宇宙戦艦ヤマト 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 西崎義展

連載・掲載誌 冒険王 など

掲載期間 1974年11月号~1975年4月号 など

テレビアニメ放送期間 1974年10月6日~1975年3月30日

テレビアニメ放送時間 日曜日 19時30分~20時00分

放送局 日本テレビ系列 など

話数 全26話

[csshop service=”rakuten” keyword=”宇宙戦艦ヤマト” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

戦争としての戦闘の描写、その中で繰り広げられる人間ドラマと主人公の成長やSF的ガジェットなどの詳細な設定は、放映当時(1970年代)のアニメーション作品としては斬新な試みが取り入れられた連続作品である。

当初は同時間帯に放送されていた『アルプスの少女ハイジ』『フランダースの犬』『猿の軍団』などの影響もあって視聴率が低迷。

予定の回数を待たずに打ち切られた。

しかし、再放送などで改めて注目され、再編集した劇場映画が公開される頃までには社会現象とも言える大ブームとなっていた。

子供のものと思われていたアニメ作品に中・高校生から青年層までの幅広い視聴者が存在していたことを広く示すことになった。

その後の『銀河鉄道999』『機動戦士ガンダム』『超時空要塞マクロス』『新世紀エヴァンゲリオン』に至るアニメブームの先駆けとなった。

映画・レコード・小説・漫画・アニメ雑誌・ラジオドラマ・キャラクター商品など、アニメビジネスにおいて多くの足跡を残した。

後にビデオ・CD・LD・DVD・テレビゲームなどもリリースされている。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

西暦2199年、地球は謎の異星人国家・ガミラス帝国の侵略を受けていた。

ガミラスは冥王星に前線基地を建設し、西暦2192年より、地球に対して遊星爆弾による無差別攻撃を加えていた。

海は蒸発し地球は赤茶けた姿に変貌し、放射能汚染で地上の生物は死滅する。

人類は地下都市を建設し、地球防衛軍を結成して抵抗を続けていたが、科学力の差の前になす術もなく、地下にも放射能汚染が進行し、人類の絶滅まであと一年と迫っていた。

最後の地球防衛艦隊も壊滅し人類生存の希望は完全に潰えたかに見えた時、外宇宙から飛来した一隻の宇宙船が火星に不時着、通信カプセルが回収される。

その中には、宇宙の彼方イスカンダル星から、「放射能除去装置 コスモクリーナーDを受け取りに来るように」とのメッセージと、航海に必要な波動エンジンの設計図が納められていた。

九州・坊ノ岬沖に、250年も前の世界大戦の末に沈んだ戦艦「大和」も、干上がった海底にその姿を晒していたが、実は、選ばれた人類と生物を地球から脱出させる宇宙移民船へと極秘裏に改造中だった。

地球防衛軍は、この「大和」に、波動エンジンを搭載し、コスモクリーナーの受領のための宇宙戦艦「ヤマト」に改造した。

14万8千光年の彼方、大マゼラン星雲のイスカンダル星に向け、1年以内に地球に帰還しなければ人類滅亡という状況下、宇宙戦艦ヤマトは人類最後の希望を託されて往復29万6千光年の旅に発つ。

ヤマトはガミラス帝国と戦い、未知の宇宙空間における障害を乗り越えながら、イスカンダルを目指して行く。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

沖田十三  声優 (納谷悟朗)

西暦2147年生まれ。

地球防衛軍艦隊歴戦の宇宙戦士にして優秀な物理学者。

宇宙戦艦ヤマトの初代艦長として、イスカンダルへの旅を成功に導いた。

地球防衛軍司令長官藤堂平九郎は先輩、戦艦アンドロメダ艦長の土方竜は同期に当たる。

ガミラス戦役における地球防衛軍艦隊最後の組織的戦闘となった冥王星会戦において、数・性能ともに圧倒的なガミラス艦隊と戦った。

地球の科学技術力がガミラスに比して貧弱であったため、旗艦の沖田艦を残し、地球艦隊は壊滅してしまう。

撤退命令に従わず徹底抗戦を主張してガミラス艦隊に特攻をかけようとする「ゆきかぜ」艦長古代守に「明日のために今日の屈辱に耐えるんだ、それが男だ」と説く。

またこの戦いで実の一人息子も亡くしている。

圧倒的不利な状況に追い込まれても絶望せず、ガミラスの降伏勧告を「バカめ」と一蹴し、敗走中にも「最後の一人になっても諦めない」と不倒の闘志を見せる。

ずっと行動を共にしてきた戦友でもある徳川彦左衛門評して曰く「万に一つの可能性を発見したらそれを信じ、沈着冷静に行動する人」。

その評価が示すように、冥王星会戦で地球艦隊が事実上壊滅した状況であっても、訓練生古代進や島大介に「無駄死にはさせない」と発言。

そして、秘密裏に建造されていた地球最後の宇宙戦艦ヤマトが完成すると、その初代艦長に就任し、宇宙放射線病という病を押して、14万8千光年の旅を率いる。

病の進行と闘いながら指揮を執り続けていたが、前人未到且つ人類の命運の懸かった航海の艦長という重責と激務も相まって遂に倒れてしまう。

古代進  声優 (富山敬)

