手足を失う。

以来、彼にとって科学は屈服させるべき傲慢な敵となり、絵画好きの少年は長じて科学畑のプロになった。

ビス一本抜くだけで取り外し可能な義手義足には曰く「切り札」の爆弾を組み込んでいる。

宇宙戦士訓練学校を経て、地球防衛軍の技術士官となる。

古代進の兄、古代守と同期で親友、後には守の弟である進を本当の弟のように思い、彼を公私にわたって手助けする。

地球艦隊にとって最終決戦である冥王星会戦の時は富士山麓の地球防衛艦隊基地・第三ドックの技術長を勤めていた。

古代守が艦長のミサイル艦「ゆきかぜ」を整備したが、この時同艦に地球への帰還性能を保証できなかったと悔やみ、後に古代進にそのことを謝罪した。

このシーンは後に、イスカンダルで古代守が生存していた事を知らされ、「古代守が生きていたって!?」と喜び勇んで艦長室に駆け付けて来る場面に繋がる。

普段沈着冷静な彼には珍しく、親友の無事に驚きかつその喜びを全面に出したシーンであった。

イスカンダルへ向かう航海では、ヤマトの工場長に就任。

科学技術全般に精通していて、波動エンジンを活用した新兵器である波動砲の開発をはじめ、アストロバイク、シームレス戦闘機、空間磁力メッキ等、色々なものを密かに開発した。

また、ガミラス冥王星基地反射衛星砲破壊工作隊指揮、アステロイドシップ計画、デスラー機雷排除、無人宇宙要塞爆破、ドリルミサイル逆転、そしてイスカンダルのスターシアより部品の形で受領したコスモクリーナーDの艦内最終組立てなど、多くの場面でその類稀な独創力と行動力を発揮しヤマトをたびたび危機から救った。

