侍ジャイアンツ 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 梶原一騎

連載・掲載誌 週刊少年ジャンプ

掲載期間 1971年8月3日号~1974年10月14日号

テレビアニメ放送期間 1973年10月7日~1974年9月29日

テレビアニメ放送時間 日曜日 19時30分~20時00分

放送局 日本テレビ系列

話数 全46話

侍ジャイアンツ 9【電子書籍】[ 井上コオ ]

侍ジャイアンツ 9【電子書籍】[ 井上コオ ]
432 円 (税込) 送料込
<p>名将川上哲治率いる巨人軍は日本シリーズ六連覇の偉業を成し遂げていた。何もかもを手に入れたかに見える川上監督だったが、彼にはどうしても欲しいものが あった。それは「サムライ」だった。四国土佐の土佐嵐高校の番場蛮は、まさに川上の求めるサムライだった……。長..

侍ジャイアンツ 7【電子書籍】[ 井上コオ ]

侍ジャイアンツ 7【電子書籍】[ 井上コオ ]
432 円 (税込) 送料込
<p>名将川上哲治率いる巨人軍は日本シリーズ六連覇の偉業を成し遂げていた。何もかもを手に入れたかに見える川上監督だったが、彼にはどうしても欲しいものが あった。それは「サムライ」だった。四国土佐の土佐嵐高校の番場蛮は、まさに川上の求めるサムライだった……。長..

侍ジャイアンツ 3【電子書籍】[ 井上コオ ]

侍ジャイアンツ 3【電子書籍】[ 井上コオ ]
432 円 (税込) 送料込
<p>名将川上哲治率いる巨人軍は日本シリーズ六連覇の偉業を成し遂げていた。何もかもを手に入れたかに見える川上監督だったが、彼にはどうしても欲しいものが あった。それは「サムライ」だった。四国土佐の土佐嵐高校の番場蛮は、まさに川上の求めるサムライだった……。長..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

原作:梶原一騎、作画:井上コオによる日本のスポ根野球漫画作品。

通称「サムライ」の剛速球投手・番場蛮が、巨人に入団し、魔球を駆使してライバルたちと対決していく野球漫画。

『巨人の星』と同じ原作者による巨人V9時代の作品。

『巨人の星』の終了から約半年後に連載を開始し、アニメ化を前提とした企画であった。

当時の『週刊少年ジャンプ』は読売ジャイアンツと独占契約を結んでおり、長島茂雄や王貞治など実在の野球選手が多く登場したことが特徴である。

連載3年目では人気が低迷し打ち切りとなる寸前であったが、アニメ化決定後に人気が再上昇し打ち切り回避となった。

同じ原作者による同時期の巨人漫画として、『巨人の星』とは頻繁に比較された。

主人公像は大きく異なっており、星飛雄馬が求道的で真面目な性格だったの対して、本作の主人公の番場蛮は豪放磊落かつ激情家で巨人に反発している。

主人公の家庭環境も逆で(父子家庭と母子家庭、姉1人と妹1人)、『巨人の星』に対するアンチテーゼが多分に含まれている。

番場が紆余曲折ののち巨人に入団して以降は、『巨人の星』をなぞるような魔球対決のストーリーとなっていく。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

時は昭和45年度シーズンオフ。

巨人監督・川上哲治は、野性味がありスケールのでかい豪傑肌、いわばサムライが巨人に必要と考え、無名の選手・番場蛮を入団させる。

入団早々、型破りな言動で周囲を騒然とさせる蛮だったが、その真意は、自分を丸ごと受け入れてくれた巨人への愛であった。

「ホレたら、そこが男の死に場所よ!」。

蛮は、眉月、ウルフ、大砲といったライバルたちと、球場をサムライの合戦場にかえるような死闘を繰り広げていく。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

番場蛮  声優 (富山敬)

9番ピッチャー 背番号4 左投げ右打ち 主人公。

土佐出身。

土佐嵐高校1年次中退。

飄々とした性格。

表情は豊かでギャグシーンも多く、普段はおふざけムードだが、決めるときは決める3枚目。

無頼で、頭に血が上りやすく、特に序盤は感情に任せて勝手な行動をとる場面も。

次第に巨人の一員としての自覚を身につけていき、「サムライは己を知るもののために死す」と誓うようになる。

背番号4は本人の希望で、「武士道とは死ぬことと見つけたり」という言葉に由来する。

八幡太郎平  声優 (納谷六朗)

8番(主に代打要員) 投手→捕手 背番号100 右投げ左打ち 番場を川上に紹介した、蛮と同じ野球部の3つ上の先輩。

土佐嵐高校を甲子園出場に導いた地元の英雄だが、昭和45年春に巨人入団後は素直すぎる球質が通用せず、二軍でクビの心配におびえていた。

蛮の後押しにより、川上からバッターの素質を見出されクビを免れ、打者として再起し一軍登録を果たした。

以後は最後まで捕手として蛮を支え続ける。

全ての魔球の開発に多大な協力をしている。

長身とメガネが特徴。

蛮を心から支援する厚い友情の持ち主。

性格は極めて穏やかだが、蛮との友情を貫くため鬼神の如き厳しさを見せることもしばしば。

「~なんじゃ」「~であります」等、やや古風な土佐弁で話す。

美波理香  声優 (武藤礼子)

蛮と同じ高校の2学年上の女性。

土佐の網元の娘でもあり、漁師の家庭に生まれた蛮とは幼いころから対立してきた模様。

蛮の巨人入団と同時期に東京の大学に進学した。

「強い男性が好き」と公言し、眉月と交際するようなそぶりを見せるが、ひそかに蛮を慕っている。

蛮を「蛮ちゃん」と呼ぶ。

番場ユキ  声優 (吉田理保子)