17歳。

2193年、出身地である神奈川県三浦半島へガミラスからの遊星爆弾が落下して両親が死亡した上、2199年には兄の古代守が冥王星会戦で行方不明となったことから、ガミラスへの復讐を誓う直情型の性格となった。

それまでは、昆虫が好きで争いを嫌悪する優しい性格だった。

その後、宇宙戦士訓練学校を経てヤマトの戦闘班長に就任し、第一艦橋に座る一方でコスモゼロを駆る。

当初は、兄を連れて帰って来なかったということで艦長の沖田十三を快く思わなかったり、訓練学校の同期生かつ親友で航海班長の島大介と、戦闘と航海のどちらを優先するかで対立したりといったことが多かった。

しかし、島をはじめ真田志郎ら仲間と共にイスカンダルへの航海や戦闘を続け、沖田の人となりに触れたことから、それまで直情的だった性格も改められていった。

後に、沖田の病状が悪化した後は艦長代理を兼任する。

死んだと思われた守とはイスカンダルで再会し、地球への帰還よりスターシャとの愛を選んだ彼を見送る。

復讐を誓ったはずのガミラスとの戦いが終わった後には、戦うことよりも大事なことがあったという結論へ思い至った。

また、森雪とは戦闘や航海を経て惹かれ合い、恋人同士となっている。

森雪  声優 (麻上洋子)

ヤマト唯一の女性クルー。

佐渡酒造に「大美女」と評されるほどの美貌の持ち主であるが、その性格は勝気で男勝り。

ヤマト乗組直前、地球防衛軍司令部病院で看護婦を勤めており、イスカンダルへの航海を通じて次第に想いを寄せるようになるヤマト戦闘班長古代進と初めて出会う。

容姿が、イスカンダルのスターシャの妹であるサーシャに酷似している為、その亡骸を埋葬した古代から驚かれ、イスカンダルに到着した際にもスターシャ本人ですら間違え、連絡して来なかったことをなじられる程。

ヤマト発進後は、クルーの健康管理&生活環境維持に気を配る生活班リーダーであるだけでなく、医務室においては佐渡医師を補佐する優秀な看護婦であり、なおかつ日常は第一艦橋で三次元レーダーの監視手も兼ねているという「万能選手」。

彼女に一方的に懸想し、恒常的セクハラに悩まされている分析ロボットアナライザーとは、防衛軍司令部病院時代からの腐れ縁。

島大介  声優 (仲村秀生)

宇宙戦士訓練学校で戦闘班長古代進の同期であり、よき親友。

火星の訓練基地でヤマトによる地球脱出のための特別訓練に勤しんでいたとき、イスカンダルからのメッセージを古代と一緒に受け取り、ヤマトの目的の変更に伴い、地球に両親と歳の離れた弟を残して、航海班長としてイスカンダルへと旅立つ。

その性格は、血気盛んな古代と対照的な優等生タイプで、古代よりも精神的には大人の面が強調されていた。

普段は礼儀正しく温厚で人当たりが良いが、反面与えられた仕事に対する責任感が人一倍強く、ヤマト航海班長として運行計画の進行と船の安全を常に最優先に考えているので、その障害になっていると看做せば、相手が親友であろうが目上であろうが臆することなく立ち向かっていく気骨を持っている。

ガミラスへの個人的な復讐心もあって戦闘に積極的な戦闘班長古代に真っ向から苦言を呈したり、エンジン・マネージメントの遅滞を理由に徳川機関長を罵倒した上、それを窘める沖田艦長に口答えしたり、航海用計器の異常を感知するや否や艦長代理としての古代の指揮権を無視して直ちに停船命令を出したりなどといった行為に、その片鱗がうかがえるが、ある面、頑固で融通が利かない部分が目立つことも多い。

真田志郎  声優 (青野武)

