キャプテン・フューチャー 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 エドモンド・ハミルトン

連載・掲載誌 SFマガジン

掲載期間 1966年~1967年

テレビアニメ放送期間 1978年11月7日~1979年12月18日

テレビアニメ放送時間 火曜日 19時30分~20時00分

放送局 NHK総合

話数 全53話

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の一覧ページへ♪

無料でアニメ動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

[csshop service=”rakuten” keyword=”キャプテン・フューチャー” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

エドモンド・ハミルトンにより書かれたスペースオペラのシリーズであり、その主人公であるカーティス・ニュートンの別名である。

NHKにより、未来少年コナンに続く連続アニメ第二弾としてアニメ化され、1978年11月7日から1979年12月18日まで52回にわたり放映された。

制作は東映動画(現・東映アニメーション)。

原作の1作品分を30分×4回で描く形式で、全52話で13作品、さらにスペシャル版1話を入れると14作品がアニメ化された。

デザインや演出に、当時、一大ブームが起きていた『2001年宇宙の旅』や『スター・ウォーズ』、『宇宙戦艦ヤマト』などの影響が見られた。

当時、同じエドモンド・ハミルトンの小説『スターウルフ』を原作とした同タイトルの実写特撮番組も放送されていた。

脚本の辻真先によるとNHKから現代の科学に合うように脚色するよう求められたという。

キャラクターデザインの野田卓雄によると、カーティス・ニュートンのデザインは、映画俳優ロバート・レッドフォードをモデルにしているという。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

キャプテン・フューチャーとフューチャーメンと呼ばれる3人の仲間たち(サイモン、グラッグ、オットー)が愛機である宇宙船コメット号を駆って繰り広げる、悪との戦いと冒険が描かれる。

記事の引用元はここをクリック

[anime-2]

登場人物 (説明はWikipediaより)

キャプテン・フューチャー  声優 (広川太一郎)

主人公。

太陽系最大の科学者にして冒険家、最高の宇宙船操縦士。

本名カーティス・ニュートン。

身長6フィート4インチ(1メートル93センチ)。

目は灰色。

赤髪。

日焼けした肌をしている。

左手の指にはめた太陽系の九惑星を象った指輪(内蔵された超小型原子力モーターで、現実の天体の運行と合わせて宝石が動く。

その動きを利用して催眠術をかけることもできる(「恐怖の宇宙帝王」事件より)アニメ版では9つの宝石を嵌め込んだ腕時計状のメダルに変更されている)がキャプテン・フューチャーの証であり、これを提示すれば太陽系内のあらゆる施設・設備はその扉を開く。

普段は飾り気のない灰色(あるいは褐色)の合成絹(シンセシルク)製のジッパースーツを着て、タングスタイト製のベルトのホルスターに使い込んだプロトン・ピストルをさしている。

科学者だった父ロジャーとその妻エレーヌは、その研究を悪漢ヴィクター・コルボに狙われ、月のチコ・クレーターに逃れた。

ジョーン・ランドール  声優 (増山江威子)

惑星警察機構第3課の女性諜報員。

カーティスに愛情を抱く。

キャプテン・フューチャーを「カーティス」と呼ぶ数少ない人物。

キャプテン・フューチャーと初めて出会った時点で、惑星警察に入ってから4年ほど経過している。

グラッグ   声優 (緒方賢一)

フューチャーメン。

ロジャーとサイモンの研究成果である「人造生命第一号」。

親水コロイドメタルの頭脳と金属繊維の神経、非伝導性鋼鉄のボディに光電管の目を持つ、身長7フィート(2メートル10センチ)の剛力無双のロボット。

銅を主燃料とする体内の超小型原子炉で動いている。

両手指の先のアタッチメントを交換して、工具(モーターツール)として使用できる。

オットーから誕生日プレゼントとしてアタッチメントのセットをもらったことがある。

オットーを「ゴム人形」と罵り、四六時中喧嘩ばかりしているが、心の底ではオットーをかけがえのない相棒と思っており、オットーの人間そっくりの外見に羨望の念を抱いている。