蛮の妹。

蛮の父が死亡したときに母親のお腹の中にいたとあり、蛮より6~7歳下。

おさげ髪で、顔は母親似。

蛮が東京に出たあと海女のアルバイトで家計を支え、サムライの妹らしいたくましさを見せるようになり、蛮が失意のうちに帰省した際は叱咤激励した。

番場キク  声優 (金子亜矢子)

蛮の母親。

夫、つまり蛮の父親亡き後、女手ひとつで2人を育てた。

持病で苦しむシーンがたびたびある。

蛮が巨人入りする決定的な助言を与える。

眉月光  声優 (井上真樹夫)

ヤクルトアトムズ 5番ショート 背番号70 右投げ左打ち 最初に登場するライバル。

蛮と同郷の竜王高校野球部で4番キャプテンだった。

超高校級の打撃力を持ち、容姿も端麗な「希望のプリンス」。

理香と交際しているようなそぶりも見せ、蛮をますます苛立たせる。

個人技だけでなく、洞察力にも富み、チームメイトと協力する作戦でも蛮に挑む。

ハイジャンプ魔球を倒したのも彼である。

幾多の戦いを経て蛮と友情が芽生え、終盤では蛮を励ましに現れる。

大砲万作  声優 (西尾徳)

中日ドラゴンズ 代打専門 背番号88 右打ち 蛮からクジラと形容される最大のライバル。

恰幅のいい大巨漢。

奥飛騨出身。

木こりで鍛えた強靭な肉体で場外ホームランを連発する桁外れの強打者。

外角低め以外打てないという弱点を蛮に見破られて二軍落ち。

弱点克服後は、たびたび蛮を追い詰める。

ウルフ・チーフ  声優 (桑原たけし)

ロサンゼルス・ドジャース→阪神タイガース 1番セカンド 背番号13 右投げ左打ち アメリカ遠征編から登場。

ネイティブインディアンのアパッチ族の末裔で、アメリカ版サムライとして蛮と比類される。

超人的なジャンプ力と凶暴性で、野手をスパイクで傷つける「殺人スライディング」の使い手として恐れられる。

親善試合で蛮に倒された後、蛮を追って日本球界入り。

阪神に入団し、殺人スライディングで長島殺しを予告するなどして、2シーズンにわたって蛮と戦う。

ロジー・ジャックス  声優 (細井重之)

アスレテックス 背番号9 右打ち アニメ版の最後の対戦相手。

アスレテックス所属の世界最強の打者。

蛮が投げた、全ての魔球を合成した魔球を見て、「ミラクルボール!」と叫びながら討ち取られる。

川上哲治  声優 (西田昭市)

現役時は「打撃の神様」との異名をとり、連覇を続ける巨人の名監督。

終始厳しく選手たちを見守り続ける。

「石橋を叩いてもまだ渡らぬ」と揶揄される慎重な試合をするため、監督としての人気はいまひとつ。

やがて長島に監督の座を譲る日のためにも、野球理論からはみ出した豪傑=サムライを渇望して蛮を入団させる。

たびたびプロと勝負の厳しさを口にする。

冷徹、非情とまで言われるが、それも野球全体への愛情の裏返しである。

激情家の蛮とは事あるごとにぶつかり合うが、八幡のクビ事件を経て蛮も信頼を寄せるようになる。

長島茂雄  声優 (山田俊司)

人呼んで「ミスタープロ野球」「燃える男」。

作中いたるところでその名と功績が語られており、球団を超えたヒーローである。

川上とともに蛮を見出した1人。

さまざまな形で登場し、蛮の魔球開発にも協力している。

王貞治  声優 (石森達幸)

日本が世界に誇るホームラン王。

蛮の魔球開発にも多大なヒントを与えている。

本足打法の誕生エピソードを聞いた蛮は、「男の打法」と賞賛し涙した。

金田正一  声優 (加茂嘉久)

伝説の400勝投手。

1年前に現役を引退しており、序盤から中盤まで解説者として登場。

多摩川グラウンドでの巨人二軍の試合でも、見学しながら解説を入れる。

蛮に、自身が体験した「17対1の野球地獄」を語り、蛮をたきつける。

関西弁でしゃべる。

蛮もその業績を知っており尊敬している。

若いころの振る舞いが蛮と似ており、川上がよく引き合いに出す。

川上とも親しく、「カネヤン」と呼ばれ、巨人二軍の夕食会に同席するシーンがある。

実況アナウンサー  声優 (作間功)

そのほか、声優では市川治、兼本新吾、立壁和也、原田一夫、古谷徹などが脇役で声の出演をしていた。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング(前半)】

【曲名】 侍ジャイアンツ
【作詞】 東京ムービー企画部
【作曲】 菊池俊輔
【歌】 松本茂之

【オープニング(後半1)】

【曲名】 王者 侍ジャイアンツ
【作詞】 梶原一騎
【作曲】 政岡一男
【歌】 ロイヤルナイツ

【オープニング(後半2)】

【曲名】 王者 侍ジャイアンツ
【作詞】 梶原一騎
【作曲】 政岡一男
【歌】 子門真人+ロイヤルナイツ(コーラス)

【エンディング(前半)】

【曲名】 サムライ 番場蛮
【作詞】 東京ムービー企画部
【作曲】 菊池俊輔
【歌】 松本茂之

【エンディング(後半)】

【曲名】 ゆけ! バンババン
【作詞】 梶原一騎
【作曲】 政岡一男
【歌】 ロイヤルナイツ

↓無料で楽しめる動画のジャンル↓

侍ジャイアンツ 無料動画で楽しみましょう♪

侍ジャイアンツ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【侍ジャイアンツ(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!