ポールのミラクル大作戦 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 タツノコプロ企画室

テレビアニメ放送期間 1976年10月3日~1977年9月11日

テレビアニメ放送時間 日曜日 18時00分~18時30分

放送局 フジテレビ系列

話数 全50話

[csshop service=”rakuten” keyword=”ポールのミラクル大作戦” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

タツノコプロが作成した、シリアスとコミカルを掛け合わせたメルヘン作品であり、タツノコプロによると海外販売を意識した作品である。

主人公達が毎回様々な異世界に旅立ち、ありふれた玩具や道具が大きくなり武器になる。

異世界を侵略しようとする巨悪との戦いをハードかつドラマチックに描き、その巨悪に恋人を誘拐された主人公の悲哀も描かれ、ハードなヒーロー作品としても楽しめる。

特殊効果に凝っており、同社作品のタイムボカンで使用されていたスキャニメイトを異世界の扉が開くシーンで使用したり、時間が止まると背景が木炭で描いたモノトーンの背景になるなど、独特な演出が特徴として挙げられる。

毎日小学生新聞に本放送時に連載。

番組の人気が高かったせいか、本放送時に(1976年11月。出典は当時の著書)25%超の高視聴率となり、その後の再放送でも1982年のテレビ東京(関東ローカル放送)の平日18時台で20%超の視聴率を得ている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

主人公の少年・ポールは、10歳の誕生日に両親から手作りのぬいぐるみを贈られる。

その夜、パックンと名付けられたそのぬいぐるみに妖精が宿った事をきっかけにして、ポールはガールフレンドのニーナやその飼い犬・ドッペとともに不思議な世界への旅をする。

不思議な世界とは、『夢』や『不思議なもの』を信じる心を持つ人間だけが行ける場所。

だが、突如蘇った魔王・ベルト・サタンによってニーナがさらわれてしまう。

そしてポールとドッペとパックンがニーナを救出する為に何度も不思議な世界に旅立つというのが、当初の基本的なストーリーである。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

ポール (声 白川澄子)

本作の主人公。

仕立屋の息子で空想好きな普通の少年。

ベルト・サタンにさらわれたニーナを救い出すため、パックンの持つオカルトハンマーの力を借りて不思議な世界へ行き、ポールの愛用のミニカーをオカルトハンマーで大きくした「ミラクルカー」に乗り、「メカヨーヨー」を武器に戦う。

ニーナがベルト・サタンに攫われていることを誰にも信じてもらえなかったが、何度かは他の友人を伴って不思議な世界に旅立った(しかし、ほとんどが「夢だった」と判断されてしまった)。

ニーナ救出以降も、自分たちがベルト・サタンを蘇らせ、不思議な世界の住人に迷惑をかけていることに責任を感じ、ベルト・サタンを倒すために毎回パックンたちと不思議な世界へと旅立つ。

普段着はジーンズの上下に皮のブーツである。

ニーナ (声 横沢啓子)

本作のヒロイン。

大きな屋敷に住む、ポールのガールフレンド。

長い金髪の美少女。

優しい性格だが、したたかな面もある。

第1話で不思議な世界でベルト・サタンによって囚われの身となるが、何度か自力でベルト・サタンからの脱出を試み、ついには第17話で自分を監視していたキノッピーを騙して、命からがらポールの元へと逃げ出してきた。

それ以降もベルト・サタンを倒すためにポールたちと不思議な世界へ旅立つ。

普段着は、ピンク色の縁取りやベルトのアクセントがついた白いドレス(ニーナ自身が「ドレス」と呼んでいる。)に、白いパンプスである。

ドッペ (声 田の中勇)

ニーナの家で飼われている大型犬。

放し飼いされており、ポールの家によくやって来る。

犬としてはかなり賢い方だが、パックンが目覚めている間は服を着て二本足で立ち、ポールたちと会話もできる。

のんびり屋で臆病者。

また、耳を羽ばたかせて空を飛ぶこともできるが、高所恐怖症である。

ポールがヨーヨーを武器にして戦うのに対して、彼は徒手空拳で戦う。

肉弾戦では結構頼りになる仲間である。

キノッピーを力でねじ伏せ、現実世界に連れて行こうとしたが、不思議な世界の物質を現実世界に持ち出すことができないという法則により、ミラクルゲートに阻まれ取り逃がしたことがある。

パックン (声 麻上洋子)

不思議な世界の妖精。

ポールの空想好きに惹かれて現実世界へとやって来た。

そしてポールが両親から誕生日プレゼントとして贈られたぬいぐるみが、あまりにも自分に似ていたので乗り移った。

眠りから覚めると現実の世界の時間が止まり、「不思議な世界」を信じる者だけがその空間で自由に動き回れる(夢を信じられる子供や、その様な心理状態にある大人に対してパックンが超能力を使うと、その者が止まった時間から開放されることもある)。

オカルトハンマーを使い、不思議な世界と元の世界とを行き来できるミラクルゲートを開き、玩具や道具を大きくして武器に変えたりすることができる。

首につけたチョーカー(ニーナからポールへの誕生日プレゼント)がタイマーになっているが、このタイマーが鳴ると超能力を使い果たし、人間が不思議な世界で生きていられなくなるために現実の世界へ戻らなければならず、肝心な所で時間切れになってしまうことが多い(パックンの超能力の時間切れについては、ベルト・サタンの妖術により、拉致された状態のニーナには適用されない)。

