UFOロボ グレンダイザー 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 永井豪

連載・掲載誌 テレビマガジン など

掲載期間 1975年10月号~1976年5月号 など

テレビアニメ放送期間 1975年10月5日~1977年2月27日

テレビアニメ放送時間 日曜日 19時00分~19時30分

放送局 フジテレビ系列

話数 全74話

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”グレンダイザー” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

東映動画(現・東映アニメーション)製作のロボットアニメ。

前々番組、前番組の『マジンガーZ』『グレートマジンガー』と世界観を共有した、マジンガーシリーズの第3作。

劇場版では『グレートマジンガー』、『ゲッターロボG』と競演した。

本作は宇宙円盤大戦争のリメイク的側面もあり、同作にマジンガーシリーズに合わせた変更を施して成立した。

企画的には本来のシリーズ作品となるはずの『ゴッド・マジンガー』の企画が前作『グレートマジンガー』の玩具展開の不調により頓挫したことと、当時のブームに合わせる制作側の思惑で制作がなされた。

平均視聴率は20.9%(ビデオリサーチ関東地区調べ)。

本作は日本以外でも放送され、1983年と1988年において日本国外からJASRACに払われる著作権使用料分配額が最も多い作品で、第2回JASRAC賞の「外国使用」と第7回JASRAC賞の「国際賞」を受賞している。

1972年の『マジンガーZ』から一時代を築いた永井豪と東映動画によるロボットアニメは、本作をもって一旦終わりを告げる。

「UFOロボ」のネーミングと各種の設定には、当時の「空飛ぶ円盤」ブームの影響が顕著に表れている。

本作放映開始の翌年の1976年には、TBS系で『UFO戦士ダイアポロン』が放映されている。

また、これもUFO絡みで、東映巨大ロボットアニメとして初めて本格的に「宇宙人」を敵役に据えた作品である(ロボットアニメ以外では、『宇宙戦艦ヤマト』や『宇宙の騎士テッカマン』などが先行している)。

悪役のレベルが、それまでの作品で描かれていた「犯罪組織」や「マッドサイエンティスト」、「復活した古代文明」などによる「世界征服」から、異星人による「地球侵略」へとスケールアップすることになり、続く1976年の『大空魔竜ガイキング』、『超電磁ロボ コン・バトラーV』で、「宇宙からの侵略者」はロボットアニメの悪役として定着した。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

平和に他の星と共存していたフリード星だったが、ある日、宇宙征服を目論むベガ星連合軍の円盤獣による侵略を受けて滅亡する。

王子デュークはフリード星の守護神「グレンダイザー」が組み込まれた宇宙船スペイザーで脱出。

地球に落ち延びたところを宇宙科学研究所の宇門所長に救われ、彼の養子となり“大介”を名乗った。

一方、デュークの脱出を知ったベガ星連合軍のガンダル司令は部下のブラッキー隊長にデューク抹殺と地球侵攻を命令。

平穏な生活を望み戦いを拒否していた大介だが、ベガ星の円盤に襲われる兜甲児の危機を見捨てられず、再び元の名を叫ぶ。

「デューク・フリード!!」

かくして第二の故郷である地球を守るため、グレンダイザーの戦いが始まった。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

デューク・フリード/宇門大介  声優 (富山敬)

本作の主人公。

設定年齢は20歳。

宇門博士に救われ養子となった後、博士の経営するシラカバ牧場で働いていた。

地球にベガ星の魔手が迫っても、フリード星でのつらい過去からか当初は戦うことに後ろ向きだったが、ベガ星のミニフォーに袋だたきにされる兜甲児のTFOを救うため、牧場地下のダム部分に封印しておいたグレンダイザーに再び搭乗。

やがて甲児と交流を重ねる中で、第二の故郷・地球を守るため、グレンダイザーで戦うことを決意する。

普段の服装はカウボーイスタイルだが、出撃の際は「デューク・フリード!!」のコールと共にフリード星の戦闘スタイルに変身してスペイザーに乗り込む。

戦闘スタイルは赤・黒系のボディスーツに、西洋式の兜を思わせるデザインのヘルメット。

初期においては、戦わねばならないことへの悩みや、異郷での孤独感を表現するため、多少棘のある面も見せている。

兜甲児  声優 (石丸博也)

かつてマジンガーZで地下勢力と戦った青年。

ミケーネ帝国との戦いの後、ワトソン研究所に留学し、円盤に関する論文を発表後にNASAに入所。

自ら開発した小型円盤TFOに乗って日本に帰国し、宇宙科学研究所に合流する。

社交的な性格は相変わらずで宇門博士たち所員とはすぐに打解けたが、大介が養父の研究所を手伝わない事に不信感を抱いていた。

当初は異星との貿易を志していたが、侵略者が迫っていることを知り、デュークと共に戦うことを誓った。

中盤まではTFO、JFOが撃破された後はダブルスペイザーやドリルスペイザーなどでグレンダイザーをサポートする。

マリア登場後はドリルスペイザーを譲り、ダブルスペイザーの専属となる。

牧葉ひかる  声優 (川島千代子)

