タイムボカン 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 タツノコプロ企画室

テレビアニメ放送期間 1975年10月4日~1976年12月25日

テレビアニメ放送時間 土曜日 18時30分~19時00分

放送局 フジテレビ系列

話数 全61話

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”タイムボカン” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

この作品のヒットにより、『タイムボカンシリーズ』が誕生した。

本作の企画は、ミニカーを売るためのアニメという発想で、1966年のアメリカ映画『グレート・レース』の影響を受けたカーレースものが源流である。

1972年頃には「時空を超えた善悪のタイムマシンによるコミカルな競争」という本作の企画が決定。

『タイマー大混戦』とタイトルがつけられて、その時点でメカブトンのデザインは出来上がり、15分のパイロットフィルムを制作。

このパイロットフィルムは第1話やオープニングに一部流用された。

パイロットフィルムでの淳子は金髪だったため、本編では青の髪だった淳子の髪はその流用されたカットで金髪になっている。

タツノコプロでは当時、ハードなアクションものが続いたためギャグものを、ということだったが、ギャグにしてはタイムトラベルやメカの要素などが盛り込まれた本作は、監督の笹川ひろしによると中途半端な印象を与えたといい、スポンサーがつ かずに放映決定まで3年を要することになった。

主人公の名前は当時の人気アイドルから取られ、野口五郎と天地真理から五郎と真理だったのが、 放映が決定するまで3年の間、アイドルの人気の変遷から、真理が桜田淳子から取った淳子になっており、放送の決定後、タイトルが『タイムボカン』と改められた。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

木江田博士はカブトムシ型タイムマシン「タイムボカン」の試運転に出かけたが、行方不明となってしまう。

帰ってきたのはオウムのペラ助と世界最高級の宝石「ダイナモンド」だった。

木江田博士の孫娘・淳子と博士の助手の丹平はコンビを組み、どこかの時代に消えてしまった博士をタイムトラベルしながら探すが、ダイナモンドを狙う悪玉トリオがその道中で邪魔をする。

その後、木江田博士は現代に帰還し丹平たちと再会する(第27話)。

それ以降は、悪玉トリオのダイナモンド入手の阻止や、ペラ助の故郷探しなどの旅をする。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

丹平(たんぺい)  声優 (太田淑子)

本作の主人公。

木江田博士の助手として働く少年。

13歳。

メカに強く、運動神経も抜群であり、博学多才で歴史にも強い。

勇敢な熱血漢で純真だが、美少女に弱く、少しおっちょこちょい。

淳子、チョロ坊、ペラ助からは「丹平ちゃん」と呼ばれている。

破損したタイムボカンを修理することが出来るらしく、台詞の中にもそれを思わせるものがある。

淳子(じゅんこ)  声優 (岡本茉利、横沢啓子)

本作のヒロイン。

木江田博士の孫娘。

10歳。

博学多才な大和撫子。

祖父思いの優しい娘である。

面倒見が良くみんなから慕われている。

泣き虫だが芯は強い。

美少女に弱い丹平を諌めることもしばしば。

名前の由来は桜田淳子から。

チョロ坊(チョロぼう)  声優 (桂玲子)

丹平が作ったロボット。

知能は幼稚園児並み。

初めはペラ助を敵対視していたが、次第に仲良くなった。

動力源は背中のゼンマイ。

ただし、ゼンマイが切れても歩行出来なくなるだけで本体は動作可能。

口部から火炎を吐く。

木江田博士(きえたはかせ)  声優 (槐柳二)

淳子の祖父。

60歳。

世界的な科学者でタイムボカンの試運転に出かけた際にペラ助にタイムボカンを奪われてしまい、消息不明だった。

帰還後は丹平たちと冒険に同行し、ダイナモンドを追う。

時々ダイナモンド調査を丹平たちに任せて留守番することもある。

ペラ助(ペラすけ)  声優 (滝口順平)

オウム。

博士の消息を知る唯一のキャラだが、いい加減な証言が多い。

唯一怖いのは妻のオタケさん。

かなりの食いしん坊であり、シュークリームが大好物。

語尾は「~だペッチャ」。

オタケさん  声優 (遠藤晴)

ペラ助の妻。

いつも夫・ペラ助をこき使って楽をしていたが、内心は夫を愛している。

ペラ助がいなくなった後は博士と共に共同生活をしていた。

マージョ  声優 (小原乃梨子)

悪玉トリオの女ボス。

30歳。

容姿端麗でスタイル抜群。

色気で、男などを騙し続ける。

己の欲望のためなら手段を選ばず、とりわけ丹平達に対しては殺意さえ持っているなど、後のシリーズにおける女ボスよりも若干過激な性格。

根は意外と純真でお茶目。

嫌いなものはヘビ、お化け、ジェットコースター、ネズミ。

髪の色は金髪で、腰までかかるロングヘアー。

丹平たちと同じく2つの大きな隆起のついたフードを着用している。

名前の由来は「魔女」から。

グロッキー  声優 (八奈見乗児)

マージョの手下。

25歳。

優秀な頭脳を持っており、木江田博士の所で筆頭の助手として働いていたが、実はマージョの命令によりタイムマシンのノウハウを盗むためにスパイをしていた。

一味の元に戻った後はメカの開発を担当する。

一人称は主に「私」だが、稀に「俺」になる事がある。

無類の女子高生好きだが、本心ではマージョと結婚したいと思っており、一味に入った理由もマージョに一目惚れしたからである。

逆三角形型の輪郭に足先の長い靴のような赤っ鼻と大きな出っ歯がトレードマークでワルサーからは「ヒゲらっきょう」と呼ばれた事がある。

名前の由来は、いつもマージョにこき使われてフラフラになる意味の「グロッキー」(正しくは「グロッギー」)から。

また、何時の間にかメカを開発するその速度の速さから、「クロッキー」からもきている。

ワルサー  声優 (立壁和也(現・たてかべ和也))

マージョの手下。

35歳。

語尾に「~まんねん」と付けるなど関西弁風の台詞を使うが、本当に関西出身かどうかは不明。

一味では持ち前の馬鹿力を生かし、善玉との肉弾戦や力仕事を担当。

外見とは裏腹にヘビやお化けを怖がったりする一面もある。

グロッキーとともに極端な猫背。

名前の由来は「悪さばかりしているから」もしくは銃器メーカーの「ワルサー」から。

ナレーター  声優 (富山敬)

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 タイムボカンの歌
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 市久
【歌】 山本正之、サカモト児童合唱団

【エンディング】

【曲名】 それゆけガイコッツ
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 市久
【歌】 ロイヤルナイツ

【挿入歌】

【曲名】 チュク・チュク・チャン
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 市久
【歌】山本正之、サカモト児童合唱団

【挿入歌(第9話)】

【曲名】 ペラ助のぼやき節
【作詞】 小山高男
【作曲】 山本正之
【編曲】 市久
【歌】 滝口順平

【挿入歌(LP版『タイムボカン』)】

【曲名】 花ごよみ
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 市久
【歌】 太田淑子、岡本茉利

【挿入歌(第27話)】

【曲名】 うしろすがた
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 市久
【歌】 岡本茉利

【挿入歌(インストゥルメンタル版)】

【曲名】 天才ドロンボー
【作詞】 山本正之
【作曲】 山本正之
【編曲】 神保正明

タイムボカン 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

タイムボカン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【タイムボカン(最新無料動画はここをクリック)】