ぬいぐるみとしての継ぎ目がポケットの様になっており、オカルトハンマーなどを入れているが、工具箱の様な結構大きなモノでも入れることができる。

不思議な世界での本来の姿では、ぬいぐるみと同じ外見に加えて、背中に翅が生えていると本人が語った。

魔王ベルト・サタン (声 大平透)

二千年ぶりに蘇った不思議な世界の魔王。

過去に何らかの方法で封じ込められていた。

人間の少女が不思議な世界に来るのを待ち続けていた。

その少女を拉致する事によって「命」を手に入れ、再び不思議な世界に君臨するため第1話でニーナをさらった。

残忍な手口でポール達や不思議な世界に被害を及ぼすが、ポール達に邪魔をされたり、手下に裏切られたりする等、あと一歩の所で失敗する事が多い。残忍な性格で、キノッピー以外の手下については、作戦に失敗すれば即座に粛清してしまう。

どういうわけか、テレパシーによって、ポール達が不思議な世界に来ている事を察知できる。

身の丈10数メートルの巨体で、体の色は青く、翼と尻尾、赤い瞳、それに2本の角を持つ。

右側の「魔力の角」と左側の「行動力の角」と呼ばれる2本の頭の角が弱点で、ポールのヨーヨーによって片方の「行動力の角」を折られてからは、不死身の洞窟に暮らし作戦をキノッピーに任せる事が多くなる。

一人称は当初「俺」であったが、キノッピー登場後には「儂(ワシ)」を使う事が多くなった。

不死身の洞窟で魔力を少しずつ取り戻し、現実の世界にも徐々に魔力の影響を及ぼすようになって行く。

「ベルター!」(“Belter!”)の一声で魔力を発揮する。

笑い方は日本語版およびイタリア語版、共に「フフフフフフフ…ハハハハハハハハ」。

キノッピー (声 丸山裕子)

第17話でベルト・サタンの魔力によって生まれた手下で、オープニング主題歌の歌詞で暗示されていた「もの言うキノコ」の子供。

ベルト・サタンのことを「サタン様」と呼ぶ。

不思議な世界の制覇と、ポールたちを打倒するか不思議な世界から追い出す為に指令を受けるが、そそっかしいので失敗が多い。

木のエアバイクのような乗り物(キノッピーは「空飛ぶ丸太ん棒」と呼んでいる)に乗って自由に空を飛び、頭から色々な種類の毒の粉を振りまくことができる。最終話ではベルト・サタンに殺されかけ、逃げ出した所をポールたちによって助けられ改心する。

ウラジーノ (声 今西正男)

ポールの父親。

自宅のクリーニング屋で働いている。

アンナ(声 友近恵子)

ポールの母親。

自宅のクリーニング屋で働いている。

ジェニアール (声 千葉耕市)

ニーナの父親。

娘のニーナが不思議な世界からまだ帰ってきていないと知り、ポールの自宅に乗り込んでくる。

ニーナがベルト・サタンに誘拐されたことをポールは伝えるが、信用せずポールを憎んでいる。

トッカメール刑事 (声 梓欣造)

ジェニアールの依頼でドーベルマンを使ってニーナ失踪事件を捜査している刑事。

ポールが主張する「不思議な世界」を全く信じていないため、パックンの超能力が通じず、ニーナが救出されても、真相を知ることはなかった。

ニーナもまた「不思議な世界」に囚われていたことを主張したので、「いい加減にしてくれ!警察としても困っているんだ」と困り果ててしまう。

堅物な反面熱烈なUFOマニアで、蛍の光をUFOと間違えて興奮したこともある。

この時に頭をぶつけて気絶したことで、一時的にパックンの超能力が通じて、不思議な世界に行くことができるようになった。

しかし、不思議な世界のことを宇宙人の母星だと考えており、現実世界に戻ってからは全て夢だったと考えている。

ただし、彼は不思議な世界でも持ち前の正義感の強さを発揮しており、キノッピーの逮捕を試みるなど、意志が強い人物であることがうかがわれる。

笹川ひろしのコメントによると、名前の由来は「とっ捕まえる」である。

クモ族首領 (声 野本礼三)

その名の通りクモ族の兵士たちを率いるリーダー。

ベルト・サタンの命令で捕らえたアリ人を奴隷に城を造らせていた。

ローラー巨人 (声 田中康郎)

ペイントローラーの姿をした不思議な世界の妖精であったが、ベルト・サタンの魔力により恐ろしい姿に変えられ魔物と化した。

その力はとてつもなく、ポールたちを踏みつぶそうともの凄いスピードで襲いかかり、ポールの武器にも利かぬ相手であった。

青銅の騎士 (声 西川幾雄)

最初は見窄らしい鎧の姿をしていたが、ベルト・サタンの魔力によって強化された。

ポールに戦いを挑むが、改心しベルト・サタン直属の部下・鉄仮面団と戦うが最後の勝敗は不明。

アクナイター (声 寺島幹夫)

ベルト・サタンに従えている夜の悪霊。

太陽の国を闇に染めようと侵略し、ポール達に戦いを挑む。

光が弱点である。

ナレーション (声 此島愛子)

不思議な世界でポール達が訪れた国の解説や各話の結び、必要な場合は前回のあらすじ、そして次回予告を担当した。

此島はエンドクレジットに出ない一部の脇役の声も担当。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 ポールの冒険
【作詞】 若林一郎
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 大杉久美子、コロムビアゆりかご会

【エンディング】

【曲名】 オカルトハンマーのうた
【作詞】 若林一郎
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 大杉久美子、コロムビアゆりかご会

ポールのミラクル大作戦 無料動画で楽しみましょう♪

ポールのミラクル大作戦(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ポールのミラクル大作戦(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!