サイボーグ009(第2作) 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 石ノ森章太郎

連載・掲載誌 少年キング など

テレビアニメ放送期間 1979年3月6日~1980年3月25日

テレビアニメ放送時間 火曜日 19時00分~19時30分

放送局 テレビ朝日系列

話数 全50話

★フィギュアの売れ筋順ランキング(毎日更新!)★

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”サイボーグ009″ sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

★リアルタイムな人気ランキングを確認!★

★『ねんどろいど』の最新商品!★

概要 (説明はWikipediaより)

メインライターは酒井あきよしで18本を担当している。

辻真先も第1話を書いている。

スタッフとして、アニメーターの金田伊功(OP)、作画監督の芦田豊雄、演出の高橋良輔(ペンネーム・山口和十八を使用)らが参加した。

本編は「宇宙樹編」、「戦士の休暇編」、「ネオ・ブラック・ゴースト編」からなった。石ノ森の提示によりエッダ(北欧神話)編をベースにした宇宙樹編は、監督の高橋の手に余るという理由で9話で終了した。

「ミュートスサイボーグ編」のアニメ化の構想もあり、石森がラフデザインを描き下し、脚本も3話分の第1稿が完成していたが、実現しなかった。

ここでヘレンの代わりとして考案されたアルテミスのデザインは、2001年版のアニメで使われた。

『宇宙海賊キャプテンハーロック』の終了後に本作が放送された。

本編開始前に、前夜祭と称して、スタジオに石ノ森や声優、一般のファンやキャロライン洋子、南州太郎ほかの芸能人を集めた前宣伝の番組『サイボーグ009前夜祭 アニメでフィーバー!』が2週にわたって放映された。

第1作で変更されたコスチューム・009の髪の色・007の年齢設定も、原作に準ずるものになっている。

ただ加速装置については009のみが装備する特殊能力となり、002は装備しない。

ただしネオ・ブラック・ゴーストのサイボーグの中には、加速装置が装着されていると思わしき描かれ方がされた場面もある。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

主人公・島村ジョーは、ある日謎の男達に捕らえられ、サイボーグに改造された。

世界の影で暗躍する死の商人「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」が、画期的な新商品・サイボーグ兵士の試作品にするため、偶然ジョーを選んだ。

しかし、彼以前に改造されていた8名のサイボーグや、自分達を改造したギルモア博士から事情を教えられ、ジョーは彼らと共にブラックゴーストを脱走する。

ブラックゴーストの野望を知り彼らを阻止できるのは、彼らと同じ力を持つサイボーグ戦士達しかいない。

人の心を持ちながらヒトでも機械でもない存在となった悲しみを胸に、サイボーグ戦士達はブラックゴーストの野望を打ち砕くために戦い続ける。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

サイボーグ009  声優 (井上和彦)

島村ジョー(しまむら ジョー)

18歳。

日本人の母と外国人の父との間に生まれたハーフ。

ゼロゼロナンバーのリーダー的存在。

愁いを帯びた甘いマスクの持ち主。

栗色~金色の髪(おそらくは父親の遺伝)、瞳は黒~茶色、右目(場面によっては左目)が前髪で隠れているのが特徴。

孤児院で育つが、ハーフの孤児を理由に差別や偏見を受けたため、グレて罪を犯し少年鑑別所に送致された。

しかし集団脱走したところをブラックゴーストに拉致され、本人が気を失っている間に改造された。

先に改造されていた7人の技術を結集した完成体で、汎用性に優れ、基礎能力は他のメンバーより高く改造箇所も004と肩を並べるほど多く見かけに反して生身の部分が少ない。

最大の特徴は002=ジェットのものを更に改良した加速装置で、奥歯に仕込まれたスイッチで操作する。

多段式により加速度は可変で、最大加速マッハ5(平成版アニメ)で行動できる。

加速度を使い分けることで敵を翻弄することも可能。

サイボーグ001  声優 (千々松幸子)

イワン・ウイスキー

0歳。

ロシア人。

あだ名は「電子頭脳」。

脳改造によって成人の10倍の脳の働きをもつようになった結果、エスパー能力を身につけた人間の赤ん坊。

メンバーの窮地を救う切り札的存在。

目元を覆った(一部の作品では目が描かれている)短髪の赤ん坊。

ほぼ常時おしゃぶりをくわえている。

能力を発揮している最中は、頭髪で隠れている目が光る。

生まれてまもなく、科学者である父=ガモ・ウイスキーの実験により脳改造を施された。

脳の容量を増やした訳ではなく、人間の日常生活において通常使用されることのない、俗に「ナイトヘッド」と呼ばれる脳の領域を刺激し覚醒させたもの。

テレキネシス、テレパシー、テレポート、サイコメトリー、予知夢、自然治癒力など様々な超能力を持つ。

その能力は必ずしも万能ではなく、初期は意志を持つ者に対してテレキネシスやテレポートを使えないと言う制約もあり、仲間を助ける際は気絶するのを待っていたり、自身の能力で仮死状態にしていた。

