珍豪ムチャ兵衛 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 森田拳次

連載・掲載誌 週刊少年マガジン

テレビアニメ放送期間 1971年2月15日~3月22日

テレビアニメ放送時間 月~金曜日 18時00分~18時30分

放送局 TBS系列

話数 全26回(49話)

[csshop service=”rakuten” keyword=”珍豪ムチャ兵衛” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

週刊少年マガジンに連載された森田拳次の漫画作品。

1968年にモノクロで制作されたが、当時テレビが全面カラー化を控える中で「今さらモノクロ作品はどうか」とお蔵入りになったという。

だが3年後、殆どのテレビ番組がカラー化された中で突如日の目を見た。

今作を最後に、日本のテレビアニメは全てカラーへ移行した。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

徳川家が平定して間もない江戸の、とある長屋に住む浪人ムチャ兵衛は、豊臣の末裔であるというボケ丸という男児を貧乏ながら育て上げ、豊臣家を復興させようとするというギャグ漫画。

ギャグ漫画という事で、江戸の街にテレビがあるのは元より、街中に道路標識が立ってたり、東京タワーまがいの塔が立ってたり、駕篭にタクシーの料金メーターが有ったり、家光とカブレズキンの密話にトランシーバーを使ったり、江戸と大坂の間に「新幹線駕篭」という駕篭が走ってるなど、江戸時代と現在の風景がごちゃ混ぜになった光景となっている。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

ムチャ兵衛(声 – 雨森雅司)

本編の主人公。

元は豊臣家の中心だったが、豊臣家壊滅後は末裔のボケ丸を引き取り、いずれ豊臣家を復興とさせようとしている。

普段は傘貼りを営んでいる。

腰に日本刀代わりの傘を差している。

ボケ丸(声 – 曽我町子)

豊臣家の末裔である、少々ボケた少年。

「寺小屋学園」に通っている。

「~ぞよ」が口癖。

カブレズキン(声 – 滝口順平)

徳川家の御庭番である忍者。

豊臣家の残党を探っている、いわばムチャ兵衛の宿敵。

流行はもとより、あらゆる物にすぐカブレる。

通称「カブレ」。

徳川家光(声 – 田の中勇)

徳川家三代将軍。

カブレの主君。

大久保彦左(声 – 上田敏也)

徳川家の家老。

記事の引用元はここをクリック

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング】

【曲名】 珍豪ムチャ兵衛
【作詞】 東京ムービー企画部
【作曲】 広瀬健次郎
【歌】 熊倉一雄

【エンディング】

【曲名】 ボケ丸子守歌
【作詞】 東京ムービー企画部
【作曲】 広瀬健次郎
【歌】 熊倉一雄

珍豪ムチャ兵衛 無料動画で楽しみましょう♪

珍豪ムチャ兵衛(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【珍豪ムチャ兵衛(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!