徳川 太助  声 – 古谷徹

加藤 四郎  声 – 神谷明

山崎 奨  声 – 寺島幹夫

土門 竜介  声 – 田中秀幸

生活班炊事科所属。

新人40人の1人。

揚羽 武  声 – 古川登志夫

戦闘班飛行科所属。

新人40人の1人。

平田 一  声 – 曽我部和行

生活班炊事科所属。

坂巻 浪夫  声 – 千葉繁

戦闘班砲術科所属第1砲塔キャップ。

対暗黒星団帝国戦時、イカロス天文台からの乗組員。

加藤四郎と同期。

新人ではないが、劇中では襟に新人隊員の白いラインが描かれているが設定段階からのミス。

小柄な体格が特徴。

仁科 春夫  声 – 村山明

戦闘班砲術科所属第1砲塔射手。

対暗黒星団帝国戦時、イカロス天文台からの乗組員。

加藤四郎と同期。

坂巻とコンビで行動することが多い。

坂巻同様、砲撃手としての実力はかなり高い。

ミサイル全弾迎撃に感動の声を上げた土門と揚羽に対し、「プロは甘くねぇんだよ」と笑っていた。

雷電 五郎  声 – 兼本新吾

航海班航海科所属。

新人40人の1人。

航海班相撲大会チャンピオンの巨漢。

探査機コスモハウンドの操縦担当。

島を尊敬・崇拝しており、失礼な態度をとる人間には先輩であっても容赦しない。

設定では宇宙開発大学付属高校出身。

坂東 平次  声 – 塩沢兼人

工作班技術科所属。

新人40人の1人。

宇宙服操作は下手だが、上陸許可が出た時も修理を優先する真面目な性格。

劇中では真田の助手としての活躍が多い。

赤城 大六  声 – 高山大樹

機関部所属。

新人ではなく、輸送船機関長よりの転属。

「宇宙のトラック野郎」の異名を持つ。

準備稿では京塚ミヤコとのロマンスが用意されていた。

新人ではないが、襟に白いラインが入っている。

幕之内 勉  声 – 稲垣悟

生活班炊事科チーフ。

対ガミラス戦の時からの乗組員。

真田と同期。

大柄な体にサングラスが特徴。

京塚 ミヤコ  声 – 中野聖子

生活班医療科所属看護婦。

第9話で森雪を除く女性乗組員約10名と身重の山上トモ子と共に下艦し、ケンタウロス座駐留警備艇で地球へ帰還している。

サイモン教授  声 – 田中康郎

地球連邦大学宇宙物理学部長。

アメリカ人。

太陽の異常と生物生存期限1年を大統領へ警告するが、大統領は黒田博士の意見を優先したため、藤堂長官に相談する。

第2話で教授職を解任されて帰国した。

黒田博士  声 – 矢田耕司

太陽エネルギー省所長。

サイモン教授の説に異議を唱え、地球連邦大学総長にサイモン教授の解任を求めた。

第8話で太陽冷却制御を試みるが、失敗している。

地球連邦大学総長  声 – 雨森雅司

黒田博士の進言を受け、サイモン教授を解任した。

揚羽 蝶人  声 – 川久保潔

揚羽財閥当主。

揚羽武の父。

惑星探査用のヤマト改造費を出資し、アルプス秘密ドックを提供した。

長官の友人。

武を次期社長にと目論み、ヤマトに搭乗することが決定した武の解任を画策するが、妻の説得でようやく納得し、ヤマトと武の旅立ちを見送ることとなる。

没設定では、アルプスドックを提供する見返りにヤマトの船主を主張し、揚羽一族の反乱を引き起こすことが予定されていた。

揚羽の母  声 – 荘司美代子

病弱ではあるが気丈な女性で、武をヤマト乗組員から解任させようとする揚羽蝶人を命がけで説得し、復帰させてくれた。

土門の父  声 – 矢田耕司

土門の母  声 – 宮崎恵子

土門のヤマト乗艦以前、結婚記念日を祝って太陽旅行に出かけたが、その宇宙船をダゴン艦隊の艦が撃った惑星破壊プロトンミサイルがかすめたため、両親共々死亡している。

そのため、土門はガルマン・ガミラス帝国を恨んでおり、古代とデスラーの和解を素直に受け入れることができなかった。

団 彦二郎  声 – 小林修

宇宙開発気象局一等技官。

宇宙気流に遭遇した際にヤマトに救出される。

揚羽蝶人の知人で、息子の武が立派な戦士になったことに感嘆していた。

ダゴン艦隊の襲撃を受けて死亡するが、「やつらの目的はヤマトだ」と見抜いてヤマトに救助を求めることなく、逆に自分たちにかまわず退避するよう警告した。

デスラー  声 – 伊武雅之

ガルマン・ガミラス帝国総統。

タラン  声 – 矢田耕司

ガイデル  声 – 柴田秀勝

東部方面軍総司令。

階級は提督。

ベムラーゼ  声 – 滝口順平

ボラー連邦首相。

ゴルサコフ  声 – 玄田哲章

総参謀長。

バルコム  声 – 飯塚昭三

第1主力艦隊司令。

階級は提督。

ルダ王女  声 – 潘恵子

長老  声 – 宮内幸平

シャルバート星を治める長老。

ルダ王女の帰還を心から喜んだ。

他のシャルバート人同様、徹底的な非戦闘主義で、ボラー軍の降下部隊の攻撃を受けても、丸腰で戦闘の中止を訴えるのみである。

ナレーター  声 – 納谷悟朗

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 宇宙戦艦ヤマト
【作詞】 阿久悠
【作曲】 宮川泰
【編曲】 宮川泰
【歌】 ささきいさお、ロイヤル・ナイツ

【エンディング1】

【曲名】 銀河伝説
【作詞】 阿久悠
【作曲】 宮川泰
【編曲】 川口真
【歌】 岩崎宏美

【エンディング2】

【曲名】 別離
【作詞】 和田順子、山口洋子
【作曲】 宮川泰
【編曲】 宮川泰
【歌】 堀江美都子

【エンディング3】

【曲名】 ヤマトよ永遠に
【作詞】 安藤ありさ
【作曲】 宮川泰
【編曲】 宮川泰
【歌】 ささきいさお

宇宙戦艦ヤマトIII 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

★トレーディングカードの人気ランキング(毎日更新!)★

宇宙戦艦ヤマトIII(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【宇宙戦艦ヤマトIII(最新無料動画はここをクリック)】