小学生の時、家族で遊びに行った月の遊園地での事故で、姉の命と自らの手足を失う。

以来、彼にとって科学は屈服させるべき傲慢な敵となり、絵画好きの少年は長じて科学畑のプロになった。

ビス一本抜くだけで取り外し可能な義手義足には曰く「切り札」の爆弾を組み込んでいる。

宇宙戦士訓練学校を経て、地球防衛軍の技術士官となる。

古代進の兄、古代守と同期で親友、後には守の弟である進を本当の弟のように思い、彼を公私にわたって手助けする。

地球艦隊にとって最終決戦である冥王星会戦の時は富士山麓の地球防衛艦隊基地・第三ドックの技術長を勤めていた。

古代守が艦長のミサイル艦「ゆきかぜ」を整備したが、この時同艦に地球への帰還性能を保証できなかったと悔やみ、後に古代進にそのことを謝罪した。

このシーンは後に、イスカンダルで古代守が生存していた事を知らされ、「古代守が生きていたって!?」と喜び勇んで艦長室に駆け付けて来る場面に繋がる。

普段沈着冷静な彼には珍しく、親友の無事に驚きかつその喜びを全面に出したシーンであった。

イスカンダルへ向かう航海では、ヤマトの工場長に就任。

科学技術全般に精通していて、波動エンジンを活用した新兵器である波動砲の開発をはじめ、アストロバイク、シームレス戦闘機、空間磁力メッキ等、色々なものを密かに開発した。

また、ガミラス冥王星基地反射衛星砲破壊工作隊指揮、アステロイドシップ計画、デスラー機雷排除、無人宇宙要塞爆破、ドリルミサイル逆転、そしてイスカンダルのスターシアより部品の形で受領したコスモクリーナーDの艦内最終組立てなど、多くの場面でその類稀な独創力と行動力を発揮しヤマトをたびたび危機から救った。

佐渡酒造  声優 (永井一郎)

主な医療業務は獣医(医師免許も獣医師免許も所持している)。

古代進・島大介と地下都市の中央病院で初対面の際、手術中の豚を死なせてアナライザーに今日5つ目の仏さんとからかわれるほど、普段は腕の方はあまりよくないが、本人曰く「名医」らしい。

ガミラス偵察機を無断で迎撃しようとして負傷し病院にて治療を受けていた古代、島らと共にヤマトに招集され、14万8千光年という決死の航海に艦医として同乗する。

酒造の名前どおり常時酒瓶を手放さないほど日本酒に依存しているが、本人曰く「浴びるくらい酔ってはいても、目は曇ってはいない」。

航海の最中、宇宙放射線病が悪化する一方の艦長沖田十三の体調を支える。

地球帰還の直前に天国へと旅だった沖田艦長への敬礼のシーンは、感動を誘った。

宇宙空間で酒を飲もうとしたり、アナライザーに酒をあびせて酔っ払わせたり、天衣無縫なふるまいの一方、イスカンダル到着直前に、古代に「百里の道を行くときは、九十九里をもって半ばとせよ」と、気を引き締めさせるなど、若者の多いヤマトクルーの中にあって徳川彦左衛門とともに年配者として気を配っていた。

アナライザー  声優 (緒方賢一)

主に調査・分析を任務とする、等身大のロボットである。

全体的に赤い色で頭部を中心にメーターが多数ついており、ガミラス戦車を持ち上げるほどの怪力。

足はキャタピラとなっている。

酒に酔い、感情、触感を有する。

電磁バリヤーやレーザー銃撃などに耐える高い耐久性を持つが、鈍い衝撃に対しては破損した描写も数度ある。

口はなく、酒を頭から浴びると「酔っ払う」。

ヤマトに招集された古代進・島大介・佐渡酒造らに強引に随伴し、自分から沖田十三艦長に能力を売り込んで現場採用の形で無理やりヤマトの乗組員となる。

徳川彦左衛門  声優 (永井一郎)

ヤマト乗艦前から、地球艦隊で沖田十三と共に戦ってきた。

沖田の昔ながらの戦友かつ一番の理解者で、「兄の古代守を沖田に見殺しにされた」と逆恨みしていた古代進の誤解を解いた。

宇宙船機関士としての長年の経験や知識を活かし、地球で最初の波動エンジンの開発・管理を任され、ヤマト機関長に就任。

ヤマトの心臓部・土台とも言うべき機関室から、その屋台骨を支える、2199年当時艦内最高齢の65歳だったこともあり、影の重鎮的存在の乗組員となった。

直属の部下から「おやじさん」として慕われるなど面倒見は良いが、地球に息子夫婦と最愛の孫を残してきたために望郷の念が人一倍強く、一刻も早い地球への帰還を望むあまり部下の心理面のフォローが疎かになり、イスカンダルでは直属の薮助治らのヤマト脱走を事前に察知できなかったことを嘆くことになった。