牧葉団兵衛の娘。

設定年齢17歳。

父の牧場で働く大介に想いを寄せていたが、彼が宇宙人デュークと知りショックを受ける。

しかし、その後も大介への想いは変わらず、ピンチの大介を助けたい一心で、負傷した甲児に代わりダブルスペイザーで出撃している。

後にマリンスペイザーのパイロットとして、正式にダイザーチームに加入する。

馬に乗り慣れているほか、高校では体操部に所属し大会で優勝するなど、運動のセンスは抜群。

グレース・マリア・フリード  声優 (吉田理保子)

フリード星の王女でデュークの妹。

設定年齢は14歳。

フリード星脱出時にデュークとはぐれ、従者と二人きりで地球に逃れた。

幼かったためフリード星での記憶があまりなく、従者を「おじいちゃん」と呼び祖父と孫のように暮らしていた。

戦闘に巻き込まれて瀕死の重傷を負った彼から真実を聞かされ、グレンダイザーを敵に奪われたとの誤解からパイロット(デューク)を狙うが、危ういところで甲児に制止される。

デュークが生き別れた兄とわかり、以後はダイザーチーム入りしてドリルスペイザーに乗る。

予知能力を持ち、仲間の危機を救ったこともあるが、それ故に悩む描写も見られる。

バイクや乗馬で甲児と互角に張り合い、ドッキング訓練も初回で成功させるなど優れたセンスを見せる。

当初は自信過剰気味なところがあり、ひかると先陣争いをするなどしていたが、すぐに打ち解けた。

甲児と親しくなり、やがて恋愛感情に近い想いを寄せるようになる。

宇門源蔵博士  声優 (八奈見乗児)

宇宙科学研究所の所長。

落ち着いたナイスミドル。

フリード星から逃れてきたデュークを助け、養子として大介の名を与える。

ベガ星連合軍と戦うデュークを、父としてまた所長としてサポートした。

ボス  声優 (大竹宏)

甲児の自他共に認める長年の親友。

TFOを失った甲児にボスボロットを貸し与えた。

「甲児君は羨ましいな、あんな良い友達を持って」とデュークからも賞賛されていた。

恐星大王ベガ  声優 (八奈見乗児)

全宇宙の支配をもくろむベガ星連合軍の総帥にしてベガ星を治める絶対君主。

本星からの通信で前線基地スカルムーンに命令していたが、ベガ星が崩壊したためスカルムーンに移動、ここを本拠地にして活動するようになる。

娘のルビーナを溺愛しており、彼女の死には涙を流して号泣した。

デュークのことは邪魔者と見做していたが、ルビーナの死後は激しい憎悪をぶつけるようになる。

ガンダル司令  声優 (富田耕生)

地球攻撃軍司令官。

ブラッキーの死後は攻撃隊長も兼務する。

顔が割れ、中から別人格のレディガンダルが出てくる。

後半はガンダルの顔とレディガンダルの顔が入れ替わるようになった。

外見、性格とも典型的な悪役だが、ズリルジュニアに父の秘めた想いを伝えるなど、意外な一面もある。

最終回では寝返った半身・レディガンダルを、自らの死も覚悟の上で粛清。

最後までベガ大王への忠節を尽くし、グレンダイザーに特攻をかけて死亡。

武人らしい最期を遂げた。

レディガンダル  声優 (沢田和子(現・沢田和猫))

ガンダルの別人格。

当初は「ガンダルの顔が左右に割れ、小人サイズの女が顔を出す」という形で姿を見せていたが、ガンダルが大火傷を負い整形手術を受けた以降は「完全に顔が女のものに変わり、それとともに声も変わる」という描写がなされるようになった。

体を共有しているが、本体のガンダルとは反りが合わなかった。

最終回で自らベガ獣グラグラを駆ってグレンダイザーと対決するが、敗退。

形勢不利と見るや、保身のためベガ大王を売り渡そうとするが、ガンダルに粛清される。

ナイーダ  声優 (杉山佳寿子)

デュークの幼なじみでフリード星・バロン家の娘。

ベガ大王にコントロール装置を埋め込まれてデューク抹殺のために地球へ送り込まれる。

フリード星人の脳が円盤獣に使われていること、弟のシリウスの脳も円盤獣ギルギルに使われたことなどからデュークを裏切り者となじった。

装置は除去されたが、自身は贖罪のために、出撃してきたベガ星連合軍の部隊もろとも自爆して果てる。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 とべ! グレンダイザー
【作詞】 保富康午
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 ささきいさお、コロムビアゆりかご会

【エンディング】

【曲名】 宇宙の王者グレンダイザー
【作詞】 保富康午
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 森岡賢一郎
【歌】 ささきいさお、こおろぎ’73

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 もえる愛の星
【作詞】 保富康午
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 森岡賢一郎
【歌】 ささきいさお、コーポレーション3

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 ちいさな愛の歌
【作詞】 保富康午
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 森岡賢一郎
【歌】 堀江美都子

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 きみこそ勇者
【作詞】 早乙女達人
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 ささきいさお、コロムビアゆりかご会

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 GO! GO! 甲児
【作詞】 春日東
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 ささきいさお、コロムビアゆりかご会

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 大介のバラード
【作詞】 田村多津男
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 ささきいさお

【挿入歌・イメージソング】

【曲名】 戦えグレンダイザー
【作詞】 上原正三
【作曲】 菊池俊輔
【編曲】 菊池俊輔
【歌】 ささきいさお、コロムビアゆりかご会

UFOロボ グレンダイザー 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

UFOロボ グレンダイザー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【UFOロボ グレンダイザー(最新無料動画はここをクリック)】