けっこうセンチメンタルな一面も持つ。

月犬のイイクがペット。

アニメ版では褐色の体の、ロボット然とした無骨な姿で描かれている。

オットー   声優 (野田圭一)

フューチャーメン。

ロジャーとサイモンの研究成果である「人造生命第二号」。

合成樹脂製アンドロイドで、純白の皮膚と緑の目を持ち、まつげも含めて体毛はない。

せっかちで、退屈が大嫌い。

変装の名手で、各種染料や薬品からなる変装キットはベルトのケースに一式が収められている。

人間に似た代謝系を持つが、主食は化学薬品をブレンドしたもの。

もっとも人間の食べ物も問題なく食べられる。

一度、ラジウム・ハイボールを飲み過ぎて泥酔するという失態をやらかし、サイモンにみっちり絞られたこともある。

グラッグを「ブリキ人形」と呼んで怒らせるが、やはりグラッグのためなら命を懸けることも厭わず、いざという時には抜群のチームワークを発揮する。

ひそかにグラッグの怪力無双をうらやましく思っている。

けっこう寂しがり屋で純情一途な面もある。

隕石モグラのオオグがペット。

アニメ版ではランニングシャツに船員帽姿の、アニメの船員のような姿に描かれている。

サイモン・ライト教授  声優 (川久保潔)

フューチャーメン。

別名「生きている脳」。

元はニュートン夫妻の研究仲間だった高名な科学者。

死期が近づいた際に、脳を摘出して、漿液(培養液)入りの透明金属のケース(視聴覚センサーと発声回路付き)に収め、以後はそれだけで生存している。

最初は自力移動はできなかったが、簡単なタイヤ式の機械仕掛け(「太陽系七つの秘宝」事件)を経て、カーティスの手で磁力牽引ビームを装備され(「謎の宇宙船強奪団」事件)、自力飛行や物を分解・組み立てることが可能となる。

以後行動派に転向、「体」の小ささを生かした隠密行動や潜入工作で活躍する(アニメ版では第一話から飛行可能)。

カーティスに対しては父親のように接し、彼を「坊や(ラッド)」と呼ぶ。

フューチャーメンの顧問的存在。

ケン・スコット  声優 (井上和彦)

フューチャーメンに憧れている地球人の少年。

エズラ・ガーニー  声優 (岸野一彦)

ベテラン捜査官。

惑星警察機構第4課(通称、惑星パトロール)司令でジョオンの実質的な上司。

口ひげをたくわえているため、時に「キャプテン・フューチャー」の発音が「キャプ・ン・フューチャー」と聞こえることがある。

かつて太陽系随一と畏れられた宇宙海賊ファルコンの実兄。

カシュー主席  声優 (神太郎)

初代太陽系政府主席。

キャプテン・フューチャーを呼び出す、北極の宇宙灯台(チコ・クレーターの研究所から常に監視している)を点灯させる権限を持つ太陽系唯一の人物。

秘書アニー  声優 (中谷ゆみ)

太陽系政府主席秘書官。

後にカシューの後を受け第二代主席。

ナレーション  声優 (神太郎)

予告ナレーション  声優 (野田圭一)

その他 – 柴田秀勝、戸谷公次、加藤修、矢田耕司、杉山佳寿子、北川米彦、潘恵子、古川登志夫、八奈見乗児、山田俊司、田中崇、水島裕、吉田理保子、八木光生、関根信昭、田の中勇、矢田稔、神谷明、佐藤正治、川島千代子、村山明

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 夢の舟乗り
【作詞】 山川啓介
【作曲】 大野雄二
【編曲】 大野雄二
【歌】 ヒデ夕樹

【エンディング】

【曲名】 ポプラ通りの家
【作詞】 山川啓介
【作曲】 大野雄二
【編曲】 大野雄二
【歌】 ピーカブー

キャプテン・フューチャー 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

キャプテン・フューチャー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【キャプテン・フューチャー(最新無料動画はここをクリック)】

色々なゲームの人気ランキングはここをクリック♪

『スーパーロボット大戦』の動画ページへ♪

ウマ娘の『うまぴょい伝説』の動画ページへ♪

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