デスラー  声優 (伊武雅之)

大マゼラン星雲と小マゼラン星雲に跨る星間国家ガミラス帝国の総統。

ガミラス本星消失後、ガルマン・ガミラス帝国を建国し総統に就任した。

傲慢で冷徹な統治者であり反対者を躊躇なく粛清する冷酷な独裁者として描かれているが、その行動は私利私欲の為ではなく、国家の繁栄と自民族の存続の為である。

地球の敵役ではあるが悪ではない。

その為、物語の進行と共に地球の存亡に命をかけるヤマトとガミラスのために戦う自分を重ね合わせて共感し始め沖田十三や古代進に敬意と友情を感じるようになってゆく。

ガミラスが星としての寿命が尽きようとしていたため、移住先として地球に狙いを定め、人類に奴隷か絶滅かの選択肢を突きつけ、遊星爆弾等で地球侵略を開始した。

宇宙戦艦ヤマト(艦長:沖田十三)を当初は、過小評価していたが、冥王星前線基地 の壊滅など思いのほかの善戦を見せるヤマトに関心を持つようになる。

デスラー機雷網の突破の際には、ヤマト宛に祝電を送る度量を見せた。

ヒス  声優 (山下敬介)

ガミラス帝国の副総統。

ガミラス帝国のNo.2として、デスラー総統を補佐する。

主にガミラスの内政面を担当していたようである。

デスラーから公式の席で、ヒス将軍と呼ばれている所から現役の将官でもある模様。

デスラーより年長ながら他の場面では部下の中で唯一”ヒス君”と君付けで呼ばれている。

前期は紫色の肌、出っ張り気味で血走った目と、やや狂気じみた表情に短剣を胸に挿した褐色の軍服であったが、後期では表情からやや険が取れ、他の将軍達と同じく、青い肌に暗緑色の軍服を着用している。

性格は神経質で、デスラー総統の顔色を窺い、新型機雷に総統の名を取って、デスラー機雷と命名したり、デスラーに追従を交えた報告作業をするなど、巧言令色を使うようなところもあったが、ガミラスの首脳部で早くからヤマトの危険性を感じていたのも彼であった。

シュルツ  声優 (大林丈史)

ガミラスの冥王星最前線基地の司令官で、ヤマトに立ちふさがった最初のガミラス人。

副官はガンツ。

ガミラスの地球移住計画を第一線で指揮。

遊星爆弾で地球を攻撃し、地表に放射能を充満させ、人類滅亡まで1年を切る所まで追い込む。

しかし、イスカンダルのスターシアによって地球に波動エンジンがもたらされ、ヤマトが旅立つ。

これはガミラス優勢の内に進んでいた戦況を一変させるものであった。

地球の宇宙船として初めてワープに成功し、木星浮遊大陸を波動砲で一撃のもとに粉砕するヤマトを目の当たりにし、ガミラス本国、ヒス副総統へ早急な対策を具申するが、地球人類を未開の野蛮人として歯牙にもかけないデスラー総統。

勝利の報告以外は受け付けないとの返信に、やむ終えず基地単独で戦うことを決意。

基地最大戦力の反射衛星砲は波動砲より威力はあるが射程が短いため、冥王星へヤマトをおびき寄せる策をとる。

スターシャ  声優 (平井道子)

イスカンダル星を統治していた王家の末裔で最後の女王。

地球へ妹サーシャを派遣して、ガミラスの遊星爆弾攻撃による放射能汚染で瀕死状態の地球に、超光速外宇宙航行が可能になる波動エンジンの設計図と、放射能を除去することが出来るコスモクリーナーDをイスカンダルまで取りに来るようにというメッセージを送った。

サーシャは地球に向かう途中火星に不時着し死亡したが、設計図とメッセージは「宇宙戦士訓練学校」の訓練生古代進と島大介により回収され、地球にもたらされる。

サーシャの死により、スターシャはイスカンダル星の最後の住民となる。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 宇宙戦艦ヤマト
【作詞】 阿久悠
【作曲】 宮川泰
【歌】 ささきいさお、ミュージカル・アカデミー

【エンディング】

【曲名】 真赤なスカーフ
【作詞】 阿久悠
【作曲】 宮川泰
【歌】 ささきいさお、ミュージカル・アカデミー

宇宙戦艦ヤマト 無料動画で楽しみましょう♪

宇宙戦艦ヤマト(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【宇宙戦艦ヤマト(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!