サイボーグ002  声優 (野田圭一)

ジェット・リンク

18歳。

シチリア系アメリカ人。

赤系統の髪の毛で長髪。

目の色はグレイで、鳥の嘴のような高く大きな鼻が特徴。

あだ名は本名と読みが同じ「ジェット」。

両脚にジェットブースターを内蔵、マッハ5での飛行能力を持つ。

このため全身が兵器である004=ハインリヒを中心に他の仲間を抱えて飛行・戦闘する場面も多い。

いつでも飛行できるよう、私服時もソール下面に穴が開いた靴を履いている。

高速飛行のためボディの軽量化が図られており、強度の面を多少犠牲にしている。

009=ジョー以外で唯一加速装置を持つが、その性能は009=ジョーに及ばない。

最初期に改造されたため、ゼロゼロナンバーの中では旧式のサイボーグ。

サイボーグ003  声優 (杉山佳寿子)

フランソワーズ・アルヌール

19歳。

フランス人。

金髪蒼眼の美少女で、ヘアバンドが特徴。

その美貌から、有名カメラマンにモデルとしてスカウトされるなど、彼女の美しさに関するエピソードも多い。

元はプリマバレリーナを目指す普通の少女だったが、偶然ブラックゴースト団に目をつけられて誘拐された後、改造された。

レーダー・センサー能力を保有し、4キロ四方の索敵ができる聴覚・50kmを有効範囲に収める遠視力(透視能力も付随)を強化されている。

これらの能力で索敵や脳波通信により戦闘中のナビゲーションを行ない、戦闘をサポートする。

偵察のため、他のゼロゼロナンバーと前線に立つことも多い。

001=イワンを除いたゼロゼロナンバー中もっとも改造箇所が少なく、生殖能力も有している。

パワーも他のゼロゼロナンバーよりは劣っているが、それでも生身の人間と比べると怪力と呼べるレベルであり、大柄な人間程度の重さの物体なら片手で楽々と振り回すことができる。

サイボーグ004  声優 (山田俊司)

アルベルト・ハインリヒ

30歳。

ドイツ人。

あだ名は「死神」。

冷戦時代に旧東ドイツから恋人ヒルダを連れ出すためにベルリンの壁を越えようとするが失敗。

銃撃によりヒルダを失い、自らも重傷を負って昏倒したところをブラックゴーストに連れ去られて改造された。

重傷で生身の体のほとんどが使い物にならなくなっていたと言う理由で、身体機能の大部分が機械化。

生身の部分は生命維持のための最低限度のものしか残っていない。

右手の指はマシンガン(6ミリ=.24口径)、左手は指がダーツ型手裏剣、手の甲の側面はレーザーナイフ、眼球は狙撃能力を強化した照準眼、大腿部にマイクロミサイルを装備、果ては体内にヒロシマ型原爆まで組み込まれている。

戦闘時は最前線で戦うことを主とするが、001=イワンの睡眠時には彼に代わりチームの参謀役としても活躍する。

サイボーグ005  声優 (田中崇)

ジェロニモ・ジュニア(G・ジュニア)

27歳。

アメリカ・インディアン。

あだ名は「アイアンマン」。

褐色の肌、非常に大柄で、髪型はいわゆるモヒカン、顔には入れ墨と思われる赤い線がある。

普段はスカーフや長袖を着こんでいるため人目に曝されることはないが、全身におびただしい数の経緯不明の傷跡が残っている。

インディアンとして差別迫害を受けて定職にもつけず、仲間達が民族のプライドを捨てて見世物じみた仕事についていることに怒り失望していた時に、ブラックゴーストに「仕事がある」とサイボーグ手術されることを隠されスカウトされ改造手術を受けた。

砲弾にも耐える強固な装甲皮膚と、超高出力エンジンと最新式の人工心臓による100万馬力(後に1000万馬力に改造)の怪力を持つ。

サイボーグの発揮しうる馬力を極限まで高めることが目的とされている。

そのため、岩石を投げつけたり、戦車の大砲部分をへし曲げたり、ミサイル弾を拳で打ち落とすなど、素手を最大の武器とした戦闘が目立つ。

サイボーグ006  声優 (はせさん治)

