宇宙戦艦ヤマト2 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原案 西崎義展

連載・掲載誌 冒険王 など

掲載期間 1974年11月号~1975年4月号 など

テレビアニメ放送期間 1978年10月14日~ 1979年4月7日

テレビアニメ放送時間 土曜日 19時00分~19時30分

放送局 日本テレビ系列 など

話数 全26話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”宇宙戦艦ヤマト” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』のテレビアニメの第2作目。

劇場用アニメ作品『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』のテレビアニメ化作品であり、地球と白色彗星帝国の戦いを描く。

視聴率的には好調で(最高視聴率は1979年1月20日の29.1%)、関連玩具の売上も高くメインスポンサーである野村トーイからはアカデミー製作に放送延長の希望も出されたが、当初から全26話予定であったために放送延長はなされなかった。

テレビアニメ化は『さらば』の劇場公開以前の1978年6月25日に発行された「ヤマトファンクラブ本部」会報第4号で報じられており、『さらば』の劇場公開に間に合わない関係の商品展開をバックアップする目的であったと云われている。

また、『アニメジェネレーション ヤマトからガンダムへのアニメ文化論』では、続編制作のためとの記述もある。

単純に『さらば』が長編化されたわけではなく、設定の細部や結末はそれと異なったものが用意された。

特に異なっているのは結末で、『さらば』では主人公の古代進とその乗艦の宇宙戦艦ヤマトは白色彗星帝国ガトランティスの超弩級戦艦と相討ちの形で滅び去るのに対し、本作では最終的には古代もヤマトも生き残ることになる。

これにより、『さらば』と本作はパラレルワールドという位置付けになり、『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』の後発作品は本作のストーリーを受け継ぐこととなる。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

太陽系外周警備から地球に帰還する途上のヤマトから物語は始まる。

なお「総集編」では、メインの乗組員が全員乗り込んで太陽系外周警備に旅立つところから始まり、第11番惑星で空間騎兵隊を救助した際にテレサのメッセージを受信し、テレザート星へと向かっている。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 (説明はWikipediaより)

古代進 : 富山敬

超巨大戦艦に対する、ヤマトと自身の命を賭けた攻撃を自ら思いつくが、それは沖田十三の教えに反していることも認めていた。

その後、島を連れて現れたテレサによる説得で思いとどまる。

島大介 : 仲村秀生

デスラー艦との戦闘中、ヤマト甲板上で銃撃をうけ宇宙空間に放り出され行方不明となる。

デスラー艦との戦闘以降のヤマトの操舵はアナライザーが担当することになる。

その後、テレサに救助された島は生還する。

真田志郎 : 青野武

都市帝国攻略作戦では、敵の銃撃で義足を破損したため、動力炉にたどりつけなかったが、動力炉の爆破方法を斎藤始に指示していた。

その後、古代と共にヤマトに帰還する。

超巨大戦艦による猛攻を受けたヤマトからの退艦時、古代に「我々はデスラーに見習い、たとえ地球に住めなくなっても生き延びなければならない」と語っている。

佐渡酒造 : 永井一郎

都市帝国戦で死亡せず、ヤマトからの退艦時、古代に「どんな事があっても生き延びよう」と語りかけていた。

土方竜 : 木村幌

地球防衛軍連合艦隊司令長官と兼任の旗艦アンドロメダ艦長として登場する。

ヤマトとアンドロメダは、航路優先権でお互いに譲らずにニアミスする。

その後、古代進はアンドロメダに呼び出され、かつて宇宙戦士訓練学校の教官であった土方に再会する。

連合艦隊を率いて、土星空域で彗星帝国艦隊との決戦に臨む。

斉藤始 : ささきいさお

第11番惑星基地の守備隊長として登場、白色彗星帝国前衛艦隊に敗北し、生存していた空間騎兵隊と共にヤマトに救出される。

都市帝国の動力炉爆破のため斎藤が1人残り、都市帝国動力炉に爆弾を仕掛け起爆させる。

新米俵太 : 三ツ矢雄二

本作のみの登場人物で、ヤマトの新乗組員。

空洞惑星からの脱出方法(重力アンカーを外して波動砲を撃つ)や都市帝国下半部の戦闘機発進口の特定に成功する。

コズモダード・ナスカ : 石丸博也

前衛艦隊司令。

デスラー : 伊武雅刀

前作のラストで、跳ね返されたデスラー砲をあびて死亡したかと思われていたが、本作ではデスラー砲を受ける直前にデスラー艦を自爆させたかのような描写が加えられている。

これによってデスラーの体は爆発の炎に焼かれることなく宇宙空間に投げ出されている。

それが彗星帝国の先遣部隊に救出され、蘇生医療(彗星帝国をして「たとえ死者でも甦らせる」と豪語するほどである)を施されて今作での登場となった。『さらば宇宙戦艦ヤマト』とは違って、白色彗星帝国に同盟国の賓客として迎えられている。

ヤマトとの決戦の際、デスラー砲でヤマトを葬ることを試みるが、瞬時の差でヤマトが小ワープしたために失敗する。

ヤマトはこの小ワープによってデスラー艦に接舷し、決死の白兵戦を挑む。

しかしデスラーはこれを迎え撃ち、デスラー艦こそ大破してしまったものの、巧妙な用兵によってヤマト軍を撃破、タランをして「総統、我々は勝ったのです! ヤマトの戦闘能力はもういくらも残ってはいません!」と述べさせるにいたる。

この戦いの最終場面で、デスラー艦に侵入してきた古代進と対峙し、一騎打ちの様相を呈するけれども、実はその時に古代はすでに重傷を負っており、銃を発射することすらできずに倒れ伏す。

倒れた古代をかばって自分に銃を向ける森雪の行動と愛情に心を動かされ、地球と戦ったのはガミラス民族の存亡のためであり、侵略と略奪を繰り返す白色彗星帝国に比べれば、自分の心情ははるかに地球人に近いことに気付き、矛を収める。

そして、森雪に対してガミラス本星戦を暗喩的に持ち出して都市帝国本体の攻略方法を教え、去っていく。

タラン : 矢田耕司

デスラーの側近。

キャラクターデザインが『宇宙戦艦ヤマト』『さらば宇宙戦艦ヤマト』とは変更されており、以後のシリーズにおけるタランの容貌として踏襲されている。

テレサ : 岡本茉利

反物質を操ることができる超能力者で、青いドレスを着用している。

島大介と恋愛関係になるほか、宇宙空間で救助した島に輸血し、看護するシーンがある。

超巨大戦艦に対してヤマトと自身の命を賭けた攻撃を行なうことを決意した古代の前に、島を連れて現れ「勝って帰るより、負けて帰るほうが勇気のいる行為」と、止めるように説得。

そして自分の愛した島を地球に連れて戻って欲しいと、古代と雪に預け、自ら操る反物質と共に超巨大戦艦を消滅させる。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 宇宙戦艦ヤマト
【作詞】 阿久悠
【作曲】 宮川泰
【歌】 ささきいさお、ミュージカル・アカデミー

【エンディング】

【曲名】 テレサよ永遠(とわ)に
【作詞】 阿久悠
【作曲】 宮川泰
【歌】 ささきいさお、フィーリング・フリー

宇宙戦艦ヤマト2 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

宇宙戦艦ヤマト2(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【宇宙戦艦ヤマト2(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