ハゼドン 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 ビデオ・クリエイト

連載・掲載誌 テレビマガジン など

テレビアニメ放送期間 1972年10月5日~1973年3月29日

テレビアニメ放送時間 木曜日 19時00分~19時30分

放送局 フジテレビ系列

話数 全26話

[csshop service=”rakuten” keyword=”主題歌全集” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

創映社(現・サンライズ)の第一号作品。

主人公はハゼの男の子。

本番組は、万創を始めとする複数社提供だったが、番組終了後のヒッチハイクは、牛乳石鹸共進社が担当した。

牛乳石鹸共進社は、次番組『ロボット刑事』のヒッチハイクも担当している。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

決してカッコイイとはいえないハゼの子であるハゼドン(小学3年生の男の子という設定)は、母が死に際に言い残した「世界一強い魚になって、南の国へ行くんだよ」との約束を果たすため、人魚のシーランとフグのプーヤンと一緒に冒険の旅に出る。

形見の貝殻のペンダントは、ハゼドンが世界一強い魚になったときに開くことになっているが、中にどんな秘密が隠されているかは誰も知らない。

ハゼドンは擬人化されており、尾びれで歩く描写がある。

その一方で他の魚が泳ぐ描写もある。

海の中が舞台ではあるが、川が流れている場面もみられる。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

ハゼドン – 大山のぶ代

シーラン – 武藤礼子

プーヤン – 肝付兼太

ター坊 – 小原乃梨子

イッチン – 貴家堂子

カリ子 – 友近恵子

タミイ – 桂玲子

タコ六 – 矢田稔

イカ亭 – 嶋俊介

イカ亭の妻 – 鈴木れい子

ハゼドンの母 – 高村章子

アンコラゴン – 雨森雅司

サメギルス – 加茂嘉久

トビッチョ – はせさん治

スズキントキ – 富田耕生

ムツゴロー – 滝口順平

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング・エンディング】

【曲名】 ぼくはハゼドン
【作詞】 ほしのたかし
【作曲】 小林亜星
【編曲】 筒井広志
【歌】 水森亜土

【オープニング・エンディング】

【曲名】 ハゼドン音頭
【作詞】 矢倉沢始
【作曲】 小林亜星
【編曲】 筒井広志
【歌】 和泉常寛、コロムビアゆりかご会

ハゼドン 無料動画で楽しみましょう♪

ハゼドン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ハゼドン(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!