張々湖(ちゃん ちゃんこ)

42歳。

中国人。

あだ名は「もぐら」。

背が低く丸々した体型。

小さな目と丸い大きな鼻、端が丸まった八の字髭が特徴。

元は貧乏な農民で、干ばつのため、生活苦にあえいで首吊り自殺をしようとしたところをブラックゴーストに見つかり、楽な暮らしが出来ると騙されて改造された。

体内に高圧縮エネルギー炉を内蔵し、高熱火炎(もしくは熱線)を口から放射する能力を持つ。

地面をも溶かせ、地中行動も可能。

この能力に応じて、肉体も耐熱性に優れている。

なぜか鼻の部分は取り外しが可能で、他の仲間に鼻を握られたり押されたりして無理やり火炎を噴射させられる描写もある。

火炎放射の能力を、料理や喫煙など日常生活においてもフル活用している。

サイボーグ007  声優 (肝付兼太)

グレート・ブリテン

45歳。

イギリス人(リバプール出身)。

あだ名は「カメレオン」。

禿げ頭で矢印鼻のひょうきんな男。

元は超一流の舞台俳優だったが、酒で身を持ち崩して役者としても駄目になり、浮浪者同然になっていたところをブラックゴーストに目をつけられて拉致され、改造された。

でべそに仕込まれたスイッチを押すことで、自身の細胞の分子配列を変化させることができる。

この機能により、他人はもちろん、消費財以外のあらゆるものに変身可能。

部分的な変身もでき、変身したモノの能力も再現できる。

特に、鳥に変身して空から偵察・尾行する場面が多い。

サイボーグ008  声優 (戸谷公次)

ピュンマ

22歳。

アフリカ出身。

あだ名は「人魚(マーメイド)」または「半魚人」。

人身売買組織の奴隷狩りに遭い逃亡中にブラックゴーストに助けられ、そのまま拉致されて改造された。

深海活動用に改造されたため、両足の裏に噴射口が備えてあり、激流を噴射して水の中で素早く活動できる推進能力や人工のえら、深海の水圧をはじめとする高重圧環境に耐える皮膚と内臓を持つ など、水中活動だけなら他の全員を凌駕する。

体内の酸素ボンベも高性能で、宇宙などの真空中でも他のゼロゼロナンバーよりはるかに長時間活動可能。

アイザック・ギルモア博士  声優 (富田耕生)

63歳。

ユダヤ系ロシア人。

大きな四角い鼻が特徴。

ゼロゼロナンバーを改造したが、ブラックゴーストに造反し彼らとともに脱走、行動を共にするようになる。

ゼロゼロナンバーの良き理解者でもある。

ゼロゼロナンバーと共有する時間が増えるに伴い、感情を示す場面も多くなっていった。

ブラックゴーストの科学者として自分がしてきたことを後悔している。

しかし、自分にとっては子供のような彼らを戦いで死なせたくない意識から、ゼロゼロナンバーをパワーアップのために改造することには躊躇がない。

ブラフマー    声優 (古川登志夫)

ヴィシュヌ    声優 (田中崇)

シヴァ    声優 (戸谷公次)

ネオ・ブラックゴーストの首領。

ヒマラヤの山村を牛耳っていた悪徳行者の息子達である三つ子の兄弟であり、3人とも001の父であるウィスキー博士によって改造された。

頭の一部が透けて脳髄や機械が剥き出しになっているのが特徴で、黒衣をまとい中央が剥き出しになっているのがブラフマー、赤衣をまとい左半分が露出しているのがヴィシュヌ、青衣をまとい右半分が露出しているのがシヴァである。

脳改造は001以上に行われており、001よりも強力な念動力を操る。

三つ子のためか一種の脳内リンクが形成されており、互いに情報を共有することや言葉を交わすことなく意思疎通を行うことが可能だが、兄弟の内、1人が身体にダメージを受けると他の2人もダメージを負ってしまう。

なお、三兄弟のうち末弟のシヴァだけが他の二人と時折意見を違え、単独行動をとることがある。

終盤、聖人であるガンダールとも兄弟(厳密には分身)であることが判明し、彼がダメージを受けた時も影響を受ける。

念動力だけでなく加速装置も内蔵されており、009達が直接戦闘で勝利することは一度も無かった。

劇中では主に黒幕として数々の犯罪や破壊工作を遂行させ、最終決戦の時は合体して009達を叩きのめし、宇宙から人類を催眠電波で支配しようとしたが、ガンダールの捨て身の行動で滅びた。

