紅三四郎 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】

原作 吉田竜夫

連載・掲載誌 週刊少年サンデー

掲載期間 1968年31号~47号

テレビアニメ放送期間 1969年4月2日~9月24日

テレビアニメ放送時間 水曜日 19時00分~19時30分

放送局 フジテレビ系列

話数 全26話

[csshop service=”rakuten” keyword=”紅三四郎” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

もともとテレビアニメ化を前提とし、その原作として九里一平とタツノコプロによる漫画版が「週刊少年サンデー」で1968年の31号から47号まで連載。

連載が終わってからテレビアニメ化が決定し、九里一平の兄の吉田竜夫が原作名義となる。

コミカライズとして、吉田竜夫原作でタツノコプロ名義の漫画版(吉田竜夫自身がすでにタツノコプロの経営に着手し、漫画家として半ば引退同然だったため、実際には内山まもるら内部スタッフが描いている)が「週刊少年ジャンプ」にて1969年の10号から13号まで連載された。

集英社側はこのジャンプ版『紅三四郎』を「週刊少年ジャンプ」初のアニメ化作品と称しているが、実質的にはコミカライズ化作品である。

記事の引用元はここをクリック

あらすじ (説明はWikipediaより)

父の仇である「片目の男」を追って、紅流柔術の達人・紅三四郎は愛車のバイク紅号を駆って世界各地へ旅を続ける。

行く先々で出会う人々と交流しながら、さまざまな武術や格闘技の使い手である「片目の男」と対決していく異種格闘技戦が毎週のクライマックス。

敵と戦う前に高く空中に投げ上げた赤い柔道着を鮮やかに身に付け、黒帯をサッと締めるかっこいいアクションが毎回ヒーローの「変身シーン」のように必ず披露された。

戦いの場も荒野からビルの建築現場の鉄骨の上など、バラエティーに富んでいた。

記事の引用元はここをクリック

登場人物 (説明はWikipediaより)

紅三四郎:西川幾雄

ケン坊:雷門ケン坊

ボケ:大竹宏

(ナレーター):内海賢二

【主題歌 (説明はWikipediaより)】

【オープニング(第1話~第13話)】

【曲名】 紅三四郎
【作詞】 関沢新一
【作曲】 越部信義
【編曲】 越部信義
【歌】 美樹克彦

【オープニング(第14話~第26話)】

【曲名】 紅三四郎
【作詞】 丘灯至夫
【作曲】 和田香苗
【編曲】 和田香苗
【歌】 堀江美都子

【エンディング(第1話~第13話)】

【曲名】 男の荒野
【作詞】 関沢新一
【作曲】 越部信義
【編曲】 越部信義
【歌】 美樹克彦

【エンディング(第14話~第26話)】

【曲名】 夕陽の男
【作詞】 丘灯至夫
【作曲】 和田香
【歌】 嶋崎由里、山尾百合子

紅三四郎 無料動画で楽しみましょう♪

紅三四郎(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【紅三四郎(最新無料動画はここをクリック)】

DMMで同人誌・同人ゲームをゲット!