アローエンブレム グランプリの鷹 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原案・監修 保富康午

テレビアニメ放送期間 1977年9月22日~1978年8月31日

テレビアニメ放送時間 木曜日 19時00分~19時30分

放送局 フジテレビ系列

話数 全44話

[csshop service=”rakuten” keyword=”グランプリの鷹” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

いわゆるスーパーカーブームを受けてこの1977年秋(10月初頭前後)には、カーレースアニメだけで『激走!ルーベンカイザー』『とびだせ!マシーン飛竜』『超スーパーカー ガッタイガー』そして本作と4本も同時に放映され、文字通りの競争状態となった。

このうち、半年以上続いたのは『グランプリの鷹』だけで、残り3作は半年で放映終了した。

本作はリアルさにこだわった描写やそのドラマ性で確実に視聴者の心を掴み、本来の予定だった2クール以降の延長を成し遂げた。

しかし、延長決定時期が遅かったこともあり、2クールまでのスタッフの殆どが他のアニメ制作へと移ってしまい、スタッフが入れ替わったことで、F0(エフゼロ)以降のイメージが変わった。

DVDボックスの資料の中でもかかれているが、本来の最終回となる予定だった回で、ラリーを走りきった後、ゴールを過ぎても走り続ける鷹也の姿を、エンディングで歩き続ける鷹也の哀愁漂う背中につなげる筋書きだった。

当時としては珍しく大人の雰囲気を持つアニメだった。

8輪の化け物マシン・トドロキスペシャルや、宮川泰が手がけた哀愁溢れるEDが特徴的である。

また実在のレーサーで番組放送当時に第一線で活躍していたニキ・ラウダ(作品中ではニック・ラムダ)やマリオ・アンドレッティらが物語世界の中に登場、リアル嗜好に拍車をかけると共にモータースポーツ、中でもF1の世界観を当時の子供たちに近づけた功績もある。

またポピーが発売したトドロキスペシャルをはじめとした本作の玩具は、同社の普段てがけているキャラクター玩具と比べると作品同様、リアル指向である。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

レース中の事故により、一度はレースの道を断念した轟鷹也。

だが、今一度香取レーシングチームのドライバーとして、苦難や挫折を味わいながらも自身の経験、テクニックをマシンの設計に反映させながら、トドロキスペシャルなどで名うてのレーサー達を相手に世界のレースを戦っていく。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

轟鷹也(声:富山敬)

逢瀬すず子(声:小山まみ)

逢瀬半五郎 / 鷹也のおばあさん(声:野沢雅子)

逢瀬たま(声:坪井章子)

 

大日方勝(声:野田圭一)

香取梨絵(声:吉田理保子)

佐々木課長(声:緒方賢一)

ニック・ラムダ(声:徳丸完)

 

車大作(声:柴田秀勝)

香取豪一郎(声:久松保夫)

ケン大坪(声:はせさん治)

ハンス・ローゼン(声:古川登志夫)

パット・クラーク(声:山口奈々)

イザベル(声:川島千代子)

 

ナレーター / 鷹也のおじいさん(声:矢田耕司)

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 グランプリの鷹
【作詞】 保富康午
【作曲】 宮川泰
【編曲】 宮川泰
【歌】 水木一郎、フィーリング・フリー

【エンディング】

【曲名】 レーサーブルース
【作詞】 保富康午
【作曲】 宮川泰
【編曲】 宮川泰
【歌】 水木一郎

【挿入歌】

【曲名】 太陽に走れ
【作詞】 保富康午
【作曲】 宮川泰
【編曲】 武市昌久
【歌】 水木一郎

【挿入歌】

【曲名】 ちいさな思い
【作詞】 保富康午
【作曲】 宮川泰
【編曲】 武市昌久
【歌】 堀江美都子

【挿入歌】

【曲名】 燃えろ青春
【作詞】 保富康午
【作曲】 宮川泰
【編曲】 武市昌久
【歌】 こおろぎ’73、若羽会コーラス

アローエンブレム グランプリの鷹 無料動画で楽しみましょう♪

アローエンブレム グランプリの鷹(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アローエンブレム グランプリの鷹(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!