ガンダール    声優 (中田浩二)

「東洋のイエス」と呼ばれ、戦争や災害に疲れた世界中の人々の心を癒す聖人。

穏やかな性格だが悪を憎む強い心の持ち主である。

容貌がブラフマー達に酷似していたので当初は009達にネオ・ブラックゴーストのメンバーだと疑われた。

正体はウィスキー博士がブラフマー達を改造した際に彼らから取り除いた良心のみの脳髄を、余った肉体のパーツに組み込んで誕生させた人造人間(あくまでも生身の人間で、サイボーグではない)である。

このため、悪のみの脳髄を持つブラフマー達に近づくと互いに激しい苦痛を感じた。

自らの誕生の秘密を知って苦悩するが、009達との交流で自分の「兄弟」との対決を決断し、オーディンに導かれるままに彼等の元に赴く。

最後は合体したブラフマー達に突入して共に消滅した。

ガモ・ウィスキー博士    声優 (大竹宏→渡部猛)

001=イワンの実父で彼を改造した張本人。

イワンの改造直後にその行為を非難する妻エリカを殺害し、ブラックゴーストにスカウトされた。

研究意欲を満たすためにブラックゴーストに加担し、ギルモア博士の説得を振り切って残留し、ネオ・ブラックゴーストの首領3兄弟やオーディンを改造し、更にガンダールを産み出した狂気の、というより研究馬鹿の科学者として登場。

イワンは父との対決に心を痛めることになる。

名前の由来は、喜劇役者マルクス兄弟の一員「ガモ・マルクス」から。

キラードス    声優 (大竹宏)

オーディン    声優 (永井一郎)

『宇宙樹編』に登場したアスガルドの神々の指導者。

自らを「神」と称し、世界各地で様々な災厄や事件を起こして世界を支配しようとした。

正体はウィスキー博士によって改造されたサイボーグで、元々はブラックゴーストの幹部だったようである。

009達に宇宙樹の村まで追い詰められた末に006の火炎放射を浴びて滅びたはずだが、『ネオ・ブラックゴースト編』の終盤に再登場し、ガンダールを利用してネオブラックゴーストを滅ぼすといずこかへ去っていった。

『ネオブラックゴースト編』の後に『ミュートスサイボーグ編』の放送が予定されていたためその首領としての再登場であったが、『ネオブラックゴースト編』で完結したため何者が彼を蘇らせたのか、真の目的など一切は不明。

ロキ    声優 (田の中勇)

トール    声優 (柴田秀勝)

フレイヤ    声優 (吉田理保子)

ナレーター    声優 (野田圭一)

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 誰がために
【作詞】 石森章太郎
【作曲】 平尾昌晃
【編曲】 すぎやまこういち
【歌】 成田賢、こおろぎ’73

【エンディング】

【曲名】 いつの日か
【作詞】 石森章太郎
【作曲】 平尾昌晃
【編曲】 すぎやまこういち
【歌】 こおろぎ’73

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 九つの命
【作詞】 八手三郎
【作曲】 平尾昌晃
【編曲】 武市昌久
【歌】 成田賢

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 ジェットストリーム・ララバイ
【作詞】 石森章太郎
【作曲】 平尾昌晃
【編曲】 武市昌久
【歌】 こおろぎ’73

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 やさしさは勇気 強さは愛
【作詞】 石森章太郎
【作詞補】 保富康午
【作曲】 平尾昌晃
【編曲】 武市昌久
【歌】 成田賢

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 愛の星 フランソワーズ
【作詞】 保富康午
【作曲】 平尾昌晃
【編曲】 武市昌久
【歌】 かおりくみこ

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 母は大地
【作詞】 石森章太郎、成田賢
【作曲】 成田賢
【編曲】 武市昌久
【歌】 成田賢

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 われら戦士 ~戦いのテーマ
【作詞】 保富康午
【作曲】 平尾昌晃
【編曲】 武市昌久
【歌】 こおろぎ’73、ザ・チャープス

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 漂泊(さすらい)のテーマ
【作曲】 平尾昌晃
【編曲】 武市昌久
【スキャット】 佐々木襄

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 闘いは終った
【作詞】 八手三郎
【作曲】 平尾昌晃
【編曲】 武市昌久
【歌】 成田賢、こおろぎ’73

サイボーグ009 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

★トレーディングカードの人気ランキング(毎日更新!)★

サイボーグ009(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【サイボーグ009(最新無料動画はここをクリック)】