ゲッターロボG 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 永井豪、石川賢

連載・掲載誌 週刊少年サンデー など

テレビアニメ放送期間 1975年5月15日~1976年3月25日

テレビアニメ放送時間 木曜日 19時00分~19時30分

放送局 フジテレビ系列 など

話数 全39話

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

[csshop service=”rakuten” keyword=”ゲッターロボG” sort=”-sales” pagesize=”1″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

『ゲッターロボ』の直接の続編である。

元々は所謂、玩具スポンサーの事情のマイナーチェンジ作品であり、新しいゲッターロボを登場させ、それを商品展開して行くのが狙いであった。

ゲッターロボからゲッターロボGへの移行の際に巴武蔵が戦死することが重要なポイントとなっているが、初期案では原作者の一人永井豪が、真面目過ぎておもしろくないと不満に感じていた流竜馬も戦死される事になっていた。

新キャラクターは来栖丈(くるす・じょう)と決まっており、その登場が本作への伏線となる予定だった。

しかし、「主人公を殺すのはよくない」というフジテレビ側の反発に遭ってしまい、この案は結局お蔵入りになった。

逆に永井は「人が死ぬと言う意味を作品を通じて(視聴者に)感じて欲しい」と言う切なる願いから、武蔵の戦死だけは強行した原因となった。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

巴武蔵の犠牲と共に恐竜帝国は滅び、地上に平和が戻ったかに見えた。

だが、この時を待っていたかのように新勢力百鬼帝国が科学要塞島を浮上させ侵略を開始した。

「鬼」と呼ばれる亜人類で構成された百鬼帝国は30年前に成立した軍政国家で、ひそかに世界征服の機会をうかがっていたのだ。

かねてより人類の新たな脅威の出現を危惧していた早乙女博士は新早乙女研究所と新ゲッターロボを開発。

恐竜帝国との戦いに生き残った流竜馬と神隼人に加えて車弁慶を新パイロットに迎え、百鬼帝国から人類を守る戦いを展開する。

漫画版と異なり、恐竜帝国と百鬼帝国との接点は全く存在せず、『ゲッターロボ』最終回終盤で百鬼帝国が登場しているだけである。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

流 竜馬 声 – 神谷明

ドラゴン号及びゲッタードラゴンの操縦者。

愛称はリョウ。

前作に比べ、大らかな一面を見せるようになったが、当初は独断的な行動をとる弁慶にはかなり激怒していた。

早乙女博士からは相当の信頼を置かれており、学校の寮から隼人・弁慶と共に早乙女宅に移り住んでいる。

神 隼人 声 – 山田俊司(現・キートン山田)(ナレーションも兼任)

ライガー号及びゲッターライガーの操縦者。

孤高な面とクールな性格は相変わらずだが、独断専行は影を潜めるようになった。

車 弁慶 声 – 八奈見乗児

ポセイドン号及びゲッターポセイドンの操縦者。

楽天家で子どもや動物を可愛がる、大らかな性格だが(アニメ版では)動物を理不尽に殺された時には凄まじい怒りを露わにする。

浅間学園へ途中転校生ながら野球部では主将を務める。

竜馬・隼人でさえ苦痛であった新ゲットマシンの加速にも平然としていたほどタフであり、武蔵以上の大食漢である。

父はジャンボ旅客機のパイロット。

戦闘服は野球の捕手の防具一式を装備。

早乙女博士 声 – 富田耕生

早乙女研究所の所長。

フォーダムG(新早乙女研究所)を再建し新たな敵(百鬼帝国)に備えゲッターロボを戦闘用に新造し、以前の10倍に強化した(同時にゲッターロボの大きさも約1.3倍になった)。

早乙女 ミチル 声 – 吉田理保子

早乙女博士の娘で、レディコマンドの操縦者。

ゲッターロボの燃料補給も担当する。

早乙女 元気 声 – 菊池紘子

早乙女博士の二男。

武蔵死亡後、弁慶と出会い仲良くなる。

地虫鬼と友情を交わす一幕もみられた。

早乙女 和子 声 – 菊池紘子

早乙女博士の妻。

自宅にゲッターチームを住まわせているが、大喰らいの弁慶には手を焼いているようだ。

ブライ大帝 声 – 八奈見乗児

百鬼帝国を統率する冷酷非道の大帝。

恐竜帝国滅亡を機に、世界征服の為の侵略作戦を号令。

百鬼メカと百鬼兵士の大量生産のためにゲッター線増幅炉を欲し、早乙女研究所攻略を至上命令としている。

掟には厳しいが部下に対する温情はある程度持ち合わせているようで、百人衆の労をねぎらったり、最終回でも奇跡の生還を遂げたヒドラーに休息するよう命令していた。

ヒドラー元帥 声 – 緒方賢一

百鬼帝国の軍事部門の最高責任者。

冷酷、狡猾で非常に腹黒く、現在の地位も味方を陥れて手に入れたものである。

目的達成のためには味方を犠牲にすることを意に介しないばかりか、自己の栄達・保身のためなら有能な味方を姦計で陥れる事も平然と行う典型的な小悪党。

メカ要塞鬼を直接指揮するなど前線に赴くこともあるが、常に専用の小型戦闘機で脱出出来る様にしている。

名前、風貌ともにアドルフ・ヒトラーに酷似しているが、劇中ではヒトラーとの関連については語られていない。

グラー博士 声 – 矢田耕司

百鬼帝国の科学・兵器開発部門の最高責任者。

他にも、侵略作戦の立案にも携わる。

少年兵である地虫鬼の処刑の停止をブライ大帝に嘆願するなど、一族内では温情を持っているほうである。

ジライ将軍 声 – 矢田耕司

百鬼帝国の将軍。

「軍神」と称えられるほどの優れた軍人だったが、ヒドラーの姦計に嵌まり、謀反の罪を着せられて処刑されると共に、親族である自雷一族も長きに渡り冷遇されてしまっていた。

息子である自雷鬼の出現に焦ったヒドラーは再び姦計を使って自雷一族を完全に根絶やしにしようと企んだ。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 ゲッターロボ!
【作詞】 永井豪
【作曲】 菊池俊輔
【歌】 ささきいさお

【エンディング】

【曲名】 不滅のマシン ゲッターロボ
【作詞】 和泉高志
【作曲】 菊池俊輔
【歌】 ささきいさお、コロムビアゆりかご会

ゲッターロボG 無料動画で楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=1040631664033

ゲッターロボG(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ゲッターロボG(最新無料動画はここをクリック)】