恐竜探険隊ボーンフリー 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

企画 円谷プロダクション、旭通信社

テレビアニメ放送期間 1976年10月1日~1977年3月25日

テレビアニメ放送時間 金曜日 18時00分~18時30分

放送局 NET(現・テレビ朝日)系列

話数 全25話

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”恐竜探険隊ボーンフリー” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

後に『恐竜大戦争アイゼンボーグ』『恐竜戦隊コセイドン』とともに「円谷恐竜三部作」と称されることになる3作品の第1作目である。

恐竜やメカ等はモデルアニメーションを含むミニチュアによる実写特撮、人間などのキャラクターはアニメ、という表現方法にて製作されている。

円谷プロではこの手法を「立体アニメ」と称している。

円谷プロダクションでは同時期に『プロレスの星 アステカイザー』も制作していた関係から、本作のアニメ部分は日本サンライズに、実写部分は日本現代企画に、それぞれ下請制作を任せていた。

『巨獣惑星』、『恐竜特捜隊DC-8』、『ザウルス号アドベンチャー』、『ザウルス号の冒険』という4つの企画を経て実現した。

いずれもモデルアニメーションを使ったリアルな恐竜の生態表現を志していた。

『DC-8』では人間は実写での表現を予定していた。

ザウルス号以降の企画では精巧な人形を使っての人物表現を予定していた。

『ザウルス号の冒険』の企画の一部は『ファイヤーマン』で実現している。

このうち『巨獣惑星』は3分間のパイロットフィルムが製作されており、本作の実現に繋がったとされる。

古生物学者の小畠郁生が監修として参加している。

恐竜の描写は当時最新の学説に基づいて描かれており、従来の怪獣ものとは一線を画している。

前年に発見されたエゾミカサリュウや一般には馴染みの薄いポラカントスやコリトサウルスなどが登場するのも特徴である。

「アニメーションによる人物表現」は、『サンダーバード』などに見られるスーパーマリオネーションを意識したために採られた方法である。

また『アステカイザー』共々、特撮に替わり子供番組の中心となっていったアニメーションへの挑戦であったともされる。

しかし、モデルアニメーションゆえに高額の製作費が掛かってしまい製作スケジュールが破綻。

2クールで終了した。恐竜シリーズの中では最短話数である。

この手法は次作『恐竜大戦争アイゼンボーグ』にも引き継がれた。

『アイゼンボーグ』では恐竜達がモデルアニメーションではなく着ぐるみを用い、『恐竜戦隊コセイドン』は全編実写で制作されるなど相違点もある。

メインスポンサーはトミー(現:タカラトミー)。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

1996年、地球に接近したアービー彗星に伴う地殻変動によって、中生代の環境を維持していた地下空洞から恐竜が地上に姿を現した。

国際自然保護連盟は現在の環境に適応できずに死んでいく恐竜達を保護するため「ボーンフリー隊」を組織した。

ボーンフリー隊は専用の大型探検車ボーンフリー号や輸送機キャリードンキーなど様々なメカを駆使し、環境変化や恐竜抹殺を訴える人間たち、さらに密猟者バトラーなどの手から恐竜達を保護するために奮闘する。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

北山丈二:森功至

ボーンフリー隊のリーダー。

恐竜保護に熱い熱意を持つが、恐竜と人間の命の選択を迫られることもしばしばある。

身体能力が高く、危険な任務に自ら赴く事もある。

権田明:兼本新吾

通称ゴンさん、メカニック担当。

がっしりとした見た目に反して意外にアクティブな活躍が多い。

当初は恐竜の保護に消極的だったが、次第に意義を感じるようになる。

正男の父とは大学時代からの知り合いだったらしい。

番組のテーマソングを歌った子門真人がモデルになっている(宇宙船Vol43より)。

小山三郎:上恭ノ介

通称ガラ。

食料及び通信担当。

駄洒落が好き。

気弱な性格だが、割りと小器用に様々な仕事をこなす。

ゴンさんと同様に消極的だったが、徐々に恐竜を護る意味を感じるようになる。

牧令子:栗葉子

紅一点。

怪我をした恐竜や救出した人物や正男の治療をする事が多い。

正木正男:高橋和枝

正木博士の孫で小学生。

恐竜の知識が豊富。

その熱意故に先走る事が多い。

ドン

正男の愛犬のセント・バーナード。

恐竜の痕跡を見つけたり、正男を助けたりと意外に活躍が多い。

ここまでがエンディングで歌われている「5人と1匹」である。

正木博士:根本好章→中江真司

恐竜保護活動の中心。

基本的には前線には出ないが、第24話(北海道)と第25話(サーロン島)ではボーンフリー隊とともに出動し、前線で指揮を執った。

木村久子:加藤早紀子

正木博士の助手。

彼女も基本的には前線には出ないが、正木博士同様、第24話と第25話では前線に出た。

キング・バトラー:滝口順平

第4話から登場する恐竜を狙う密猟者。

様々な動物を狩り、恐竜の首を飾るのが夢。

キングバトラー装甲車を使い恐竜の密猟及びボーンフリー隊の妨害工作なども行うが、逆に救出される事も多い厄介者。

右目に片眼鏡をしている。

第17話でポラカントスともども谷に落ち、砂にのまれて死亡。

死の間際にレディ・バトラーに連絡をし、ボーンフリー隊への恨みの言葉を残す。

グレン:伊海田弘

キング・バトラーの部下で第4話から登場。

キングバトラー装甲車の操縦を担当。

第17話でキング・バトラーともども、砂にのまれて死亡する。

サミー:村山明

キングバトラーの部下で第11・12話に登場。

声色を使うのが得意で正男に化けてボーンフリー隊を騙した。

レディ・バトラー:池田和歌子

第17話から登場。

キング・バトラーの娘。

父と異なり恐竜に思い入れがなく、逆に父を自分から奪った恐竜を憎み、殺害する事が目的で活動。

と同時に父と敵対したボーンフリー隊にも憎しみを抱いており、その復讐をも狙っている。

父の死を知って活動を始め、装甲車ワイルドキャットで暗躍。

また、父と異なり部下任せにはせず、自ら銛やダイナマイトで恐竜にとどめを刺す。

また黒猫のジュリーをかわいがっている。

第23話で丈二に命に救われたことがきっかけで心境に変化が生じ、つづく第24話でボーンフリー隊が人命救助のためにK弾を撃ち込んだエゾミカサリュウが死に場所を探すのを見逃してくれという丈二の声を聞きいれたため、リックに叩きだされた直後に地割れに落ちる。

しかし、再度丈二に救出され、完全に心を入れ替えて去って行った。

リック:水鳥鉄夫

第18話から登場。

レディ・バトラーの部下。

彼も父と母を「恐竜に殺されて」いる。

ワイルド・キャットの操縦を担当。

心変わりしたレディー・バトラーをワイルドキャットから叩きだすが、直後に地割れに巻き込まれてワイルドキャットごと落ちて行った。

ナレーション、フリーランナー操縦者、コンピュータの声:中江真司

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 行け! ボーンフリー
【作詞】 藤公之介
【作曲】 冬木透
【編曲】 冬木透
【歌】 子門真人、コロムビアゆりかご会

【エンディング】

【曲名】 恐竜よ いつまでも
【作詞】 藤公之介
【作曲】 冬木透
【編曲】 冬木透
【歌】 子門真人、コロムビアゆりかご会

恐竜探険隊ボーンフリー 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

恐竜探険隊ボーンフリー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【恐竜探険隊ボーンフリー(最新無料動画はここをクリック)】